全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
自治体の課題を解決したユニークな先進事例集【中部エリア】

2019/12/19

自治体の課題を解決したユニークな先進事例集【中部エリア】

自治体通信Online掲載記事より、さまざまな課題を解決した自治体のユニークな取り組み事例集です。他自治体の取り組み事例調査のヒントとしてお役立てください。中部エリア編では「山梨県」「長野県」「岐阜県」「静岡県」「愛知県」「三重県」を紹介しています。

【目次】
■ 山梨県上野原市の取り組み[デジタルブック化による広報展開](広報・広聴)
■ 長野県長野市の取り組み[公共施設の再編](総務・人事、公共インフラ・まちづくり、産業振興)
■ 長野県の取り組み[大学入試改革への対応](学校教育・生涯学習)
■ 長野県飯綱町の取り組み[公共交通システムの維持管理](観光・商工、情報政策、公共インフラ・まちづくり)
■ 長野県諏訪市の取り組み[オフィス製紙機」という新提案](総務・人事、環境・エネルギー)
■ 長野県駒ヶ根市の取り組み[防災雨量観測システムの導入](防災・危機管理、広報・広聴)
■ 長野県塩尻市の取り組み[災害時・平時両用の通信手段の確保](防災・危機管理、観光・商工)
■ 長野県下伊那郡喬木村の取り組み[電子黒板の可能性検証](学校教育・生涯学習)
■ 岐阜県多治見市の取り組み[非常時通信網の整備](防災・危機管理、公共インフラ・まちづくり、学校教育・生涯学習)
■ 岐阜県飛騨市の取り組み[市のプロモーション](観光・商工)
■ 静岡県掛川市の取り組み[IoTを活用した感震ブレーカーの普及策](防災・危機管理)
■ 静岡県浜松市の取り組み[災害時の医療機関連携](防災・危機管理、健康福祉、情報政策、住民生活・安全、広報・広聴)
■ 静岡県藤枝市の取り組み[大規模震災に備えた電気火災対策](防災・危機管理)
■ 静岡県焼津市の取り組み[ふるさと納税施策](税務・収納)
■ 静岡県熱海市の取り組み[メディアを呼び込む施策](観光・商工)
■ 静岡県藤枝市の取り組み[検定試験の導入による人材育成](総務・人事)
■ 愛知県豊田市の取り組み[280MHzデジタル同報無線の導入]( 防災・危機管理、広報・広聴)
■ 愛知県豊田市の取り組み[デジタルブック化による広報展開](広報・広聴)
■ 愛知県安城市の取り組み[中心市街地の空洞化対策](学校教育・生涯学習)
■ 三重県東員町の取り組み[公共交通網の維持整理](観光・商工、公共インフラ・まちづくり、広報・広聴、産業振興)
■ 三重県明和町の取り組み[進化するポータルサイト活用](税務・収納)
■ 三重県明和町の取り組み[進化するポータルサイト活用](税務・収納)

山梨県上野原市の取り組み[デジタルブック化による広報展開](広報・広聴)

山梨県上野原市データ
人口: 2万3,946人(平成29年5月1日現在)
世帯数: 9,955世帯(平成29年5月1日現在)
予算規模: 186億7,105万5,000円(平成29年度当初)

利便性の向上と「より多くの人たちに読んでもらいたい」という理由から、自治体で広報紙をデジタル化する動きが広がっている。上野原市(山梨県)でも4月から、県内初の多言語デジタルブックでの提供を開始した。担当者の大神田氏に、デジタルブック化で重視したポイントや今後の広報紙づくりの方針などを聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.09(2017年7月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県長野市の取り組み[公共施設の再編](総務・人事、公共インフラ・まちづくり、産業振興)

長野県長野市データ
人口: 37万8,998人(平成30年5月1日現在)
世帯数: 16万695世帯(平成30年5月1日現在)
予算規模: 2,623億2,080万円(平成30年度当初)

総務省の要請を受け、多くの自治体が、公共施設の運営や管理の方針を定めた「公共施設等総合管理計画」を策定した。今後は計画を実行に移すことになるが、「実行部分は定めておらず、どう着手していいのかわからない」という悩みも聞かれる。そんななか、同計画で定めた「公共施設の再編」に取り組むため、市民とともに考えるワークショップを開いているのが長野市(長野県)。同市担当の村上氏に、狙いや効果を聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.13(2018年6月号)
提供:日本管財株式会社




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県の取り組み[大学入試改革への対応](学校教育・生涯学習)

長野県データ
人口: 206万2,894人(平成30年11月1日現在)
世帯数: 82万4,362世帯(平成30年11月1日現在)
予算規模: 1兆3,263億4,032万9,000円(平成30年度当初)

国が進める高大接続改革にあわせ、各自治体では独自の教育改革を進めている。そうしたなか、長野県ではICTを駆使した学習支援システムを導入し、「学習記録の蓄積」を通じた学びの質的向上をめざす取り組みが進行中だ。取り組みの概要と期待する成果などについて、関連事業を担当する長野県教育委員会事務局の馬場氏に聞いた。
抜粋:自治体通信 テクノロジー特別号(2019年2月号)
提供:Classi株式会社




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県飯綱町の取り組み[公共交通システムの維持管理](観光・商工、情報政策、公共インフラ・まちづくり)

長野県飯綱町データ
人口: 1万1,169人(平成30年10月31日現在)
世帯数: 4,173世帯(平成30年10月31日現在)
予算規模: 143億3,175万7,000円(平成30年度当初)

人口減少や財政事情の悪化などから、都市機能の一部である公共交通機関の存続が危ぶまれるケースが増えている。そうしたなか、飯綱町(長野県)では、利用者の要求に対応して運行する「デマンドバス」を構想。「交通空白地域」をなくしながら、さらに公共交通費用の削減にも成功している。取り組みの詳細を、町の担当者に聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.16(2018年12月号)
提供:パイオニア株式会社




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県諏訪市の取り組み[「オフィス製紙機」という新提案](総務・人事、環境・エネルギー)

長野県諏訪市データ
人口: 4万9,357人(平成29年8月1日現在)
世帯数: 2万542世帯(平成29年8月1日現在)
予算規模: 326億3,134万1,000円(平成29年度当初)

かつては製糸業の中心として、現在は精密機械工業の集積地として、つねに時代の先端技術発信の舞台となってきた諏訪市(長野県)。いま、この地で生み出された画期的な技術を活用し、諏訪市役所では庁内での再生紙生産という異色の環境貢献活動を展開し始めている。市長の金子氏に活動の概要やめざすべき市政の姿などを聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.10(2017年10月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県駒ヶ根市の取り組み[防災雨量観測システムの導入](防災・危機管理、広報・広聴)

長野県駒ヶ根市データ
人口: 3万2,317人(平成28年7月1日現在)
世帯数: 1万2,451世帯(平成28年7月1日現在)
予算規模: 269億9,244万6,000円(平成28年度当初)

国や都道府県に頼るだけでなく、自前の雨量観測システムを整備しよう─。いま、市区町村でそんな動きが広がっている。よりきめ細かく、ピンポイントで雨量を観測して「住民へ的確に、すばやく避難指示をしたい」というニーズが高まっているからだ。このほど駒ヶ根市(長野県)でも、国や県の雨量計がない地点6ヵ所へ独自に設置。クラウドを通して住民や職員がパソコン画面上でデータを閲覧できる仕組みを構築した。災害対応力がどれだけ高まったのか、市の担当者に聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.6(2016年10月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県塩尻市の取り組み[災害時・平時両用の通信手段の確保](防災・危機管理、観光・商工)

石川県加賀市データ
人口: 6万6,878人(平成27年8月1日現在)
世帯数: 2万6,199世帯(平成27年8月1日現在)
予算規模: 274億5,000万円(平成27年度当初)

災害時に途切れない情報通信網の整備は、各自治体共通の目標だ。いっぽうで初期費用の抑制や、費用対効果の向上のための平時の有効活用も望まれる。そんななか、網目状のネットワークで通信網全体を途切れさせない無線システムが開発された。試験的に導入している白浜町と塩尻市、また、装置メーカーの平河ヒューテックに、自治体向けの情報通信サービスについて聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.3(2015年10月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長野県下伊那郡喬木村の取り組み[電子黒板の可能性検証](学校教育・生涯学習)

長野県下伊那郡喬木村データ
人口: 6,339人(平成27年12月1日現在)
世帯数: 2,037世帯(平成27年12月1日現在)
予算規模: 55億5,800万円(平成27年度当初)

長野県下伊那郡喬木村。人口約6000人の山あいの村で平成27年12月18日、画期的な実証実験が行われた。最先端のITを結集し、遠隔地の複数教室をリアルタイムで結び、ひとつの教室にした「遠隔授業の公開研究会」である。この実証実験から得られた効果や可能性を紹介する。
抜粋:自治体通信 Vol.4(2016年4月号)
提供:パイオニアVC株式会社



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岐阜県多治見市の取り組み[非常時通信網の整備](防災・危機管理、公共インフラ・まちづくり、学校教育・生涯学習)

岐阜県多治見市データ
人口: 11万499人(令和元年7月1日現在)
世帯数: 4万6,735世帯(令和元年7月1日現在)
予算規模: 739億7,691万3,000円(令和元年度当初)

教育環境の高度化や観光客の利便性向上、さらには災害時の通信確保など、自治体が公衆無線LANを整備する際の目的はさまざま。活用シーンが広がるなかで、「その用途に応じたシステム選定が重要」と語るのは、多治見市(岐阜県)教育委員会の岩井氏だ。同市ではこのほど、市内公立学校での無線LAN整備に着手している。同氏にその背景や狙いなどを聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.19(2019年8月号)
提供:ディーリンクジャパン株式会社



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岐阜県飛騨市の取り組み[市のプロモーション](観光・商工)

岐阜県飛騨市データ
人口: 2万4,982人(平成29年5月1日現在)
世帯数: 8,937世帯(平成29年5月1日現在)
予算規模: 288億3,796万2,000円(平成29年度当初:一般会計)

邦画史上、歴史的な興行収入を記録した『君の名は。』。その一部イメージのひとつとなったのが飛騨市(岐阜県)だ。同市は公開前から「映画の舞台になっている」という情報を入手。公開までわずか1ヵ月余りで予算も限られているなか、プロモーションを開始。公開後も市のプロモーションを続けた結果、公開からわずか8ヵ月の間に、推計値で市の人口の2.6倍以上にあたる6万6,000人もの「聖地巡礼者」が飛騨市を訪れた。成功のカギはどこにあるのか。同市の挑みに迫った。
抜粋:自治体通信Online
提供:NECネクサソリューションズ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

静岡県掛川市の取り組み[IoTを活用した感震ブレーカーの普及策](防災・危機管理)

静岡県掛川市データ
人口: 11万7,741人(平成30年6月30日現在)
世帯数: 4万4,568世帯(平成30年6月30日現在)
予算規模: 773億9,706万円(平成30年度当初)

南海トラフ巨大地震に備え、積極的に対策を行っている掛川市(静岡県)。今年は新たな取り組みとして、掛川城などの文化財に、IoT技術を取り入れた感震ブレーカーを設置するプロジェクトの実施を始めた。同市危機管理部の水野氏に、その狙いや期待できる効果などを聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.14(2018年8月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

静岡県浜松市の取り組み[災害時の医療機関連携](防災・危機管理、健康福祉、情報政策、住民生活・安全、広報・広聴)

静岡県浜松市データ
人口: 80万4,931人(平成30年12月1日現在)
世帯数: 33万7,601世帯(平成30年12月1日現在)
予算規模: 6,115億2,771万8,000円(平成30年度当初)

災害時、いかに迅速かつ適切な対応をとれるよう備えるか。たび重なる大規模災害に直面する自治体にとって優先度が高い課題だ。そうしたなか、浜松市(静岡県)では、一般に広く普及するコミュニケーションツールを活用し、行政と医療機関が情報連携を図る新たなネットワークを構築、注目を集めている。そこで、同市健康福祉部の西崎氏に取り組みの背景や効果を聞いた。
抜粋:自治体通信 テクノロジー特別号(2019年2月号)
提供:ワークスモバイルジャパン株式会社




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

静岡県藤枝市の取り組み[大規模震災に備えた電気火災対策](防災・危機管理)

静岡県藤枝市データ
人口: 14万6,314人(平成29年7月末現在)
世帯数: 5万8,460世帯(平成29年7月末現在)
予算規模: 1,061億4,000万円(平成29年度当初予算)

以前から、積極的な危機管理対策を行っている藤枝市(静岡県)。平成28年には県内で先駆けて、感震ブレーカーの補助金制度を実施。住民から多くの反響をえているという。同市の担当者に、危機管理対策についての独自の取り組みや、感震ブレーカーに着目した経緯や反響の詳細などを聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.10(2017年10月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島県会津若松市の取り組み[効率的な個別施設計画の立案](総務・人事、公共インフラ・まちづくり、産業振興)

>福島県会津若松市データ
人口: 14万701人(平成29年4月30日現在)
世帯数: 5万6,129世帯(平成29年4月30日現在)
予算規模: 1,043億3,118万円(平成29年度当初)

今年の4月、総務省は「ふるさと納税の返礼品の価格を寄附額の3割まで抑えるよう要請する」と通知した。制度は流動的になっているが、ふるさと納税に対する取り組みは、自治体の重要な施策であることに変わりはない。今回は、全国でもトップクラスの寄附金額を誇る焼津市の担当者に、今後の方針も含めて取り組みの詳細を聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.09(2017年7月号)
提供:株式会社アイモバイル



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

静岡県熱海市の取り組み[メディアを呼び込む施策](観光・商工)

>静岡県熱海市データ
人口: 3万7,720人(平成28年10月末現在)
世帯数: 2万21,335世帯(平成28年10月末現在)
予算規模: 180億8,800万円(平成28年度当初)

高度経済成長のころまでは、日本でも有数の観光地だった熱海市。しかし、経済の衰退とともに、徐々に観光客は減少していった。そんななか、全国でも珍しい❝ロケ地としてメディアを呼び込む❞施策で、地域のブランド構築に成功、観光客が年々増加する成果をあげている。そのキーパーソンが同市の観光経済課の山田氏。アイデアの源泉や実行上の工夫などを同氏に聞いた。
抜粋:自治体通信Online
提供:NECネクサソリューションズ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

静岡県藤枝市の取り組み[検定試験の導入による人材育成](総務・人事)

静岡県藤枝市データ
人口: 14万6,542人(平成27年2月現在)
世帯数: 5万6,179世帯(平成27年2月現在)
予算規模: 1,001億2,100万円(平成27年度当初予算)

人材の育成と活用を積極的に行っている藤枝市役所。その一環として、平成22年から自治体法務にかんする検定を職員に対して実施しているという。人材育成と活用のためにどのような施策を行っているのか。さらに、法務検定は行政にどのような効果をもたらしているのか。総務部の片山氏と松下氏に話を聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.2(2015年4月号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛知県豊田市の取り組み[280MHzデジタル同報無線の導入]( 防災・危機管理、広報・広聴)

愛知県豊田市データ
人口: 42万6,003人(平成30年7月1日現在)
世帯数: 18万276世帯(平成30年7月1日現在)
予算規模: 2,887億5,318万円(平成30年度当初)

防災行政無線の更新に際し、280MHzデジタル同報無線システムの特性に注目し、導入を決めた自治体は多い。だが、なかには、すでに既存システムのデジタル化が完了していたにもかかわらず、新たに導入を決断した自治体もある。そんな自治体のひとつが、豊田市(愛知県)だ。決断の背景とは、なんだったのか。防災対策課の近藤氏に話を聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.14(2018年8月号)
提供:東京テレメッセージ株式会社



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛知県豊田市の取り組み[デジタルブック化による広報展開](広報・広聴)

愛知県豊田市データ
人口: 42万6,003人(平成30年7月1日現在)
世帯数: 18万276世帯(平成30年7月1日現在)
予算規模: 2,887億5,318万円(平成30年度当初)

行政情報を幅広く発信する、自治体の広報紙。近年は、より多くの住民に読んでもらうために、特徴ある紙面構成にする自治体が増えている。豊田市(愛知県)では平成30年4月から、紙面を大幅にリニューアルしたほか、「読みやすい機能」をつけてデジタルブック化する取り組みを開始。担当の中野氏に、今回の紙面刷新の狙いや新機能の内容を聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.14(2018年8月号)
提供:株式会社モリサワ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛知県安城市の取り組み[中心市街地の空洞化対策](学校教育・生涯学習)

愛知県安城市データ
人口: 18万8,693人(平成30年4月1日現在)
世帯数: 7万4,628世帯(平成30年4月1日現在)
予算規模: 1,068億3,200万円(平成30年度当初)

全国各地でみられる「中心市街地の空洞化」。平成12年から人口が3万人も増えている安城市(愛知県)ですら、それは例外ではなかった。平成14年には駅前にあった市内最大の病院が撤退したことで、空洞化に拍車がかかる状況に。どうすれば、にぎわいを創出できるのか。さまざまな意見が錯綜する中で、浮上してきたのは「図書館を核にしたにぎわいづくり」だった。施設の名は『アンフォーレ』。平成29年6月に開業すると、連日多くの人が訪れる施設となり、にぎわいを取り戻すことに成功した。ほかの自治体からの視察も絶えない、図書館を核とした複合施設誕生の経緯を館長の岡田氏に聞いた。
抜粋:自治体通信Online
提供:NECネクサソリューションズ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三重県東員町の取り組み[公共交通網の維持整理](観光・商工、公共インフラ・まちづくり、広報・広聴、産業振興)

三重県東員町データ
人口: 2万5,802人(平成31年4月末現在)
世帯数: 9,726世帯(平成31年4月末現在)
予算規模: 146億7,922万8,000円(令和元年度当初)

財政事情が厳しさを増し、人口減少が進むなか、地域の公共交通網をいかに維持・存続させていくか。いまや多くの自治体に共通した社会課題といえよう。そうしたなか、東員町(三重県)では、県と一体となって新たなシステムを導入し、ICTの力でコミュニティバスの利便性向上を図り、利用者増加に効果を上げている。そこで、同町担当者の小河氏と早川氏に取り組みの詳細や効果などを聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.18(2019年6月号)
提供:株式会社ユニ・トランド




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三重県明和町の取り組み[進化するポータルサイト活用](税務・収納)

三重県明和町データ
人口: 2万3,166人(平成29年3月1日現在)
世帯数: 8,819世帯(平成29年3月1日現在)
予算規模: 159億2,940万円(平成28年度当初)

近年、積極的にふるさと納税に取り組む自治体は増えており、地域ならではの特色ある返礼品を用意したり、複数のポータルサイトを活用するなど多様なPR活動を行っている。そのようななか、明和町(三重県)はポータルサイトの新サービスの導入を開始した。担当の朝倉氏に、サービス活用の詳細を聞いた。
抜粋:自治体通信 Vol.8(2017年4月号)
提供:株式会社アイモバイル



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事で紹介している自治体が導入したソリューション資料一覧

ソリューション分野

公共施設等総合管理計画

導入自治体例

長野県長野市

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

大学入試改革への対応

導入自治体例

長野県

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

公共交通システムの維持管理

サービス名[提供企業名]

ビークルアシスト
[提供:パイオニア株式会社]

導入自治体例

長野県飯綱町

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

非常時通信網の整備

サービス名[提供企業名]

Dlink_公衆無線LANソリューション
[提供:ディーリンクジャパン株式会社]

導入自治体例

岐阜県多治見市

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

災害時の医療機関連携

サービス名[提供企業名]

LINE WORKSのご紹介
[提供:ワークスモバイルジャパン株式会社]

導入自治体例

静岡県浜松市

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

公共交通網の維持管理

サービス名[提供企業名]

サービスガイドブック
[提供:(株)ユニ・トランド]

導入自治体例

東員町(三重県)

ダウンロード

ダウンロード

自治体向けサービスカタログ一覧まとめました。
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop