全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト


  • 北海道・東北地域初!TikTok、札幌市と"さっぽろ"の魅力発信に係る連携協定を締結、#サッポロスマイル動画投稿キャンペーンを開始
    北海道・東北地域初!TikTok、札幌市と"さっぽろ"の魅力発信に係る連携協定を締結、#サッポロスマイル動画投稿キャンペーンを開始
    ショートムービープラットフォーム「TikTok」は、北海道・東北地域では初となる札幌市と魅力発信の取り組みに関する連携協定を9月30日に締結しました。本締結により、"さっぽろ"の魅力を国内外に積極的に発信してまいります。 また、協定締結に合わせて、札幌の見所・グルメ・体験等の魅力発信を目的とした「#サッポロスマイル」動画投稿キャンペーン(ハッシュタグキャンペーン)を10月1日から開始します。さらに、TikTokの人気クリエイターが制作した札幌の魅力を伝えるショートムービーも合わせて公開します。 ○連携協定締結式の様子(2022年9月30日、札幌市役所にて実施) ▲(左)札幌市 市長室長 知野 …
  • 大成ファインケミカル株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    大成ファインケミカル株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名美しく安全なまちづくり「リリーフペイント」 ■ソリューション概要豊富なカラーと「型紙工法」によって、インターロッキングブロックのような舗装を、段差のないバリアフリーで行えます。 環境にも人にも優しく、SDGsに配慮した高耐久の景観舗装材。私たちは、「意匠性と機能性のある舗装施工材」の企画・開発・製造・販売を通じて、景観と環境に配慮したまちづくりと豊かな暮らしの実現に貢献します。「リリーフペイント」は、カラー舗装で、まちに人が訪れるような賑わいを提供いたします。 33色と種類が豊富なうえ、厚さ0・55㎜の型紙の上から吹き付け塗装を行う「型紙工法」によって、インターロッキングブロ…
  • 人と人を即時につなぐ共助体制で、災害時の「逃げ遅れ」を防げ
    人と人を即時につなぐ共助体制で、災害時の「逃げ遅れ」を防げ
    民間企業の取り組み 災害時の避難支援対策 人と人を即時につなぐ共助体制で、災害時の「逃げ遅れ」を防げ 株式会社パソナテックアカウントマネージャー テクノロジーソリューション事業本部 DXソリューション事業部 森川 稔也 [提供] 株式会社パソナテック ※下記は自治体通信 Vol.42(2022年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。 災害時における、高齢者や障がい者など「避難行動要支援者」(以下、要支援者)の逃げ遅れを防ぐため、自治体には、要支援者とその支援者を事前に登録するといった取り組みが求められている。こうしたなか、人材ビジネスを展開するパソナテックの森川氏は、「要支援者と支援者を…
  • 株式会社レスターコミュニケーションズが提供している自治体支援サービスの詳細
    株式会社レスターコミュニケーションズが提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名タッチ議会中継システム ■ソリューション概要議場カメラ移動からスイッチング操作まで、ワンタッチ操作により議会収録のワンマンオペレーションが可能。高品質な議会中継の配信とスムーズな議会進行をサポートします。「タッチ議会中継システム」は、カメラ操作、切替、テロップ表示までタッチパネルで制御可能なシステムです。サポート期限のないOSの採用により、長期間安定した運用が可能です。●こんな課題はありませんか?・良い画作りをしたいが複雑な操作はできない・議場内の機器操作を一括管理したい・高画質で高品質な議会の収録・配信を行いたい・発言を聞き取りやすいスピーカーやマイクにしたい・採決を迅速に…
  • 株式会社会議録研究所が提供している自治体支援サービスの詳細
    株式会社会議録研究所が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名議会映像字幕配信システム ■ソリューション概要最先端技術NTT-AT(Discussシリーズ)と音声認識システム国内シェアNo1のアドバンスト・メディア(Amivoice)のコラボレーション。【議会映像字幕配信システムの特徴】・AI音声認識システム(AmiVoice)を活用したリアルタイム映像字幕が実現しました。・字幕は複数行表示されますので、見直しや発言内容の確認ができます。・発言と同時に会議資料や通告内容を表示することが可能です。・映像テロップは、映像とは別枠で字幕を表示します。・視聴者側で字幕の表示・非表示を選択することができます。・あらかじめ議員名、地名等を登録するこ…
  • ヤマト運輸株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ヤマト運輸株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名クロネコ見守りサービス ハローライト訪問プラン ■ソリューション概要宅急便で培った経営資源とIoT技術を活用した見守りサービスです。IoT電球ハローライトが効率的に異常を検知し、ヤマト運輸のネットワークで設置から異常時の代理訪問まで一貫して提供します。近年、独居高齢者の増加や地域コミュニティの希薄化によって多発する孤独死により、不動産の毀損、地域価値の低下などの社会的損失が大きな社会課題となっています。 自治体や民生委員、福祉関連事業者、自治会など独居高齢者を見守る側においても、人材の高齢化やリソース不足が課題となっており、さらには新型コロナウイルスの感染拡大によりこの問題が…
  • モビルス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    モビルス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名モビルス自治体向けソリューション ■ソリューション概要LINEでの住民向け情報配信、学校連絡網、道路不具合通報、いじめや子育てのチャット相談、電話対応の自動化、スマホ行政手続きなど「住民サービス向上と効率的な自治体運営」に最適です。自治体ごとに異なるニーズに応じ、必要なオプションを選んで、最適な住民向けサービスを構築できます。市民広報の強化にはLINEによる情報配信、住民コミュニケーションの強化にはチャット対応など、柔軟なサービス設計が可能です。■想定される活用シーン・市民広報子育て、防災、市政情報など、住民向けに日々役立つ情報をLINEでプッシュ配信・通報受付公園、道路、街…
  • 人と人を即時につなぐ共助体制で、災害時の「逃げ遅れ」を防げ
    人と人を即時につなぐ共助体制で、災害時の「逃げ遅れ」を防げ
    民間企業の取り組み 災害時の避難支援対策 人と人を即時につなぐ共助体制で、災害時の「逃げ遅れ」を防げ 株式会社パソナテックアカウントマネージャー テクノロジーソリューション事業本部 DXソリューション事業部 森川 稔也 [提供] 株式会社パソナテック ※下記は自治体通信 Vol.42(2022年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。 災害時における、高齢者や障がい者など「避難行動要支援者」(以下、要支援者)の逃げ遅れを防ぐため、自治体には、要支援者とその支援者を事前に登録するといった取り組みが求められている。こうしたなか、人材ビジネスを展開するパソナテックの森川氏は、「要支援者と支援者を…
  • 重要性高まる情報セキュリティ対策。「安全なファイル共有の方法」が関心の的に
    重要性高まる情報セキュリティ対策。「安全なファイル共有の方法」が関心の的に
    自治体が課題解決に活用できる民間ソリューションを選定するうえで、貴重な情報収集の場となっている専門展示会「自治体・公共Week」。今年も6月29日からの3日間、東京ビッグサイトにて開催された。来場者は3日間で1万4,000人を超え、全国から参加した自治体職員らが、展示された最新技術に真剣なまなざしを向けていた。ここでは、本誌記者が展示会で注目したソリューションについてレポートする。
  • だれ一人取り残さない住民支援を「CRM」の手法を通じて実現せよ
    だれ一人取り残さない住民支援を「CRM」の手法を通じて実現せよ
    国によるDX推進やコロナ禍を背景に、自治体で行政手続きのオンライン化が進んでいる。そうしたなか、官民を問わずさまざまな分野でコンサルティングを手がけるデロイト トーマツ コンサルティングの橋本氏は「行政手続きのオンライン化にとどまらず、DXを活かしたさらなる住民サービス向上を目指すべきだ」と話す。同氏に、詳細を聞いた。
  • 「オンプレミス型のチャット」により、負担やコストを抑えた導入が可能
    「オンプレミス型のチャット」により、負担やコストを抑えた導入が可能
    メールより簡単にコミュニケーションが図れることから、ビジネスチャットに注目する自治体が増えている。そうしたなか、民間企業や自治体向けにICT支援を手がけている伊藤忠テクノソリューションズの吉田氏は、「導入する際の負担やコストを抑えてビジネスチャットを活用する方法がある」と話す。その詳細を、同社の松田氏も交えて聞いた。
  • 「地方」にあってこそさらに実感する、オンライン会議での「音の重要性」
    「地方」にあってこそさらに実感する、オンライン会議での「音の重要性」
    コロナ禍を機に自治体DXは急速に進み、職員の働き方は大きく変わりつつある。会議や議会のオンライン化はその最たる例であり、とりわけ都市部から距離を隔てた自治体では、業務効率向上に大きく寄与している。そうした自治体のひとつである徳之島の天城町(鹿児島県)では、オンライン会議の効率的な運営に向けて、「音」の重要性に着目し、会議用音響システムを刷新したという。同町担当者の記原氏に、システム刷新の経緯とその効果について聞いた。
自治体支援企業&サービス一覧