全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト


  • アース製薬株式会社と大阪府が包括連携協定を締結! 大阪府
    アース製薬株式会社と大阪府が包括連携協定を締結! 大阪府
    写真左から)大阪府広報担当副知事 もずやん、大阪府 吉村 洋文 知事、アース製薬株式会社 川端 克宜 社長、アース製薬イメージキャラクター アースくん 令和4年11月28日(月曜日)、大阪府はアース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川端 克宜、以下「アース製薬」)と、健康・保健衛生、地域活性化、環境、安全・安心、子ども・教育、働き方改革・ダイバーシティ、府政のPRの7分野にわたる連携と協働に関する包括連携協定を締結した。 アース製薬は、虫ケア用品・入浴剤・ガーデニング用品等の製造・販売を中心に事業を展開。 1892年(明治15年)大阪難波で創業し、現在は東京に本社を置く。 同…
  • 【自治体LINE活用 成功事例】 横浜市|LINE公式アカウント機能拡充で友だち数47万人を超える。 セグメント情報配信機能導入で、市民の利便性向上と職員の業務省力化を実現
    【自治体LINE活用 成功事例】 横浜市|LINE公式アカウント機能拡充で友だち数47万人を超える。 セグメント情報配信機能導入で、市民の利便性向上と職員の業務省力化を実現
    神奈川県横浜市は、2020年4月に「横浜市LINE公式アカウント」を開設。粗大ごみ受付と新型コロナを中心とした情報配信からスタートしました。モビルス株式会社では2021年5月から自社の提供するLINE向け自治体ソリューションで「セグメント情報配信機能」「道路の損傷通報ボット」を横浜市にご活用いただいています。横浜市 市民局 広報相談サービス部 広報課 担当係長 永森 丈晴 氏、尾林 明浩 氏(※肩書は2022年2月当時)に、セグメント情報配信機能を中心に導入の目的や運用方法、導入後の効果、今後の展開などについて詳しくお話を伺いました。 https://mobilus.co.jp/lab/cli…
  • 北日本コンピューターサービス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    北日本コンピューターサービス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名財産調査中間処理ユニット「PiMS」 ■ソリューション概要「PiMS」は預貯金等照会の電子化に伴う様々なリスク、業務負担を低減するLGWAN-ASPサービスです。金融機関毎に異なる仕様に対応した依頼を生成し、回答情報の確認まで支援します。全国で対応済み金融機関が増加した預貯金等調査・回答の電子化。回答の迅速化や県外調査の簡便化等の効果が期待される一方、「金融機関ごとに要件が異なる照会用データの作成」「回答結果の本人確認」など行政機関側の負担が増しているという声も聞こえてきます。●その預貯金等照会の電子化対応、大丈夫ですか?・照会依頼ファイルの作成に時間がかかるけど、業務システ…
  • NTTビジネスソリューションズ株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    NTTビジネスソリューションズ株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名デマンド交通システム「コンビニクル」 ■ソリューション概要デマンド交通運用に必要な機能をSaaS形式でご提供します。 様々な運行方式に対応でき、運行計画の自動生成、WEB・電話での予約受付が可能であるなど利便性の高いシステムです。■ソリューション詳細人口減少の本格化に伴い、バスをはじめとする公共交通サービスの需要縮小、経営悪化、運転者不足の深刻化が進んでいます。持続的な地域交通の実現に向けて様々な課題が顕在化しています。◆こんな課題はございませんか?<ご利用者さま>自家用車以外の移動手段が充実していない<交通事業者さま>赤字路線の収支改善<自治体さま>免許返納後の高齢者や交通…
  • 株式会社電話放送局が提供している自治体支援サービスの詳細
    株式会社電話放送局が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名電話業務DX「DHKクラウドサービス」 ■ソリューション概要「DHKクラウドサービス」はコールセンターの電話応答、発信業務を効率化、自動化する自動音声応答サービス(IVR)やボイスボットサービスです。コールセンターの電話応答、発信業務の効率化、半自動化、完全自動化をクラウドサービスで支援しております。自治体へ直接ご導入いただく場合の他、テレマーケティング企業や各種自治体向けソリューションを提供している企業と協業して支援する場合もございます。◆こんなお悩みありませんか?・委託、受託しているコールセンター業務の一部を自動化して、費用を抑えたい・業務特性上、人による受付や架電よりも…
  • ジュニパーネットワークス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ジュニパーネットワークス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名Juniper Mist ■ソリューション概要Juniper Mistは、AIを活用することで無線LANおよびネットワーク全体の通信状態を可視化、一元管理。ユーザー体感の最適化および運用の簡素化を実現します。 ●無線LANを利用しているものの… こんなお悩みをお持ちではありませんか?・既存インフラの機能・パフォーマンスが不足・オンプレミス型コントローラの運用が負荷・ユーザーからの問い合わせ対応に苦慮●Juniper Mistの強み①AIによるネットワーク全体の可視化無線、有線、WAN、SD-WAN環境のインテリジェンスを統合し、特定のユーザー、デバイス、アプリケーションに関す…
  • HENNGE株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    HENNGE株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名HENNGE One ■ソリューション概要「HENNGE One」はクラウドシフト時に必要な第1ステップのセキュリティをオールインワンでご提供する国産SaaSです。「HENNGE One」は民間企業での導入を中心に、契約社数は2,000社以上、ご利用ユーザーは200万人を超える皆様にご利用頂いている国産のクラウドセキュリティサービスです。※HENNGE株式会社(4475) 2022年9⽉期 第3四半期 決算説明資料より抜粋HENNGEでは、2022年10月より、自治体様でのクラウドサービスの利用、自治体DX推進を支援するPublic Sales Sectionを立ち上げ、自治…
  • 【自治体LINE活用 成功事例】 横浜市|LINE公式アカウント機能拡充で友だち数47万人を超える。 セグメント情報配信機能導入で、市民の利便性向上と職員の業務省力化を実現
    【自治体LINE活用 成功事例】 横浜市|LINE公式アカウント機能拡充で友だち数47万人を超える。 セグメント情報配信機能導入で、市民の利便性向上と職員の業務省力化を実現
    神奈川県横浜市は、2020年4月に「横浜市LINE公式アカウント」を開設。粗大ごみ受付と新型コロナを中心とした情報配信からスタートしました。モビルス株式会社では2021年5月から自社の提供するLINE向け自治体ソリューションで「セグメント情報配信機能」「道路の損傷通報ボット」を横浜市にご活用いただいています。横浜市 市民局 広報相談サービス部 広報課 担当係長 永森 丈晴 氏、尾林 明浩 氏(※肩書は2022年2月当時)に、セグメント情報配信機能を中心に導入の目的や運用方法、導入後の効果、今後の展開などについて詳しくお話を伺いました。 https://mobilus.co.jp/lab/cli…
  • 民間の運営ノウハウを積極導入し、学童保育の質・量をともに改善
    民間の運営ノウハウを積極導入し、学童保育の質・量をともに改善
    人口減少や少子高齢化に直面する自治体にとって、子育て支援の充実は共通した重要テーマとなっており、国もその一環として「学童保育」(放課後児童クラブ)のさらなる整備を打ち出している。一方で、保護者ニーズの多様化などを受け、クラブの運営負担は増加の一途をたどっている。そうしたなか、行橋市(福岡県)では、クラブ運営を民間事業者に委託し、職員の負担軽減とサービス品質の向上を同時に実現しているという。取り組み内容について、同市担当者に詳しく聞いた。
  • 交通利便性をまちの新たな魅力に、まずはバスの利用状況把握から
    交通利便性をまちの新たな魅力に、まずはバスの利用状況把握から
    さまざまなモビリティサービスを有効活用して、人々の移動手段を充実させる「MaaS」。これを、住みよいまちづくりに活かそうとする自治体が増えている。千曲市(長野県)では、まちづくり活動を展開する地元企業の「ふろしきや」と信州千曲観光局が、MaaS施策の端緒としてバスの利用状況を把握する実証実験を行った。取り組みの狙いやその詳細について、それぞれの担当者に聞いた。
  • 「三方よし」となる公民連携で、企業にも市民にも選ばれるまちに
    「三方よし」となる公民連携で、企業にも市民にも選ばれるまちに
    複雑化、多様化する社会課題の解決を掲げ、大阪府では公民連携の促進を目的に、一元的な窓口機能「公民戦略連携デスク」を設置している。このような専門部署を設けて公民連携を強化する動きは、府内の各自治体にも広がっている。連載第17回目となる今回は、令和3年4月に公民連携の専門窓口として「広報・公民連携課 公民連携係」を設置した八尾市を取材。公民連携に対する考え方や取り組みの成果などについて、市長の大松氏と同市担当者に話を聞いた。
  • レシートを使った消費喚起策なら、素早く広く経済効果を生み出せる
    レシートを使った消費喚起策なら、素早く広く経済効果を生み出せる
    今般のコロナ禍に加え、昨今の物価高騰の影響が深刻化するなか、プレミアム商品券をはじめとする地域経済の活性化に力を入れる自治体は少なくない。しかし、そこには膨大な準備作業やコスト負担など課題も多いとされる。それに対して、レシート買取アプリを運営するWED社の山口氏は、「買い物時に受け取るレシートを活用した新たな消費喚起策によって、自治体の課題を解消できる」と指摘する。その詳細ついて、同氏に聞いた。
自治体支援企業&サービス一覧