全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト


  • 失敗事例に学ぶ生活保護の現場対応Q&A
    失敗事例に学ぶ生活保護の現場対応Q&A
    【自著書評】(直方市役所 保護・援護課 職員/弁護士・眞鍋 彰啓)執筆陣は、自治体の生活保護担当課に配属された弁護士と担当職員たち。実例をもとに、実務において抱えがちな疑問を洗い出した一冊。
  • 2021年総括~会計業務DXの実証実験まとめ~(事業者からの受取請求書の電子化)
    2021年総括~会計業務DXの実証実験まとめ~(事業者からの受取請求書の電子化)
    皆さま、明けましておめでとうございます。株式会社インフォマートの村田と申します。 ※参照:自治体支援企業&サービス一覧 株式会社インフォマ―ト 改めて会社概要・どのような領域で自治体の皆さま・地域課題にお役立ちできるかご案内させて頂こうと思います。 会社概要 自治体様へのご提案内容 会計業務DXの実証実験まとめ ご相談窓口 会社概要 株式会社インフォマートは、1998年に設立したシステム会社です。事業として「BtoBプラットフォーム」というクラウド型電子商取引基盤の運営 を行っております。 自治体の皆さまに向けては以下3サービスをご提案・ご利用頂いております。「BtoBプラットフォーム請求書」…
  • 地方自治体が抱える問題とは?解決のポイントと地方創生に向けた取り組み事例を解説【自治体事例の教科書】
    地方自治体が抱える問題とは?解決のポイントと地方創生に向けた取り組み事例を解説【自治体事例の教科書】
    地方自治体が抱える問題とは 1.人口減少 2.少子高齢化 3.地域衰退 地方創生のメリット 解決のポイント 自治体における地方創生の取り組み事例 1.徳島県神山町 2.大分県別府市 3.福岡県北九州市 まとめ 多くの地方自治体が抱える、人口減少や少子高齢化、地域衰退などの問題について、問題が生じる理由や影響を詳しく知りたい方も多いでしょう。これらの問題は、生活・行政サービスの質の低下や治安の悪化、災害危険性増大などにつながります。ただし、地方創生によって自治体が抱える問題を解消できれば、都市部からの人口流入が期待でき、生活利便性が良い住みやすいまちづくりを実現することも可能です。そこで今回は、…
  • 【新卒入庁職員が見た自治体DXの最前線】目玉施策「みえDXセンター」
    【新卒入庁職員が見た自治体DXの最前線】目玉施策「みえDXセンター」
    【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #9】(三重県 デジタル社会推進局)今回は三重県のDX施策のひとつ「みえDXセンター」について。“ワンストップ相談窓口”である同センターの仕組みや活動をお届けします。
  • 第六回 オンライン寺子屋 「過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX」のまとめ!
    第六回 オンライン寺子屋 「過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX」のまとめ!
    オンライン寺子屋シリーズ第六回のテーマは、人口1万人以下の小規模自治体の取り組みです。予算化されていない有志による長野県飯島町のタウンプロモーションを例に、小規模自治体が費用やや人材、周囲の理解など、さまざまなハードルがある中で、どのように町内住民サービスの改革を進めていくのかという点についてご紹介いただきました! ■ 出演者● 下平 英樹 さん(長野県 飯島町役場 産業振興課 農政係 主査)● 廣瀬 信行 さん(ワークスモバイルジャパン株式会社 地方創生アーキテクト/エバンジェリスト) デジタル活用の適切な予算・ツール・運用がわからない自治体は多い -ウノ@猿人(株式会社猿人代表 自治体DX…
  • 【大好評につきオンデマンド再配信!】事例から学ぶシリーズ第3弾!​ 鹿児島県 薩摩川内市様​
    【大好評につきオンデマンド再配信!】事例から学ぶシリーズ第3弾!​ 鹿児島県 薩摩川内市様​
    【こちらは2021年9月に実施したWebinarの再配信です】ご好評頂いている事例から学ぶシリーズの第3弾は、自治体DXを市長自ら推奨している鹿児島県薩摩川内市様にご登壇頂きます。薩摩川内市様は平成22年からいち早く仮想環境を導入し、働き方改革やDXを通じて組織風土の変革や社員の意識改革にも積極的に取り組まれています。 このウェビナーでは、仮想基盤の導入背景から現在のシステム概要や運用、さらには将来のクラウド利用を見据えた今後の展望について、また今年は九州地方で大雨などの災害が多く発生しましたが、薩摩川内市様が実施されているDR対策についても詳しくお話いただきます。 セミナーのお申込みはこちら…
  • ウイングアーク1st株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ウイングアーク1st株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名電子契約・請求クラウドプラットフォーム ■ソリューション概要自治体業務の電子化の機運が急速に高まっています。電子化の効果を最大化するためには、内部業務のみならず、住民や事業者などとの対外的なやり取りを電子化することが求められます。クラウド型電子契約・電子請求プラットフォーム「invoiceAgent」は、自治体-事業者間の調達関連文書を一元的に電子化する自治体向けソリューションです。システムの専門知識不要で、契約書・納品書・請求書などのあらゆる取引文書を一元的に電子化。全体業務の最適化を実現し、自治体、事業者、双方にとって大きなメリットをもたらします。 ■導入実績現在、複数自…
  • 「市民協働」のまちづくりにとって、公民連携のさらなる推進は不可欠
    「市民協働」のまちづくりにとって、公民連携のさらなる推進は不可欠
    複雑化、多様化する社会課題の解決を掲げ、大阪府では公民連携の促進を目的に、一元的な窓口機能を持つ「公民戦略連携デスク」を設置している。このような専門部署を設けて公民連携を強化する動きは、府内の各自治体にも広がっている。連載第8回目の今回は、令和元年10月に公民連携の専門窓口として「公民連携デスク」を設置した富田林市を取材。設置の経緯やデスクの設置によって得られた成果などについて、市長の𠮷村氏と同市担当者に話を聞いた。
  • 脱炭素社会の実現へ向け、大阪が公民連携で臨む新たな挑戦
    脱炭素社会の実現へ向け、大阪が公民連携で臨む新たな挑戦
    大阪府で今夏、公民連携によるひとつの活動が産声を上げた。「OSAKAゼロカーボンファウンデーション」―通称OZCaF(オズカフ)。企業・団体や府内自治体が連携し、脱炭素社会の実現に向けた活動を推進する取り組みで、すでに200※を超える団体が参画している。この画期的な大規模連携は、いかにして発足し、今後どのような活動をしていくのか。公民それぞれを代表し、発起人であり代表理事を務めるリマテックホールディングス代表の田中氏と大阪府の担当者に話を聞いた。
  • 海底に眠る地域の資産を発掘し、まちづくりに活かす時代
    海底に眠る地域の資産を発掘し、まちづくりに活かす時代
    日本の領海・周辺海域には、多くの水中文化遺産が存在しているが、昨今これらの調査・保護に力を入れようとする国の動きがある。こうした流れを受け、全国の自治体でも海洋調査の成果をまちづくりに活かす試みもみられる。鹿児島県徳之島に位置する徳之島町、天城町、伊仙町の三町が合同で実施した水中遺跡調査事業もそのひとつだ。ここでは三町の担当者に、調査の経緯や期待する効果などを聞いた。
  • 介護が必要となる原因のひとつ「脊椎圧迫骨折」を知っていますか
    介護が必要となる原因のひとつ「脊椎圧迫骨折」を知っていますか
    高齢化が進むなか、地域住民の健康を増進させるための取り組みは、自治体にとって欠かせない施策となっている。そうしたなか、大阪市立大学大学院・病院講師の高橋氏は、「健康寿命の延伸を図っていくため、特に高齢者が普段から気をつけなければならない疾患がある」と話す。整形外科を専門とした治療・研究を行っている同氏に、詳細を聞いた。
  • シートを貼ってトイレ環境を改善、新しい感染症対策の提案とは
    シートを貼ってトイレ環境を改善、新しい感染症対策の提案とは
    昨年来のコロナ禍を経験して以降、多くの自治体がさまざまな感染症対策に力を入れている。こうしたなか、抗菌・抗ウイルスシートを販売する松浦産業の松浦氏は、「重要な感染源のひとつとされるトイレにおいて、まだ手つかずの効果的な対策が残されている」と指摘する。それは一体どのような対策なのか。対策の詳細や期待される導入効果などについて、同氏に詳しく聞いた。
自治体支援企業&サービス一覧