全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト


  • 中央と地方の共生が求められる時代は、高知の強みが活かせるチャンスです
    中央と地方の共生が求められる時代は、高知の強みが活かせるチャンスです
    第6波を経験した新型コロナウイルスの感染拡大だが、医療逼迫の懸念が遠ざかりつつあるいま、各自治体ではそれぞれの特色を前面に押し出した独自の地方創生に力を入れる段階を迎えようとしている。これまで、「地産外商」をキャッチフレーズに県産業の振興に力を入れてきた高知県では、いまその政策の進化に乗り出している。取り組みの詳細や、そこでの知事としての役割などについて、同県知事の濵田氏に話を聞いた。
  • 課題や困難に宿る「宝」を見つけ、地域活性化に活かしていく
    課題や困難に宿る「宝」を見つけ、地域活性化に活かしていく
    「海の京都」とも呼ばれ、京都府の最北端に位置する京丹後市。カニをはじめとする食の産地や、ビーチや温泉などが魅力のリゾート地として人気を博している一方、ほかの地方部と同様に人口減少などの地域課題に頭を悩ませている。そうしたなか、同市では、ふるさと納税を中心とした地域活性化に取り組んでいるという。市長の中山氏に、ほかの取り組みも含めて詳細を聞いた。
  • 株式会社ネットワールドが提供している自治体支援サービスの詳細
    株式会社ネットワールドが提供している自治体支援サービスの詳細
    ■ソリューション名ストレージデータの消去証明ソリューション ■ソリューション概要住民/行政データが格納されるストレージの確実なデータ消去と抹消、並びに消去されたデータが復元出来ない事を証明するサービスです。神奈川県庁の情報流出事故が記憶に新しい、HDDの誤廃棄による情報漏えい。この事故をきっかけに、総務省セキュリティポリシーに関するガイドラインが改定され、「復元困難な方法でのデータ抹消」や「確実に抹消されたという証明」が必要になったりと、情報資産の取り扱いが厳格化されました。 従来の消去業者が提出する自己証明書の場合、神奈川県の事例のように虚偽報告となるケースもあり、信頼性に疑問が残ります。そ…
  • 後輩・部下の育て方、関わり方~公務員の新・育成術
    後輩・部下の育て方、関わり方~公務員の新・育成術
    【自著書評】(株式会社といろ代表取締役/元武蔵野市職員・齋藤 綾治)「公務員の育成」とは、何を育てること? 自治体職員ならでは育成ポイントを紐解いた本書の特徴などを著者が解説。
  • 【門真市×株式会社アカカベ】子どもたちが自らの将来をイメージするきっかけとしてキャリア教育イベントを開催
    【門真市×株式会社アカカベ】子どもたちが自らの将来をイメージするきっかけとしてキャリア教育イベントを開催
    門真市と株式会社アカカベ(本社:大阪府大東市、代表取締役会長:皆川友夫、以下「アカカベ」)は、令和3年6月18日に「子どもを真ん中においた施策推進に係る門真市と株式会社アカカベとの事業連携・協力に関する協定」を締結。 詳細はこちら
  • 東京都文京区様:LINE公式アカウントを活用した妊娠・子育て家庭向けの情報配信拡充を支援
    東京都文京区様:LINE公式アカウントを活用した妊娠・子育て家庭向けの情報配信拡充を支援
    NPO法人きずなメール・プロジェクト(本社:東京都新宿区、代表理事:大島由起雄)とtranscosmos online communications株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:貝塚 洋)は、2022年3月28日より東京都文京区(区長:成澤廣修)に対し、LINE公式アカウントを活用した妊娠・子育て家庭向けの情報配信の拡充を支援しました。 詳細のリリースはこちら transcosmos online communications株式会社 所在地 〒170-6015 東京都豊島区東池袋三丁目1番1号(サンシャイン60) 設立 2016年5月 資本金 374百万円(資本準備金を含む)…
  • 【庁内業務DX】 DX推進担当から伺うご相談内容3選
    【庁内業務DX】 DX推進担当から伺うご相談内容3選
    庁内業務のDXを推進されているご担当者様へのご案内です。新年度が始まり、皆様は貴所で掲げられているDX推進計画の実現に向けて 日々、情報収集されていると思います。前回の投稿と同様、職員の皆様から頂く「ご相談内容」について共有いたします。今後のご検討にお役立ちできると幸いです。※前回の投稿記事 https://www.jt-tsushin.jp/article/infomart-report-20220513/ ●職員の皆様からいただくご相談内容ご相談内容①「『DX推進計画』の実現に向けたツールを探しており、事例も含め情報収集している。」ご相談内容②「民間事業者側からも電子取引の要望をもらってい…
  • 中央と地方の共生が求められる時代は、高知の強みが活かせるチャンスです
    中央と地方の共生が求められる時代は、高知の強みが活かせるチャンスです
    第6波を経験した新型コロナウイルスの感染拡大だが、医療逼迫の懸念が遠ざかりつつあるいま、各自治体ではそれぞれの特色を前面に押し出した独自の地方創生に力を入れる段階を迎えようとしている。これまで、「地産外商」をキャッチフレーズに県産業の振興に力を入れてきた高知県では、いまその政策の進化に乗り出している。取り組みの詳細や、そこでの知事としての役割などについて、同県知事の濵田氏に話を聞いた。
  • 課題や困難に宿る「宝」を見つけ、地域活性化に活かしていく
    課題や困難に宿る「宝」を見つけ、地域活性化に活かしていく
    「海の京都」とも呼ばれ、京都府の最北端に位置する京丹後市。カニをはじめとする食の産地や、ビーチや温泉などが魅力のリゾート地として人気を博している一方、ほかの地方部と同様に人口減少などの地域課題に頭を悩ませている。そうしたなか、同市では、ふるさと納税を中心とした地域活性化に取り組んでいるという。市長の中山氏に、ほかの取り組みも含めて詳細を聞いた。
  • 簡便な機器による血糖の自己管理で、市民の健康増進意識を喚起
    簡便な機器による血糖の自己管理で、市民の健康増進意識を喚起
    いまや国民病とも称される生活習慣病は、行動自粛が求められるコロナ禍の影響もあり昨今、対策の必要性は増していると言えよう。発症予防の観点からは、いかに働く世代へ早期にアプローチするかが重要なポイントとなる。そうしたなか、いわき市(福島県)では、住民が血糖変動をセルフチェックし、健康意識を高めるきっかけにするという新たな取り組みを行っている。その詳細と成果について、同市担当者に話を聞いた。
  • 申請・支給を一気通貫で行う体制で、コロナ禍で苦しむ事業者を支援
    申請・支給を一気通貫で行う体制で、コロナ禍で苦しむ事業者を支援
    令和2年の緊急事態宣言後、各自治体は「新型コロナ」の影響を受けた事業者に対し、一日でも早く支援金や協力金を支給することに注力した。そうしたなか、埼玉県産業労働部では、県内の中小企業・個人事業主に向けて、速やかに支援金を給付する体制を構築。その後も、体制をブラッシュアップしているという。同県の担当者2人に、詳細を聞いた。
  • 住民のスマホを最大音量で鳴らし、緊急情報の伝達をより確実に
    住民のスマホを最大音量で鳴らし、緊急情報の伝達をより確実に
    全国で自然災害が頻発化・激甚化するなか、住民の命を守るための防災情報をだれ一人取り残さず確実に届けることは、自治体のもっとも重要な責務のひとつである。そうしたなかで朝日町(三重県)は、多くの住民が利用するスマホに着目し、アプリを活用した情報発信に力を入れている。取り組みの詳細や、アプリの導入で得られているメリットについて、同町防災保全課の倉知氏に聞いた。
自治体支援企業&サービス一覧