自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 自治体職員寄稿
  3. 我らはまちのエバンジェリスト~連載バックナンバー

我らはまちのエバンジェリスト~連載バックナンバー

    我らはまちのエバンジェリスト~連載バックナンバー
    プロフィール
    今村 寛
    《本連載の著者紹介》
    福岡市 職員
    今村 寛いまむら ひろし
    福岡地区水道企業団 総務部長。1991年福岡市役所入庁。2012年より福岡市職員有志による『「明日晴れるかな」福岡市のこれからを考えるオフサイトミーティング』を主宰し、約9年間で200回以上開催。職場や立場を離れた自由な対話の場づくりを進めている。また、2012年から4年間務めた財政調整課長の経験を元に、地方自治体の財政運営について自治体職員や市民向けに語る「出張財政出前講座」を出講。「ビルド&スクラップ型財政の伝道師」として全国を飛び回る。好きなものは妻とハワイと美味しいもの。2022年より現職。財政担当者としての経験をもとに役所や公務員について情報発信する「自治体財政よもやま話」(note)を更新中。

    財政問題、コロナ禍、少子高齢化、一極集中etc…。社会は激動し、分断と対立が果てしなく繰り広げられる憂鬱な毎日。こんな“思っていたのとちょっと違う時代”だからこそ、公務員にしかできないこと、すべきことがあるのでは!? 本連載はそんな観点で“これからの公務員の流儀”を自治体財政のプロで「対話」のスペシャリスト、福岡市職員の今村 寛さんが探ります。公務員の立場から世の中のボタンを掛け直すきっかけづくりとなる方策を一緒に考えていきましょう。

    #1:その道のプロとして

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_01
    “これからの公務員の流儀”を自治体財政と「対話」のスペシャリストが探ります。公務員ができる世の中のボタンを掛け直すきっかけづくりとは?

    #2:役所? 首長? 住民?「自治体の経営者」は誰だ《前編》

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_02
    これからの公務員の流儀”を自治体財政のプロで「対話」のスペシャリスト、福岡市職員の今村 寛さん(教育委員会 総務部長)が探る本連載。今回と次回の2回にわけて、自治体運営の本質である財政の問題が住民に理解されにくい原因と対策を考えます。皆さんは財政のことをどのくらい市民に語ることができますか?

    #3:役所? 首長? 住民?「自治体の経営者」は誰だ《後編》

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_03
    前回に続いて財政問題が住民に伝わりにくい理由を深掘りします。複雑で難解な財政を“地域の主役”である住民にわかってもらうために自治体職員が担うべきことは? 自治体財政のプロで「対話」のスペシャリスト、福岡市職員の今村 寛さん(教育委員会 総務部長)が考察します。

    #4:コロナ禍の財政難と公務員
    縮小する未来を拓くのは

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_04
    市民サービスを縮小せざるを得ない―。自治体の財政難にコロナ禍が拍車をかけています。だからこそ、自治体職員が担うべき役割とは?

    #5:税金について住民と対話してますか?
    国民が税を納めることの意味

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_05
    今回のテーマは納税について。税をめぐる住民との“本質的な対話”が避けて通れない時代になりつつあります。

    #6:自治体職員は変われるのか?
    「公務員は保守的」だからこそ大きな変革パワーをもっている

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_06
    対話が苦手で縦割りやたらい回しが横行…。とかく保守的と言われるの公務員だからこそ、大きな変革パワーをもっている。その理由とは?

    #7:財政課と対話していますか?
    お金がない地方自治体に必要なもの

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_07
    来年度予算の編成という大仕事の季節が到来。今回は、緊縮・削減のイメージが先行する財政健全化の真の意味、財政課との関係値のあり方について。

    #8:自治体職員は首長にどう向き合うべき?
    王様の耳を語れ

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_08
    民意で選ばれし者と、そうではない者―。自治体運営の実情を知り抜く“中のひと”である自治体職員は首長とどう向き合うべきかを考察。

    #9:ベテラン公務員からのメッセージ
    新人公務員の皆さんごめんなさい

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_09
    “新しい仲間”に向けたベテラン公務員からのメッセージ。自治体の“今”を通じて見えた、これからを担う公務員に必要な力とは?

    #10:公務員が関わるべき“もうひとつの公共財”
    「対話」は社会のインフラ

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_10
    双方向の濃い対話が生まれ、単独ではなしえなかった深い集合知が形成される―。こうした生産的な好循環を庁内で、地域でつくる方法を考えます。

    #11:行政と市民を対話でつなぐために必要な所作
    「対話力」が未熟な私たち

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_11
    対話とは“言うは易し、行うは難し”の典型。そこをブレークスルーするために欠かかせない「基本認識」を考えます。

    #12:“遠ざかるゴール”を追いかけるな
    対話ができる自治体職員を育てるには

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_12
    行政と市民の間に“対話”が求められているのに、なぜ対話が成立せず、市民の不満は絶えないのか―。自治体運営の根幹にある機能不全とは?

    #13:“自治体消滅“の危機を打開する「対話」
    互いの声を聴きあえる社会へ

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_13/
    今回は「自治体消滅の危機」を題材に、なぜ今、社会に対話が必要されているのかについて考えます。

    #14:分断社会における公務員の役割
    多数決は民主的なのか

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_14
    今回は“多数派vs少数派”の対立や分断を解消し得る方策を考えます。ギスギスした「分断社会」解消のために公務員が果たせる役割とは?

    #15:役所という“閉ざされた世界の争い”を超える
    財政課長、対話に目覚める

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_15
    本連載の執筆者は、いつ、どうやって「対話」に目覚めたのか―。対話に覚醒した“知られざるストーリー”。

    #16:“公務員という鎧”を脱ぎましょう
    今さら聞けない「対話」の基礎

    https://www.jt-tsushin.jp/article/imamura-evangelist_16
    多様性が増し、複雑性が高まる地域・社会と自治体職員が向き合うときに必要な「対話力」。そのキホンとは?

    #17:職場の先輩として行うべき三つのこと

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_17
    生まれた時からインターネットが使える環境で育ったデジタルネイティブな“Z世代”が自治体にも入庁し始めるなど、思考・行動パターンで世代間ギャップを感じる中堅・ベテランのみなさんは少なくないのではないでしょうか。今回は、未来の自治体運営を担う若手職員との接し方、対話の仕方を考えました。みなさんは若手と接するときに、どんなことに気をつけていますか?

    #18:対話が拓く水道企業団の未来①
    50周年事業という“対話”

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_18
    自治体職員は地域のエバンジェリスト(伝道者)であれ―。そう提唱する本連載筆者による実践事例をお届けします! “周年事業”という、ややもすれば「総務部門がやることで、自分には関係ない…」と多くの職員から思われがちな取り組みを、どのようにして「全員参加プロジェクト」に昇華させていったのか? 地元メディア等からも注目を集めている福岡地区水道企業団による50周年事業の取り組みの“裏側”をお伝えします。

    #19:対話が拓く水道企業団の未来②
    引き継がれていく“レガシー”として

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_19
    前回に引き続いて、注目を集めている福岡地区水道企業団による50周年事業の取り組みの“裏側”にある対話の積み重ねをお届けします。なぜ対話に乗り出し、どのような効果を生み出し、どんな成果を出しつつあるのか? 熱い想いにあふれる同時進行ストーリーです!

    #20:対話が拓く水道企業団の未来③
    中と外を混ざり合わせる「外部関係者との対話」

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_20
    本連載筆者が総務部長を務める福岡地区水道企業団50周年事業を通じた対話の実践例をお届けします! 今回は「ライブアートイベント」など20ものユニークかつ独創的な取り組みが誕生した“秘訣”について。そのワケは、庁内を飛び出して積み重ねた「外部との対話」でした!

    #21:対話が拓く水道企業団の未来④
    「自治体と住民の対話」が未来をつくる

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_21
    本連載筆者が総務部長を務める福岡地区水道企業団50周年事業を通じた対話の実践例をお届けするシリーズの4回目は「住民との対話」編。自治体の想いを地域のひとりひとりに届け、ジブンゴトとしてとらえてもらうために必要なものとは?

    #22:対話が拓く水道企業団の未来⑤
    最終章! 50周年事業という「対話」が起こした化学変化

    本連載筆者が総務部長を務める福岡地区水道企業団50周年事業を通じた対話の実践例をお届けするシリーズの最終章! 一連の50周年事業の掉尾を飾る記念式典を終え、企画構想から数えると1年半にわたって突っ走ってきた筆者の胸に去来する想いとその目がとらえた新しい未来予想図をお伝えします。

    #23:「対話というインフラ」を築くための視点
    What Is It For Me?

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_23
    コロナ禍の嵐が過ぎ去ったかと思えば「地球が沸騰している」との悲鳴すら上がる酷暑に見舞われたこの1年。みなさんの周辺でもさまざまな悲喜こもごもがあったのでは? そして“想定外”が当たり前になった今、来たる2024年にはどんな新しい光景が自治体を待ち構えているのか―。それを考えると、ワクワクドキドキ、ハラハラ(!?)する自治体職員の方は多いでしょう。自治体の役割、自治体職員への期待が変わっていくなか、こんな視点を持てば大丈夫だよ、というお話を「対話のプロ」こと福岡市 職員の今村 寛さんがお届けします!

    #24:感じるところが多々あっても…
    行政と市民をつなぐ重要な架け橋「マスコミ」との対話を考える

    https://www.jt-tsushin.jp/articles/research/imamura-evangelist_24
    カレンダーが2024年に変わった途端、という無慈悲なタイミングで発生した能登半島地震。自身も被災したかもしれない公務員のみなさんが被災者の方たちを懸命にサポートされています。それにしても、昼夜を問わず対応している敬服すべきその姿に寄り添った報道がもう少しあってもいいんじゃないの? と口に出したくなるのは“身内びいき”でしょうか。今回は「マスコミとの対話」について本音で考えてみました。


    いち早く情報をお届け!
    メルマガ登録はこちらから

    『「対話」で変える公務員の仕事~自治体職員の「対話力」が未来を拓く』(公職研)の表紙カバー

    『自治体の“台所”事情~“財政が厳しい”ってどういうこと?』(ぎょうせい)の表紙カバー

    「自治体財政よもやま話」(note)を更新中

    電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
    自治体通信 事例ライブラリー