全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

NTT・TCリース株式会社

NTT・TCリース株式会社

課題解決に、リースという選択。
 

公共施設整備において、リースを活用する自治体が増えています。リース活用の最大のメリットは、初期費用を抑え、リース期間内で財政負担を平準化できる点です。
学校における空調整備をはじめ、防災対策としての太陽光発電設備や蓄電池などの整備事業においても、リース方式の活用をご提案することにより自治体経営のさらなる効率化に貢献していきたいと考えています。

自治体通信の掲載記事

2023-01-20
「建物賃貸借方式」という事業採択で、初期費用を抑えた体育館整備を計画
公共施設の新設や建て替えの際、財政の適正化や施設の効率的な設計、建設、運営のために、公民連携で事業を進めるPPP手法を採用する自治体は増えている。そうしたなか、柴田町(宮城県)では総合体育館の整備において、建物はPPP手法のなかでも賃貸借方式、維持管理運営は指定管理を採用。町の財政負担を考慮し、民間のノウハウを活かした整備がされるという。同町担当者の高橋氏に、詳細を聞いた。
2022-03-29
空調整備による教育環境の改善。次なるテーマは体育館と特別教室
毎年、夏の猛暑を受け、児童・生徒の安全安心を守る学習環境をいかに確保すべきか、各自治体にとって喫緊の課題となっている。ここ数年は、普通教室への空調整備が進んだことで、対策の焦点は体育館や特別教室へと移ってきた。そうしたなか、いち早く体育館と特別教室の空調整備を進めたのが目黒区(東京都)である。整備の背景やその手法などについて、同区担当課長に話を聞いた。

ソリューションの詳細

2022-04-05
NTT・TCリース株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 リースを活用した体育館空調設備 ■ソリューション概要 リース方式の最大のメリットは、初期費用を抑え、財政負担を平準化できる点です。さらに、保守込み契約とすることで、故障時の復旧対応や修理費用確保などの事務処理負担の軽減が可能です。 ■ソリューション詳細 熱中症対策としての学校空調整備をはじめ、安心安全なまちづくりのための街路灯LED化、ゼロカーボンに向けた公共施設の高効率空調整備及び室内照明LED化による省エネ改修事業、老朽化に伴う給食施設改修事業、
その他の記事一覧はこちら

会社概要

社名 NTT・TCリース株式会社
設立 2020年2月21日
資本金 100億円
代表者名 代表取締役社長 成瀬 明弘
本社所在地 東京都港区港南一丁目2番70号 品川シーズンテラス13階
事業内容

(1)総合リース業
(2)以下の商品の賃貸借、売買(割賦販売を含む)、保守管理及び仲介
 ①通信機器②電子計算機及び周辺機器、③事務用機器・備品、④産業工作機械 等
(3)知的所有権の取得、賃貸借、売買(割賦販売含む)
(4)金銭の貸付、債務保証、債務引受、各種債権の売買、ファクタリング
(5)株式未公開企業への投資、融資、債務保証及び経営指導
(6)金融商品の保有、管理、売買、仲介及び貸借に関する業務
(7)第二種金融商品取引業
(8)情報提供サービス、広告業
(9)市場調査及び経営に関するコンサルティング
(10)損害保険代理業及び生命保険の募集に関する業務
(11)古物売買業

URL https://www.ntt-tc-lease.com/