自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 先進事例
  3. 【男女共同参画の取組ご担当様向け】域内企業の女性活躍推進、「くるみん」・「えるぼし」認定取得をサポートします
先進事例2023.06.19

【男女共同参画の取組ご担当様向け】域内企業の女性活躍推進、「くるみん」・「えるぼし」認定取得をサポートします

[提供] MS&ADインターリスク総研株式会社
この記事の配信元
MS&ADインターリスク総研株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社





企業経営においては「D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)」から「DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)」へ変化しています。“誰一人取り残さない”持続可能で多様性と包摂性のある職場を実現していくことや「人材の多様性」を受け入れて活かす職場を実現していくことで、みなが働きやすい職場環境づくりが可能となります。そういった環境により、職場も従業員もイキイキと成長することができます。


労働者の減少により、日本における人材獲得・雇用情勢は激化しています。また従業員の高齢化に伴い疾病を抱えるケースなどが増えていくことも想定されます。そして従業員のなかには、家族の介護や看護を理由として離職していく方も少なくありません。企業は、多様な人材が活躍できる環境の整備やそれぞれの労働者の生産性を向上させていくことが求められています。

介護・看護を理由とした離職者の推移

【出典】e-Stat 雇用動向調査よりMS&ADインターリスク総研にて作成



時間制約がある従業員も含め、全ての従業員が十分な能力を発揮できるようにするためには、女性の問題に限定するのではなく組織として働き方に関する価値観や意識を変革していくことが求められています。


MS&ADインターリスク総研では、女性活躍および働き方改革を推進していくための研修・セミナーをご準備しています。様々なライフステージにある従業員のみなさまが、自分らしく働き続けていくためのポイントと対策を解説します。セミナーでは女性活躍の推進ポイントを解説するだけでなく、ワークライフバランスを進めていくためのポイントや対策、共働き家庭の働き方の工夫やヒントなど実例を交えながらQOLを高めるためのポイントと対策についてお伝えします。

自治体様のご要望に合わせたカスタマイズも可能です(ご相談ください)。

<目次例>
女性が輝く社会とは?
働く女性を取り巻く環境
仕事と家庭を両立するヒント
身近に潜むアンコンシャスバイアス*
QOL向上を目指すために
「えるぼし」「くるみん」の認定制度について
「えるぼし」「くるみん」の取組・施策事例について

*アンコンシャスバイアス・・・「無意識の思い込みや偏見」を指します


各自治体様が主催されるセミナー、ワークショップ等でのご講演を多数行っています。
お気軽にお問い合わせください。

自治体様ご支援実績

2023年6月1日現在の実績(例)は下記のとおりです。
○新潟県 ○大阪市(大阪府) ○鹿沼市(栃木県) ○小山市(栃木県)
○京田辺市(京都府) ○防府市(山口県) ○日向市(宮崎県)

まずはお気軽にお問合せください。

MS&ADインターリスク総研株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社
設立1993年1月4日
資本金3億3000万円
代表者名一本木 真史
本社所在地

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスアネックス(10~11階)

事業内容

コンサルティング
デジタルソリューション開発 / 販売
受託調査研究
リスク関連レポート発行
セミナーの開催 / 講師派遣
出版

URLhttps://www.irric.co.jp/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
自治体通信 事例ライブラリー
自治体サミット2024