自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. プレスリリース・コラム
  3. 資料配布中「伴走型相談支援の面談予約にLINE活用」事例集

資料配布中「伴走型相談支援の面談予約にLINE活用」事例集

資料配布中「伴走型相談支援の面談予約にLINE活用」事例集
この記事の配信元
transcosmos online communications株式会社
transcosmos online communications株式会社

今年度から本格開始した「妊婦・子育て家庭への伴走型相談支援と経済的支援の一体的実施(出産・子育て応援交付金)」では、妊娠中・出産後の住民との面談実施が求められています。

円滑に面談を行うには事前予約制が不可欠ですが、月間アクティブユーザー数9,500万人(*)を誇り幅広い年代が使い慣れているコミュニケーションアプリ「LINE」は、面談予約の受付手段として最適です!
*2023年3月末時点

今回、妊娠届出時・妊娠8か月面談、母子健康手帳交付の予約に、LINE公式アカウントを活用している自治体様の事例集を作成しました。

▼資料のイメージ(一部抜粋)

妊娠時面談の予約以外にも、
▶保育所見学・一時預かり予約、イベント申込の受付
▶出産・子育てにまつわる各種支援情報の案内
▶月齢別健診の日程変更の受付
などにLINE公式アカウントをフル活用されています。

子育て支援担当課の方、LINE運用担当課、DX推進部門のご担当者様などは、ぜひ当資料をご確認頂き、今後の施策検討にご活用頂ければ幸いです。

transcosmos online communications株式会社
設立2016年5月20日
資本金3億7400万円
代表者名貝塚 洋
本社所在地

〒170-8630
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号(サンシャイン60)

事業内容

transcosmos online communicationsは、トランスコスモス株式会社とLINE株式会社の合弁会社として2016年5月に設立されました。2017年10月には米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesからも出資を受けています。LINEのプラットフォーム・ユーザー基盤とトランスコスモスの営業・開発力などを活かし、行政と住民のより良い関係構築を実現する様々なソリューション・サービスの提供に向けて取り組むGovTechベンチャーです。2017年9月にはLINEを活用した行政のDXツール「KANAMETO」を開発、販売を開始しています。

URLhttps://transcosmos-online.com/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
2月15日以降~
~2月27日まで
自治体通信 事例ライブラリー