全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

自治体職員の「装合計画」~連載バックナンバー

f:id:y-onuma:20211229061253p:plain

「信頼できそう? そうでもなさそう?」―。人の第一印象は0.2秒で決まるとされます。そんな脊髄反射のような一瞬で「その人の内面」なんてわかりませんから、思っている以上に「見た目」は重要。
では、今日のあなたは初対面の住民からも信頼してもらえそうな「見た目」を熟慮して当庁しましたか?
自治体によってあったりなかったりする服装規定。これまで見過ごされがちだった「公務員の装い」を元東京都職員でイメージコンサルタントの古橋 香織さんが連載します。

#1:公務員男性の服~普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる
自治体によってあったりなかったりする服装規定。これまで見過ごされがちだった「公務員の装い」を元東京都職員でイメージコンサルタントの古橋 香織さんが考察。
https://www.jt-tsushin.jp/article/sogokeikaku-furuhashi_01

#2:【公務員女性の装いのヒント】欲しいのは「ご機嫌」をくれる服
今回は「公務員女性の服選び」について。装いは気持ちを上げる大切なルーティン。それなのに「地味に」「無難に」という基準で本日の服選びをしていませんか?
https://www.jt-tsushin.jp/article/sogokeikaku-furuhashi_02

#3:《議員対応時の侮れない服装術 前編》二元代表制を「服装」で支える
2月は自治体職員にとって緊張の議会シーズン。職員時代の半分以上を議会局で過ごした筆者だから知っている「議員対応時の服装術」をみっちり解説します。
https://www.jt-tsushin.jp/article/sogokeikaku-furuhashi_03

#4:《議員対応時の侮れない服装術 後編》男女別“外せない3つのポイント”
大詰めを迎えた年度末議会を乗り切る服装術とは? 議員対応時の侮れない服装術の“外せないポイント”を男女別に具体的に解説します。
https://www.jt-tsushin.jp/article/sogokeikaku-furuhashi_04

#5:《決定版! 公務員に“なるべく寄り添った”クールビズ》もう「ネクタイ外しただけ…」はやめません?
今回のテーマは、これからの季節の“悩みのタネ”と言える「公務員のクールビズ」。ネクタイだけ外したスーツ姿から卒業してみませんか?
https://www.jt-tsushin.jp/article/sogokeikaku-furuhashi_5

#6:《“猛暑対策”“機動力”!? 》「夏の選挙事務」の服装を徹底的に考えてみた
ミスが許されず、多くの住民の目にさらされる状況下での公務員の服装とは?
https://www.jt-tsushin.jp/article/sogokeikaku-furuhashi_6

自治体通信への取材のご依頼はこちら

■ 古橋 香織(ふるはし かおり)さんのプロフィール

f:id:y-onuma:20211117133127p:plain

元東京都職員
イメージコンサルタント
早稲田大学を卒業後、東京都庁に入庁。都職員時代は消費者行政や東京都議会議会局に勤務。在職中にイメージコンサルティングを学び、2020年1月に東京都を退職し独立。
堅さを求められる人たちへの「仕事映え」するスタイリングが得意。北海道から沖縄まで全国の公務員が受けているイメージコンサルティングのコンセプトは「心の戦闘力を服で上げる」こと。「職場で初めて服を褒められた」「自信が出た」などの多くの現職公務員の支持を得ている。
2021年11月に『公務員男性の服~普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる』(ぎょうせい)を上梓。
〈Color Commonsのサイト〉 https://colorcommonslab.com/
〈連絡先(問い合わせフォーム)〉http://colorcommonslab.com/otoiawase