全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

実証実験で効果を検証、神戸市でICTによる学校体育館の夜間開放が11月より本格運用 〜スマートロック「RemoteLOCK」と予約システム「まちかぎリモート」の連携で人手を介さない運用を実現〜

暗証番号式・クラウド管理機能を備えたスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」ならびに予約システム「まちかぎリモート」を活用した中学校体育館の夜間開放が、兵庫県神戸市(市長:久元 喜造氏)で11月1日より始まります。

■ICTを活用!スマートロックと予約システムで学校施設をより身近に、より利用しやすく

神戸市では、子どもたちの体力・運動能力向上、市民の健康増進、開かれた親しみやすい学校づくりのために、11月1日より中学校体育館の夜間開放が実施されます。体育館の鍵として、ICT技術を活用したスマートロック「RemoteLOCK」を設置し、予約システム「まちかぎリモート」と連動させることで、人手を介さない運用による夜間の体育館開放を実現しました。

今回の体育館の開放に先立ち、9 月中旬より利用団体の登録受付が開始されます。対象の中学校体育館は計16校で、12月以降、順次拡大予定です。

【利用の流れ】

・利用団体の登録
・予約システムで対象校の開放日を確認し予約申込み(※申込みが複数の場合は抽選)
・予約成立後、鍵のワンタイムパスコードを発行
・利用日当日、パスコードを入力し体育館へ入館
詳細は、下記ホームページをご確認ください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a61516/kosodate/lifelong/kaihou/kaihou_ict.html
※参考:神戸市様による記者発表資料

■"Urban Innovation KOBE"での実証実験を経て高い有用性を確認

本取り組みは、神戸市の地域・行政課題をスタートアップ(成長型起業家)と市職員が協働して解決する国内自治体初の取り組みであるプロジェクト「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」で採択され、2021年9月から約半年間にわたり、3校で実証実験が行われました。本プロジェクトでスマート化による利便性向上を神戸市民のみなさまに体感いただいた結果、この度の正式運用開始に至りました。

RemoteLOCKは、今後も住民の方々が利用しやすい施設環境を構築し、利便性向上に寄与してまいります。

 

株式会社構造計画研究所
設立 1959年5月6日
資本金 1,010百万円
本所所在地 東京都中野区本町4丁目38番13号 日本ホルスタイン会館内
従業員数 611名 (※2021年9月8日時点)
上場市場 東京証券取引所 JASDAQスタンダード
URL https://www.kke.co.jp/

■公共施設のスマート管理に関してはこちらをご覧下さい。
https://remotelock.kke.co.jp/case/public-facilities/

■詳細お問合せやお見積りのご相談はお気軽に下記までご連絡下さい。
株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
自治体マーケティング担当
電話:050-5306-6250(平日 9:00 - 17:00)
メールアドレス:remotelock@kke.co.jp

関連リンク
■暗証番号式スマートロック「RemoteLOCK」、神戸市の公共施設管理に導入
■浜松市で学校開放事業に関する実証実験の協定調印式 〜施設予約や鍵の受け渡し、決済手続きのオンライン化・スマート化を検証〜
■実例から学ぶ、施設のスマート管理で住民も職員もハッピーになる方法
■公共施設の管理業務と住民の利用を 手軽、そしてスマートに。
■エキスパートに聞く、ICTで公共施設の管理省力化・無人化のすすめ
■スマートロック  RemoteLOCK
■DXで住民の利便性アップと省力化を実現。茨城県小美玉市 公共施設の予約・貸出をオンライン化
■兵庫県芦屋市との 「ICTを活用した持続可能な公共施設の管理に関する基本協定」の締結について