全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

兵庫県芦屋市との 「ICTを活用した持続可能な公共施設の管理に関する基本協定」の締結について

兵庫県芦屋市との 「ICTを活用した持続可能な公共施設の管理に関する基本協定」の締結について

兵庫県芦屋市との 「ICTを活用した持続可能な公共施設の管理に関する基本協定」の締結について

構造計画研究所は、ICTを活用した公共施設の新たな運営手法を研究し、そのスマート化を推進するため、2020年11月に兵庫県芦屋市(市長:いとう まい氏)と「ICTを活用した持続可能な公共施設の管理に関する基本協定(以下「基本協定」)」を締結した。

芦屋市の市民文化系施設等の貸館施設では、人口減少社会における労働力不足や、アフターコロナ・災害時の対応等における鍵管理の在り方に多くの課題があった。実証実験ではこうした課題を解決するため、構造計画研究所が提供する予約管理システム「まちかぎリモート」とスマートロック「RemoteLOCK」を設置し、その予約・利用を遠隔から一元管理しながら非対面型での施設の貸出を実現した。

構造計画研究所は、自治体のさまざまな公共施設を対象とし、普段の施設利用から緊急時の鍵管理までを視野に入れ、管理コストの節約、セキュリティ性の向上、感染症拡大の防止、避難所の迅速な対応の実現に向けて先進自治体との取り組みを進める。

同社では実証実験の第2期募集を開始した。

 

関連リンク

■【ニュースリリース】大阪府池田市との「ICTを活用した持続可能な公共施設の管理に関する基本協定」の締結について
■公共施設予約システム まちかぎリモート
■スマートロック  RemoteLOCK