全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

ニュータニックス・ジャパン合同会社

ニュータニックス・ジャパン合同会社

自治体のDXを支える真のハイブリッドクラウド環境を提供します
 
支援企業独自の投稿コンテンツ有

オンプレミス/クラウドを意識させない共通プラットフォームで、シンプルな運用管理、段階的な拡張が可能です。自治体においては特に災害発生時において止まらないシステムを構築する事が重要ですが、BCP対策​(遠隔地でのDR環境整備)も数クリックで復旧が可能なため、自治体における業務継続性強化を実現します。Nutanixは自治体DXを支えるインフラ基盤の性能、信頼性、災害対策までの一貫したソリューションを提供​しています。導入事例も多数掲載していますのでご覧ください。

自治体通信の掲載記事

2021-7-27
全庁規模の「仮想化基盤」刷新で、行政の業務継続性を飛躍的に高める
現在、多くの自治体で業務のIT化に伴い、情報基盤の運用管理は複雑さが増している。くわえて、災害対応も視野に入れた業務の継続性が大きな課題となっており、運用する情報基盤を見直す動きが増えている。そうしたなか、徳島県では、新たな仮想化基盤を導入することによって、従来抱えていた情報基盤の運用にまつわる多くの課題を解決したという。同県担当者に、詳しく聞いた。
2020-7-28
「仮想化基盤」の刷新による、行政サービス基盤の飛躍的な進化
現在、多くの自治体のなかでもっとも業務負荷の増大が顕在化している部署のひとつが、情報システム部門である。業務のIT化に伴い、庁内に導入するシステムは増加の一途をたどり、情報インフラの運用管理は複雑さとともに職員への負荷も増している。そうしたなか、名古屋市(愛知県)では、「仮想化基盤」の刷新によって、情報インフラの運用にまつわる多くの課題を一気にクリアしたという。どういうことか、同市担当者に話を聞いた。

投稿記事&ブログ

2022-01-18
【大好評につきオンデマンド再配信!】事例から学ぶシリーズ第3弾! 鹿児島県 薩摩川内市様
ご好評頂いている事例から学ぶシリーズの第3弾は、自治体DXを市長自ら推奨している鹿児島県薩摩川内市様にご登壇頂きます。薩摩川内市様は平成22年からいち早く仮想環境を導入し、働き方改革やDXを通じて組織風土の変革や社員の意識改革にも積極的に取り組まれています。 このウェビナーでは、仮想基盤の導入背景から現在のシステム概要や運用、さらには将来のクラウド利用を見据えた今後の展望について、また今年は九州地方で大雨などの災害が多く発生しましたが、薩摩川内市様が実施されているDR対策についても詳しくお話いただきます。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 自治体DX推進に向けて目指すべきICT基盤とは​
サービス概要 真のハイブリッドクラウドを容易に実現
行政カテゴリ 防災・危機管理、情報政策・自治体DX、公共インフラ
導入実績 日本における地方自治体において250団体を超える導入実績
この資料をダウンロードする
サービス名 Nutanix 自治体 導入事例集
サービス概要 大規模から小規模まで様々な自治体における導入事例を掲載
行政カテゴリ 防災・危機管理、情報政策・自治体DX、公共インフラ
導入実績 日本における地方自治体において250団体を超える導入実績
この資料をダウンロードする
ニュータニックス・ジャパン合同会社
ソリューションの資料を
まとめてダウンロード
する
\たった1分で完了!/
資料一括ダウンロードフォーム

会社概要

社名 ニュータニックス・ジャパン合同会社
設立 2012年12月14日
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル7階
事業内容 Nutanixは、クラウドソフトウェアのグローバルリーダーであり、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー・ソリューションのパイオニアとして、お客様がビジネスの推進に集中できる、意識しなくて良いインビジブルなITインフラストラクチャー管理を実現しています。Nutanixのソフトウェアは世界中の企業に採用されており、単一のプラットフォームで、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境のあらゆるアプリを場所を問わず管理できるよう支援しています。
URL https://www.nutanix.com/jp