全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

株式会社Bot Express

株式会社Bot Express

ほとんどの住民が今すぐ利用できる行政サービスを日本全国に提供
 

オンライン行政窓口を実現するサービス「GovTech Express」を開発・提供しています。スマートフォンからいつでも利用できる役所窓口を開設し、Chatbotが住民に応対。住民はLINEを通じてその窓口を利用し様々な手続きや相談をChatbotとの会話によって完結することができます。
「今、すぐに、利用できる。説明書がいらない。ゆえにほとんどの住民が利用できる。」従来のアプリケーションを置き換えるのではなく、人の代替となるサービスです。また自治体職員が思い付いたら即時的に実装できるプラットフォームでもあります。「開発が速いから、実現が早い。」これがBot Expressの特徴です。

自治体通信の掲載記事

2022-10-06
住民サービスをLINEに実装し、「真のDX成功例」を生み続ける
住民サービスの向上や職員の業務効率化を目指し、いま多くの自治体が行政手続きのオンライン化に取り組んでいる。こうしたなか、テレワーク制度の導入やペーパーレス化など積極的なDXの推進で知られる渋谷区(東京都)は、さまざまな行政手続きをSNSのLINE上で行える仕組みを構築。さらに、その手続きの数も職員の手で次々と増やしているという。取り組みの詳細について、同区デジタルサービス部の宝田氏に聞いた。
2022-09-15
LINEを介したごみ収集予約が「住民視点のDX」推進の起点に
いま、多くの自治体がDX推進を掲げ、さまざまな業務のデジタル化を進めている。特に「行政手続きのオンライン化」は、住民サービスの向上にも直接つながる取り組みとして、注目する自治体が少なくない。金沢市(石川県)もそうした自治体のひとつで、ごみ減量推進課では、粗大ごみの有料戸別収集の申し込みをSNSのLINEで完結できる仕組みを構築した。取り組みの詳細について、同課の担当者2人に聞いた。

ソリューションの詳細

2022-03-11
株式会社Bot Expressが提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 新しい役所の窓口「GovTech Express」 ■ソリューション概要 官公庁、主に地方自治体が運用するLINE公式アカウント上で、役所の申請や手続きの提供を実現します。従来のアプリケーションを置き換えるのではなく、人の代替となるサービスです。 ■ソリューションの詳細 Bot Expressでは、ほとんどの住民が今すぐ利用できる「役所のもう一つの窓口」の提供を目指しています。「今、すぐに、利用できる。説明書がいらない。ゆえにほとんどの住民が利用できる。」従来のアプリケーションを置き換えるのではなく、人の代替となるサービスを開発しています。この住民目線のサービスは、自治体職員が思い付いたら即時的に実装できるプラットフォームです。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 対話型アプリケーション「GovTech Express」
サービス概要 新しい役所の窓口「GovTech Express」
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX、子供・子育て、広報・広聴
導入実績 国税庁、東京都、神奈川県、愛知県など、あらゆる規模の団体
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 株式会社Bot Express
設立 2019年2月1日
資本金 1億円
代表者名 中嶋 一樹
本社所在地 〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 WeWork
事業内容 ほとんどの住民が今すぐ利用できる「役所のもう一つの窓口」の提供を目指しています。
「今、すぐに、利用できる。説明書がいらない。ゆえにほとんどの住民が利用できる。」従来のアプリケーションを置き換えるのではなく、人の代替となるサービスを開発しています。自治体職員が思い付いたら即時的に実装できるプラットフォームでもあります。
開発が速いから、実現が早い。これがBot Expressのサービスです。
GovTech Companyとして、住民利用率・満足度の高いサービスを提供、オンラインの行政サービスをあるべき姿にアップグレードし、それを日本のデファクトスタンダードにしていくことを目指しています。
URL https://www.bot-express.com/