自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 先進事例
  3. 宮城県登米市LINE公式アカウントにて粗大ごみ収集申込の受付開始
先進事例2024.03.06

宮城県登米市LINE公式アカウントにて粗大ごみ収集申込の受付開始

[提供] transcosmos online communications株式会社
宮城県登米市LINE公式アカウントにて粗大ごみ収集申込の受付開始
この記事の配信元
transcosmos online communications株式会社
transcosmos online communications株式会社

~粗大ごみ収集申込をオンライン化、住民利便性向上と業務効率化を実現~
transcosmos online communications株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:貝塚 洋)は、2024年3月1日より宮城県登米市(市長:熊谷盛廣)に対し、LINEを活用した粗大ごみ収集の申込受付ツール「KANAMETO ECO(カナメト エコ)」を提供開始し、登米市LINE公式アカウントにおける粗大ごみ収集申込の受付開始を支援しました。

【登米市LINE公式アカウントを友だち追加する】

2024年3月1日、登米市はKANAMETO ECOの導入によって市LINE公式アカウント(アカウント名:登米市)をリニューアルし、粗大ごみ戸別収集の申込・変更・キャンセル手続きをLINEで完結できるようになりました。

【登米市LINE公式アカウントにおける粗大ごみ収集申込手順のイメージ】

利用者である市民は市LINE公式アカウントから、粗大ごみ収集申込フォームを表示します。お住まいの地域の収集カレンダーから収集希望日を選択後、粗大ごみの品目と点数を入力すると収集手数料の総額が自動計算されます。最後に、利用者の連絡先やごみの写真、排出場所等の情報を送信し、収集申込が完了します。自動計算された収集手数料が記載されたメッセージがLINEに届くため、粗大ごみ処理券の購入間違い・貼り間違いの防止効果が期待されます。また、収集日が近づくとLINEにリマインドメッセージが届くため、粗大ごみの出し忘れを防ぐことができます。

これまで登米市では、粗大ごみ収集の申込を電話のみで受け付けてきましたが、KANAMETO ECOの導入により、市LINE公式アカウントを活用して粗大ごみ収集申込をオンライン化しました。市民は、電話受付時間を気にせず、いつでもどこでもLINEから粗大ごみの収集申込ができるようになり、利便性が向上します。また、職員の電話対応工数を削減し、電話が混み合う時間帯の解消にもつながります。

KANAMETO ECOは、200以上※の地方自治体で導入されているLINEを活用した行政のDXツール「KANAMETO」の新機能であり、登米市が全国で最初の導入となります。今後もtranscosmos online communicationsは、KANAMETOの機能拡充を通じて行政のDXを加速させ、地方自治体と住民のコミュニケーション活性化を支援してまいります。
※2024年2月末時点

KANAMETO ECOについて

「KANAMETO ECO」は、LINEヤフーコミュニケーションズ株式会社とtranscosmos online communications株式会社が共同企画した粗大ごみ収集の申込受付ツールです。LINEヤフーコミュニケーションズと福岡市が締結している「地域共働事業に関する包括連携協定」に基づき、2019年より本格稼働している「福岡市粗大ごみ受付LINE公式アカウント」をモデルに開発されました。導入自治体の住民は、自治体等が運用するLINE公式アカウントを通じて、24時間365日、オンラインで収集申込ができます。また、PayPayやLINE Pay、クレジットカードによる粗大ごみ処理手数料のオンライン決済に対応しています。
https://kanameto.me/eco/index.html

transcosmos online communications株式会社
transcosmos online communications株式会社
transcosmos online communications株式会社
設立2016年5月20日
資本金3億7400万円
代表者名貝塚 洋
本社所在地

〒170-8630
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号(サンシャイン60)

事業内容

transcosmos online communicationsは、トランスコスモス株式会社とLINE株式会社(現・LINEヤフー株式会社)の合弁会社として2016年5月に設立されました。2017年10月には米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesからも出資を受けています。LINEのプラットフォーム・ユーザー基盤とトランスコスモスの営業・開発力などを活かし、行政と住民のより良い関係構築を実現する様々なソリューション・サービスの提供に向けて取り組むGovTechベンチャーです。2017年9月にはLINEを活用した行政のDXツール「KANAMETO」を開発、販売を開始しています。

URLhttps://transcosmos-online.com/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
自治体通信 事例ライブラリー
自治体サミット2024