自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 先進事例
  3. 廃校活用の最前線  地域とつながる民間複合施設『東神楽大学』
先進事例2023.09.20

廃校活用の最前線  地域とつながる民間複合施設『東神楽大学』

[提供] 株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
廃校活用の最前線  地域とつながる民間複合施設『東神楽大学』
この記事の配信元
株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム

全国で進む廃校活用

少子化や市町村合併により全国で毎年約500校が廃校になるなか、そのまま放置していても維持管理コストがかかってしまう学校施設をいかに有効活用するかが地方自治体の大きな課題となっています。

令和3年に文部科学省が公開した資料「廃校活用の現状と可能性~文部科学省「みんなの廃校プロジェクト」~」(https://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/content/001385947.pdf)によると、廃校になった学校施設のうち約75%は何らかの用途に活用されており、またその用途も、社会教育施設、博物館、介護施設といった公共性の高いものから、宿泊施設、貸しオフィス、食品工場まで非常に多様化しています。

今回はそういったオリジナリティ溢れる活用事例のひとつ『東神楽大学』を紹介いたします。

『東神楽大学』の取り組み

『東神楽大学』とは、北海道の東神楽町で株式会社AgriInnovationDesignが企画・運営する複合施設です。施設内にはコワーキングスペース、シェアキッチン、ゲストハウスや、売店、学食など多様なコンテンツがあり、大学利用者同士や入居企業と地元事業者・農業者との接点を生み出しています。

地域住民の声だけでなく、地域外から見た東神楽町の魅力・需要を汲み取った施設構成で、地方創生の拠点としての役割を担っています。

なお同施設は2021年に廃校になった旧忠栄小学校の用途転用として、プロポーザル方式で選定されています。

▲旭川空港からのアクセスの良さを生かし、都心からの利用者も多い「東神楽大学」

▲コワーキングスペース:理科室の設備をそのまま活かした人気の部屋

▲学食:地域の幅広い世代の方が利用するほか、飲食店にチャレンジしたい人の後押しになっている

また、校舎入り口、体育館出入口、レンタルスペース入り口には暗証番号式のスマートロック「RemoteLOCK」が設置されています。予約時間のみ使える暗証番号を事前に通知することで、鍵管理の手間を減らし、限られた人手でも稼働時間を最大限確保することに成功しています。

まとめ

廃校活用は自治体にとって維持管理コストを縮減できるだけでなく、地域内外の交流・発信拠点の充実、雇用創出、また企業にとっては、少ない初期投資で事業をスタートできること、話題性、多拠点化によるBCP対策、といった複合的なメリットがあります。

一方で、地域からの積極的な要望がないこと、そもそも住民への意向調査ができていないことから、活用に向けた議論や公募がなされていないままの学校施設も多く存在します。

しかし学校は単なる大型施設としての価値にとどまらず、治安の維持や地域コミュニティの要としての役割も担っています。放置することで長期的な影響が出る前に、広くアイデアを募り、廃校施設を使い続ける仕組みづくりを用意することが重要です。

■お問い合わせ先

株式会社構造計画研究所
RemoteLOCK 自治体マーケティング担当
TEL: 050-1807-1888
E-mail: remotelock@kke.co.jp 
ウェブサイト:https://remotelock.kke.co.jp/case/public-facilities/

株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
設立1959年5月6日
資本金10億1000万円
代表者名代表執行役会長 服部 正太、代表執行役社長 渡邊 太門
本社所在地

〒164-0012
東京都中野区本町4丁目38番13号 日本ホルスタイン会館内

事業内容

構造計画研究所は、建物の構造設計業務から、構築物を取り巻く自然現象の解析やシミュレーション業務、情報通信分野でのソフトウェア開発、製造分野へのCAD/CAEのソフトウェア販売やカスタマイズ、そして人間の意思決定支援分野でのコンサルティングなどを提供しております。「大学、研究機関と実業界をブリッジする Professional Design & Engineering Firm」を標榜する当社は、今後も工学知をベースにした有用な技術を活用し、社会の諸問題の解決に挑むことで、より賢慮に満ちた未来社会を創造してまいります。

URLhttps://www.kke.co.jp/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
自治体サミット2024
自治体通信 事例ライブラリー