自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 先進事例
  3. 『災害リスク情報<号外>』令和6年能登半島地震の概要および被害状況
先進事例2024.01.12

『災害リスク情報<号外>』令和6年能登半島地震の概要および被害状況

[提供] MS&ADインターリスク総研株式会社
この記事の配信元
MS&ADインターリスク総研株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社

2024年1月1日16時10分頃、石川県能登地方を震源とするマグニチュード7.6の地震が発生し、石川県の志賀町(しかまち)で震度7、北海道から九州地方にかけて震度6強~1の揺れを観測しました。
被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
本レポートでは、今回の能登半島地震の概要および被害状況について報告します。なお、本レポートは1月9日15時時点の情報に基づいて作成しています。

・<号外>令和6年能登半島地震の概要および被害状況(2024年1月10日発行)

今回の能登半島地震の概要および被害状況について報告します。
詳しくはこちら

MS&ADインターリスク総研株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社
設立1993年1月4日
資本金3億3000万円
代表者名一本木 真史
本社所在地

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスアネックス(10~11階)

事業内容

コンサルティング
デジタルソリューション開発 / 販売
受託調査研究
リスク関連レポート発行
セミナーの開催 / 講師派遣
出版

URLhttps://www.irric.co.jp/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
自治体通信 事例ライブラリー
自治体サミット2024