全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

香川県

デジタル技術で業務を革新し、訪問調査員の「働き方改革」を実現

調査対象者宅を1件ずつ訪問する介護保険の認定調査業務において、調査員の業務負担をなかなか軽減できないと悩む自治体は多い。そんななか、業務のデジタル化を進めることで、その負担軽減に取り組もうとしているのが坂出市(香川県)と三豊市(香川県)だ。両市…

【香川県、高松市】Wi-Fi整備で地域の特色をだす(公共無線LAN整備の事例)

近年、訪日観光客の誘致に力を入れる自治体では受け入れ環境整備の一環として、地域名や現地のブランド名を冠した公衆無線LAN設備「ご当地Wi-Fi」を導入する例が増えている。「かがわWi-Fi」を展開する香川県もそのひとつ。香川県と高松市の担当者に整備のね…

【善通寺市】公務員に人事評価システムを導入し職員の能力を活かす(人事評価導入の事例)

地方公務員法の改正によって人事評価制度の導入が義務づけられ、業績・能力評価を給与や任用の基礎とする制度運用が本格化している。そうしたなか評価作業の効率化のみならず、職員の能力開発も視野に入れ、人事評価を導入する自治体が増えている。そのひと…

住民の安心安全を守るため防災無線整備は「実効性」を見極めよ

東日本大震災が契機となり、自治体による防災対策はその後大きな進展を見せた。代表的な例が防災行政無線の整備だ。国の支援制度が2020年度に適用期限を迎えることから、各自治体の整備計画はいまピークを迎えている。そうしたなか、同制度を有効活用し、「…

【高松市】職員研修で情報セキュリティを強化(情報セキュリティ対策の事例)

自治体による技術的な情報セキュリティ対策は相当に進んだが人的なセキュリティリスクへの対策は立ち遅れがち。そんななか高松市では、集合研修、eラーニング、標的型メール攻撃の実習の3つを組み合わせた職員研修を実施。その背景や効果を、市長と情報政策…

議会中継システムで市民との距離を近づける【自治体(観音寺市)の取組事例】

画像は単調、音声も聞き取りにくい―。中小規模の市町村の議会中継には、こうした声が住民から寄せられる場合が少なくない。そんななか観音寺市議会では、操作が簡単で事務局の運用負担を軽減し高品質な画像配信を可能にするシステムを本会議で導入。同市議会…

「運動・栄養・睡眠」の統合プログラムで健康寿命延伸を支援する

東京都豊島区 /香川県三豊市 の取り組み 認知機能低下の予防対策 「運動・栄養・睡眠 」の統合プログラムで健康寿命延伸を支援する [提供] 株式会社ルネサンス 厚生労働省の推計によれば、平成37年には高齢者の5人に1人が認知症患者になるという。その前に自…