自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 自治体向けサービス最新情報
  3. 【域内産業振興・自治体人事ご担当様向け】『仕事と介護の両立に関するアンケート』により、組織におけるビジネスケアラー対策を支援

【域内産業振興・自治体人事ご担当様向け】『仕事と介護の両立に関するアンケート』により、組織におけるビジネスケアラー対策を支援

[提供] MS&ADインターリスク総研株式会社
    この記事の配信元
    MS&ADインターリスク総研株式会社
    MS&ADインターリスク総研株式会社

    本サービス『仕事と介護の両立に関するアンケート(実態調査)』は、厚生労働省の提示する「仕事と介護の両立対応支援モデル」のうちステップ1に該当する取組みです。
    ※「仕事と介護の両立対応支援モデル」・・・介護に直面する職員/従業員が生じる前から介護離職を予防する取組を行うことで、介護に直面した後でも仕事を継続できるような組織・両立支援作りを可能とするモデル

    【内容】

    職員/従業員を対象として、介護経験の有無や今後の必要性の見通し、公的介護制度や社内制度の理解度等に関するアンケート調査を行います。
    集計結果を基に、介護離職につながる現状の課題を抽出し、今後の対策に向けたレポートをご提示します。

    【特長】

    ▶ 課題を把握しやすく、改善につなげやすい
     ―結果を数値で定量的に把握できます。
     ―現在もしくは将来的な介護の必要性や職員/従業員の自組織制度に対する理解状況など、組織の抱える課題を浮き彫りにします。

    ▶ 回答しやすい
     ―WEBアンケート形式のため、指定のURLやQRコードから、PCやスマホですぐに回答できます
     ―匿名での回答となりますので、職員/従業員の皆さまが安心して回答いただけます。

    【サービス提供の流れ】

    下図のとおりです。

    働きながら介護をしている人は年々増加傾向にあり、2030年には約318万人にのぼると推定されています。また、出産年齢の高齢化等も重なり、育児をしながら家族等の介護を行う“ダブルケアラー”の存在も無視できない状況です。
    自組織で必要不可欠な人材が突然、介護を理由に業務遂行に制約を受け、または退職する(介護離職する)ことは、組織にとっても大きな損失につながります。そのため、組織として、このような実態・リスクを把握した上で、適切な対策につなげていく必要があります。

    【出典】経済産業省 第13回経済産業政策新機軸部会資料「新しい健康社会の実現」(2023年3月)

    MS&ADインターリスク総研では、「仕事と介護の両立」への理解促進をお手伝いすべく、「介護の知識」を提供し、また制度面の整備や職場の理解を醸成していくことを目的としたセミナーも準備しています。
    働き盛りの世代が介護のために離職することなく働き続けるために、公的介護保険制度や具体的な費用について事例を交えながら仕事と介護を両立するためのポイントを解説します。
    自治体様のご要望に合わせたカスタマイズも可能です(ご相談ください)。

    <テーマ>
    仕事と介護の両立に向けた備え
    <セミナー概要(目次例)>
    1. 介護をとりまく環境
    2. 公的介護保険制度
    3. 仕事と介護の両立のポイント
    <所要時間>
    60分程度

    本テーマに関わらず、各自治体様が主催されるセミナー、ワークショップ等でのご講演も行っています。

    まずはお気軽にお問い合わせください。

    MS&ADインターリスク総研株式会社
    設立1993年1月4日
    資本金3億3000万円
    代表者名一本木 真史
    本社所在地

    〒101-0063
    東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスアネックス(10~11階)

    事業内容

    コンサルティング
    受託調査研究
    セミナーの開催 / 講師派遣
    出版

    URLhttps://www.irric.co.jp/

    本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

    提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

    電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
    自治体通信 事例ライブラリー