自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 健康福祉
  3. 健康・保健
  4. 患者説明を効率化する電子カルテソリューション【眼科】

患者説明を効率化する電子カルテソリューション【眼科】

[提供] 株式会社ワコム
患者説明を効率化する電子カルテソリューション【眼科】
この記事の配信元
株式会社ワコム
株式会社ワコム

<井上眼科病院グループ>
井上眼科病院は、1881年(明治14年)神田駿河台に創立され、2021年で140周年を迎えました。「患者さま第一主義」を基本理念とし、創立以来、職員一同、患者さまの立場を考えて診療にあたること、そして実証医学に基づいて、検査し、原因を追究し、治療することで、(EBMは「検査から治療まで」を含む表現)眼に関するすべてのことを取り扱う「『眼』の総合病院の確立」を目指しています。

現在では、東京(お茶の水、西葛西)、埼玉(大宮)と北海道(札幌)に5つの医療施設を有し、一般眼科外来の他に各種専門外来を設け、患者さまの眼の症状にあわせた診療を提供しています。

<眼科部門>
医療法人社団 済安堂 
井上眼科病院グループ理事長
井上 賢治 様 

井上眼科病院グループ 井上理事長

電子カルテ導入による診療の効率化と品質向上

グループ全体で61台のDTK-2451/Medicalを利用しています。
当初、紙のカルテから電子カルテへ移行するにあたり、カルテの所見、情報の欠落や手書きの記入が上手くいかない、大事な記録が残っていないなど診療に影響が出ることを懸念していました。

そこで、提案があった液晶ペンタブレットを使ってみると、直感的な操作性と手書きで絵を使って説明できることから患者さまとの信頼関係を維持し効率的な診療を行うことができました。また、カルテの情報を正確に残せることで、医療の品質向上にも寄与していると実感しました。

現在では液晶ペンタブレットは診療に欠かせない重要な役割を果たしており、特に手術記録においては繊細に絵で残すことができています。これらのメリットを考えると、液晶ペンタブレットは病院運営において非常に有用であると感じます。

今後も新たな機能や改善が加わることを期待しながら、引き続きこのデバイスを活用していきたいと考えています。

液晶ペンタブレット DTK-2451

今後の展望について

眼疾患の早期発見に向けて、最近注目しているのは、AI(人工知能)を活用した治療です。膨大なデータや画像を分析できるAIを導入することで、より精度の高い治療を提供できるのではないかと期待しています。まだまだ発展途上の技術ではありますが、AIと医師がお互いを助け合う日が来るのもそう遠くはないのではないでしょうか。

株式会社ワコム B2Bエンタープライズ本部
forbusiness@wacom.co.jp
https://wacom-for-business.jp/public/

株式会社ワコム
株式会社ワコム
株式会社ワコム
設立1983年7月12日
資本金42億347万円
代表者名井出 信孝
本社所在地

東京支社
〒160-6131
東京都新宿区西新宿8丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー31階

事業内容

ワコムは、40年近くにわたって業界をリードしてきたデジタルペンテクノロジーに基づき、 対面でのやり取りが必要なワークフローのデジタル化をサポートしております。 まるでペンで紙に書くような自然な書き心地で定評のあるワコムのハードウェアに、デジタルインクの情報を保存、および表示する当社のソフトウェアを使用することで、その機能を最大限に利用することができます。 これにより、 使い慣れたペンと紙の感覚を残したまま業務のデジタル化とペーパーレス化を実現することができます。 デジタルでありながら人間に寄り添った体験をお客様に提供します。

URLhttps://tablet.wacom.co.jp/enterprise_education/industries/public/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
自治体通信 事例ライブラリー