自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. プレスリリース・コラム
  3. TikTok、沖縄県浦添市と連携のもと、「TikTok Creative Festival on Tour:浦添てだこまつり」開催に合わせた市の魅力発信プロモーションショートムービーを9/19より公開

TikTok、沖縄県浦添市と連携のもと、「TikTok Creative Festival on Tour:浦添てだこまつり」開催に合わせた市の魅力発信プロモーションショートムービーを9/19より公開

この記事の配信元
ByteDance株式会社 / TikTok Japan
ByteDance株式会社 / TikTok Japan

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、浦添市と連携のもと、浦添市の魅力を発信するプロモーションショートムービーを9月19日より公開します。

本ショートムービーは、2023年10月28日から29日に浦添市で開催する「TikTok Creative Festival on Tour:浦添てだこまつり」のミッションの一環として、地域コミュニティと協力して喜びをもたらすことを目指します。

ショートムービーは、TikTokで人気の映像クリエイター「あああつし」が制作し、カーミージー海岸や港川ステイツサイドタウン、浦添城跡などを巡る、浦添市の魅力が詰まったショートムービーとなっています。

ショートムービーの内容

浦添市の観光スポットを巡る内容となっています。

●カーミージー海岸
「カーミー」が亀、「ジー」が岩礁という意味で、海岸にある岩の形が亀のように見えることから、カーミージーと呼ばれています。
●港川ステイツサイドタウン
カフェやショップが並ぶエリアです。もとは外国人の方々の住宅街で、現在は住宅がリノベーションされ、カフェやショップとなっています。
●浦添城跡
浦添城跡は、王宮が首里城に移される以前の13~15世紀に存在した城の城跡で、現在、国指定史跡となっています。浦添城跡とその周辺は、「浦添大公園」として整備されています。
●商業施設、宿泊施設
本ムービーでは、浦添市内の海辺にある商業施設や宿泊施設から見える風景を撮影しています。

ショートムービーを制作した映像クリエイター

あああつし(https://www.tiktok.com/@aaa_tsushi_
和歌山県生まれ。新卒で地方銀行に入社し、その後2年半で映像系ベンチャー企業へ転職。
TikTokやSNSで写真や動画の撮り方を発信。2023年8月時点でTikTokフォロワー数330万人。

配信日時

2023年9月19日~

配信アカウント

あああつし TikTokアカウント(https://www.tiktok.com/@aaa_tsushi_

「TikTok Creative Festival on Tour:浦添てだこまつり」概要

TikTok Creative Festivalは、TikTokの人気クリエイターとファン、そしてTikTokクリエイター同士のコミュニティがリアルで交流できるフェス型イベントです。2022年の初開催から7回開催され、累計1万5千人を超える来場者(2023年9月時点)が訪れました。

今回の「TikTok Creative Festival on Tour:浦添てだこまつり」は、「TikTok Creative Festival」の出張版として開催いたします。浦添市のPR、認知度向上のため、全国及び沖縄から、人気のTikTokクリエイターが参加予定です。

開催日

2023年10月28日(土)、29日(日)

場所

アイムユニバースてだこホール(正面入り口近く)、てだこ広場
(〒901-2103 沖縄県浦添市仲間1丁目9番3号)

浦添市のTikTok活用の取り組み

浦添市は、2022年10月にTikTok公式アカウントを開設し、市長が出演する動画を配信しています。2023年9月現在、フォロワー数は約18,800人となっており、成人式で撮影した動画の再生回数が130万回を超えるなど、多くの方々に視聴されています。

今後も、TikTokは地方自治体をはじめとする公的機関と連携のもと、ショートムービーを活用した情報発信を推進してまいります。


【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、トロント、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。http://www.tiktok.com/

本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
自治体通信 事例ライブラリー