全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

2022年度中なら自治体様ご負担ゼロ!?、MaaS/DRT実証実験先募集中!!

MaaS/DRT(オンデマンド交通) を用いた地域交通の最適化の実証実験を行いませんか?

活動実績

私どもは地域交通の持続可能性を高め、よりよい社会の実現に向けて、地域交通の最適解を模索しています。 これまで2市と実証実験を行ってきました。

●川崎市
・実施期間:2022年2月28日~2022年4月28日
プレスリリースはこちら
事例紹介はこちら

●直方市
・実施期間:2022年5月9日〜2022年8月5日
プレスリリースはこちら

進め方

地域ごとに特性があることから、MaaS/DRTなどの技術の利用方法、適用範囲をご一緒に考えるところから 伴走させて頂きます。 進め方のイメージを下図に示します。

役割分担

自治体様には主にステークホルダーの調整をご担当頂き、弊社は実現方法の提供・サービス設計・運営・利用促進の役割を担います。 役割分担のイメージを下図に示します。

費用

費用分担は下表の通りで考えています。

項目
分担
現状分析費用 CTC
サービス設計費用 CTC
MaaS プラットフォーム費用 CTC
コンタクトセンタ費用 CTC
運行データ取得・連携費用 CTC
利用促進費用 CTC
タクシー借上げ費用 CTC
関係者調整費用 ※自治体

※関係者調整費用については、住民説明会のための会場確保、印刷代等々の想定です。

目指す姿:公共交通の最適化を実現する「Rural MaaS」

既存交通との共存を前提に高齢者の日常の足を確保し、MaaS/DRT(オンデマンド交通)を用いて公共交通の最適化を実現します。
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)では、以下のMaaS オペレーションを請け負います。

・高効率な輸送を実現するDRTでラストワンマイルをカバー
・既存公共交通網の利便性向上をMaaSで実現(公共交通の全体最適)
・高齢者向けのコールセンタ設置
・現状の課題分析を行い、地域ごとにカスタマイズ
・自治体の助成金負担を削減し、地域交通の最適化

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
※伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のページへ遷移します

メールでのお問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 未来技術研究所 スマートタウンチーム
maas-team@ctc-g.co.jp

関連コンテンツ

・ソリューション概要について こちら
・まずは地域の分析をお考えであれば こちら

 

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
設立 1979年7月11日
所在地 〒105-6950 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー
資本金 21,763百万円
社員数 単体 4,718名、CTCグループ 9,695名(2022年4月1日現在)
事業内容 コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービス、科学・工学系情報サービス、サポート、その他
URL https://www.ctc-g.co.jp/