全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

総務・人事

自治体サービスは一歩進んだRPAの実践的活用で革新する【自治体(多摩市)の取組事例】

業務改革の必要性が高まる行政の現場で昨今、RPAの導入を見据えた実証実験が相次いでいる。実証実験からは、次々と驚異的な時間削減効果が報告される一方、課題も見つかっている。最近ではそうした課題を踏まえ、より実践的な活用シーンを想定した実証実験を…

自治体の人事評価は納得感のある運用が現場のやる気を引き出すカギに【自治体(西都市)の取組事例】

近年の地方公務員法の改正以降、人事評価制度の導入が義務づけられ、業績・能力評価を給与や任用の基礎とする制度運用が本格化している。一方で、担当の人事部門では業務負荷が増大しており、その解決策として専用システムを導入する自治体が増えている。西…

システム化による公平な人事評価が、職員の能力開発の基盤になる

地方公務員法の改正以降、人事評価制度の導入が義務づけられた自治体では、業績・能力評価を給与や任用の基礎とする制度運用が行われている。しかし、膨大な機密情報を管理し、集中的な業務処理を迫られる人事担当者の負担は大きい。そうしたなか、システム…

ユニバーサルデザインの活用が、魅力的なまちづくりの起点に

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

ビジネスチャットの活用は、これからの行政のスタンダードになる

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

電子決裁システムを自治体として導入し全職員がかかわる日々の業務がいつでもどこでも行えるように【佐賀県の取組事例】

行政の場では、現場の職員から首長までさまざまな文書の決裁処理が、日々行われている。従来からテレワークなどの先進的な取り組みに力を入れている佐賀県では、文書決裁システムの利用がすべての職員の間で定着している。決裁処理の電子化を定着させること…

職員の人事評価の納得感を高める制度が住民サービスの向上をもたらす【壱岐市の取組事例】

近年、地方公務員の人事管理に業績・能力評価を導入し、給与や任用の基礎とする制度運用が本格化している。この動きを徹底し、効率化する過程で、システムの導入を模索する自治体が増えつつある。そのひとつである壱岐市(長崎県)では、平成29年度から実運用…

「環境都市」のシンボルとして自治体業務で活躍する「オフィス製紙機」【八戸市の取組事例】

高度経済成長期、北東北随一の工業都市として繁栄してきた八戸市(青森県)は、その一方で公害に悩まされた経験もある。その教訓を活かし、現在では先進的な環境施策を積極導入する「環境都市」に生まれ変わっている。そんな同市の先進性を物語るのが、庁内で…

政策立案は選りすぐりの行政情報を活用する【松江市の取組事例】

地方創生が国の重要政策と位置づけられて以降、各自治体には「それぞれの特徴を活かした持続的な社会の形成」という大命題が課せられている。問われているのは、独自性のある政策をいかに打ち出すか。そのため、近年は政策立案力の磨き込みに力を入れる自治…

「書かない窓口」はナビゲーションシステムで実現させる【船橋市の取組事例】

自治体の窓口業務は、総務省の方針により「住民の利便性向上につながる業務の効率化」が求められている。そのような状況下、船橋市(千葉県)は「接遇日本一」を目標に掲げ、平成25年に1階フロアの窓口改善を始めとする業務改革に取り組んできた。そのなかで…

1gの誤差もない正確な郵便物集計で、厳格化する料金の適正収納に対応

新潟県加茂市の取り組み 郵便関連業務の効率化① 1gの誤差もない正確な郵便物集計で、厳格化する料金の適正収納に対応 加茂市 総務課総括係・防災係 主事 選挙管理委員会書記 有本 隆輔 [提供] ピツニーボウズジャパン株式会社 ※下記は自治体通信 Vol.24(2020…

職員と住民を結ぶ「Webフォーム」が、自治体業務に革新をもたらす

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

日々発生する郵便物の集計業務を「わずか数秒の作業」へ負担軽減

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

印刷コストを可視化するシステムで、根拠にもとづいた適正利用が可能に

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

人物重視の採用試験で要件に合った人材を採用【自治体(守口市・越前市)の取組事例】

自治体の採用試験において「人物重視」の風潮が高まるなか、いち早く採用試験の改革に乗り出し、求める人材を採用している自治体がある。それが「教養試験の廃止」「年4回の通年採用」を実施する守口市と越前市だ。両市の担当、佐藤氏と山北氏に試験の詳細を…

徹底した労務管理で職員の意識を変えれば、時間外勤務は大幅に抑制できる

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

【善通寺市】公務員に人事評価システムを導入し職員の能力を活かす(人事評価導入の事例)

地方公務員法の改正によって人事評価制度の導入が義務づけられ、業績・能力評価を給与や任用の基礎とする制度運用が本格化している。そうしたなか評価作業の効率化のみならず、職員の能力開発も視野に入れ、人事評価を導入する自治体が増えている。そのひと…

【愛知県一宮市】印刷プリント状況の可視化でエコ化を推進(印刷環境最適化の事例)

ITインフラ整備に積極的な自治体が多いなか、印刷環境の整備は後手になっているケースが少なくない。そのままにすればコストのムダにつながるばかりか、情報漏えいにも直結しかねない。一宮市では印刷環境を可視化するシステムを評価導入した。同市の担当者…

郵便物の集計作業を自動化し、誤処理の発生リスクを低減できた

さまざまな情報や通知を住民に発信しなければならない自治体において、郵便物の集計や発送は、作業に正確さとスピードが求められる、負担の大きな日常業務だ。東村山市(東京都)では、郵便物の集計業務において自動化を進め、日々、職員にかかる業務負担を軽…

正確な封入・封かん作業を実現し住民からの信頼向上につなげる

自治体ではさまざまな部署で、住民に発送する文書を日々取り扱っている。特に、誤封入が許されない個人情報の取り扱いに神経を尖らせている職員は多い。高島市(滋賀県)では、郵便物の封入・封かん作業を自動化することで、作業の正確性向上を実現した。自動…

実証実験で見えた「自治体×RPA」の未来【事例概要を追記】

総務省が平成30年度に初めて自治体へのRPA(Robotic Process Automation)導入支援を予算化した。実際、この1~2年、全庁導入を前提としたRPAの実証実験を行う自治体が急増している。各地で行われている実証実験事例の内容や背景、RPAがもたらす“自治体の未…

自治体の環境負荷を劇的に低減する「オフィス製紙機」という新提案

かつては製糸業の中心として、現在は精密機械工業の集積地として、つねに時代の先端技術発信の舞台となってきた諏訪市(長野県)。いま、この地で生み出された画期的な技術を活用し、諏訪市役所では庁内での再生紙生産という異色の環境貢献活動を展開し始めて…

簡単かつ確実な防犯システムで ご当地イベントを成功に導く

東京都品川区 の取り組み 自治体の事業継続性 “サイバー攻撃対策”の実証実験で検証最新技術で守る自治体の事業継続性 情報推進課長 仁平 悟 情報セキュリティ担当主査 吉田 義信 [提供] 日本電気株式会社 ※情報処理推進機構の発表によれば昨年に届け出があっ…

【静岡県藤枝市】自治体法務検定の導入で得た3つの成果(職員人材育成の事例)

人材の育成と活用を積極的に行っている藤枝市役所。平成22年から自治体法務にかんする検定を職員に対して実施している。人材育成と活用のためにどのような施策を行っているのか。さらに法務検定は行政にどのような効果をもたらしているのか。総務部の担当者…