全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

税務・収納

煩雑な郵便物の集計は機械に任せ、「1日1回の短時間作業」に

日々さまざまな通知を住民に届ける自治体にとって、郵便物の発送は欠かせない日常業務となっている。なかでも、郵便物の集計作業は毎日断続的に発生し、職員の負担となりがちだ。こうしたなか、伊達市(福島県)ではこの作業を機械で自動化し、職員がコア業務…

Web完結型の口座振替サービスが収納率を上げる切り札になる

公金収納業務において、収納率を上げることは、自治体にとって重要な責務だ。住民がムリなく納付できるよう、各自治体がさまざまな対策を練っているなか、熊本市(熊本県)は、Web完結型の口座振替サービスを導入し、収納率向上に努めている。そこで、同市国保…

正確な封入・封かん作業を実現し住民からの信頼向上につなげる

自治体ではさまざまな部署で、住民に発送する文書を日々取り扱っている。特に、誤封入が許されない個人情報の取り扱いに神経を尖らせている職員は多い。高島市(滋賀県)では、郵便物の封入・封かん作業を自動化することで、作業の正確性向上を実現した。自動…

地域事業者のチカラを借りてふるさと納税を一緒に盛り上げる

特産品を通じて地域の魅力を伝える場に、ふるさと納税を活用する自治体は増えている。そのため返礼品の数を増やそうと、協力事業者の開拓に取り組んでいるが、成果を出している自治体はそれほど多くない。そんななか、富津市(千葉県)は、魅力ある返礼品を提…

国が推す教育現場の負担軽減策、学校給食費の「公会計化」を促進せよ

昨今、社会問題化する教員の業務負担増大。これを受け、国はこれまで学校現場の管掌とされることの多かった学校給食費の徴収・管理業務を自治体へ移管し、その歳入と歳出を管理する「公会計化」を進めている。そうしたなか、文部科学省では公会計化の推進状…

7万件超の10万円給付を支えた、AI-OCRとRPAによる自動入力

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

RPAの導入を契機に行政の未来を担う人材を育てる【自治体(南砺市)の取組事例】

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

自治体×RPAの効果を最大化させるのは「導入後」を見据えた運用計画【自治体(別府市)の取組事例】

別府市(大分県)は、従来の実証実験で浮き彫りになったRPA導入への課題を踏まえ、特徴ある試行を実践している。行政実務における積極的なIT活用を推進してきた同市では、その経験からRPAの本格導入には欠かせない運用の手法を検証したという。ここでは、市長…

自治体サービスは一歩進んだRPAの実践的活用で革新する【自治体(多摩市)の取組事例】

業務改革の必要性が高まる行政の現場で昨今、RPAの導入を見据えた実証実験が相次いでいる。実証実験からは、次々と驚異的な時間削減効果が報告される一方、課題も見つかっている。最近ではそうした課題を踏まえ、より実践的な活用シーンを想定した実証実験を…

LGWAN対応のAI-OCRとRPAを併用し、入力業務の大幅な効率化を実現

職員減少が進む自治体業務において、いかに効率化を行っていくかが求められている。さらに新型コロナウイルスの感染拡大を契機とした、ニューノーマルな働き方の観点からも見逃せない課題に。そんななか、久慈市(岩手県)では、ICTを活用した業務効率化を図る…

ふるさと納税の配送出荷をシステムで出荷管理を一元化しムダなく、待たせず、返礼品を配送【国東市の取組事例】

平成29年度に全国の自治体が受け取ったふるさと納税の寄附額は3,653億円。5年連続で過去最高を更新した。自治体にとっては、財源確保のほか地域活性化の効果も期待できるふるさと納税だが、寄附者が増えるだけ、返礼品の出荷管理は負担となる。そんななか、…

日々発生する郵便物の集計業務を「わずか数秒の作業」へ負担軽減

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

【焼津市】ふるさと納税の事務作業時間を約4割減らした方法(ワンストップ特例制度の業務軽減事例)

ふるさと納税による寄附者は増加傾向にある一方、自治体では予測できない申請の処理や、やむをえない残業など、事務処理が煩雑化している。そんな中、焼津市はマイナンバーの取り扱いを含むふるさと納税に関する業務の一部を民間へ委託。同市担当にそうした…

【泉佐野市】ふるさと納税の成功のカギとは?(ふるさと納税促進の事例)

近年、認知が広まってきた「ふるさと納税」を貴重な財源として位置づけ、寄附獲得に向けて多くの自治体が知恵をしぼっている。そうしたなか全国トップクラスの寄附額を獲得しているのが泉佐野市。同市でふるさと納税を担当する政策推進課の担当者に取り組み…

【近江八幡市、鳥取市、東串良町】ふるさと納税の促進(集客サービス導入事例)

ふるさと納税の集客サービスを導入した3つの自治体の声を紹介します

最新の技術開発成果がもたらした 生活習慣病対策の新局面

医療の進歩とともに、平均寿命は今後もさらに延びることが予想されている。これにともなう医療費や社会保障費の増大を念頭に、政府が政策目標に掲げているのが、「健康寿命の延伸」だ。自治体レベルでも有効な施策が求められているなか、滋賀県ではいち早く…

ポータルサイトを駆使して制度に適した新たな企画を練る

今年の4月、総務省は「ふるさと納税の返礼品の価格を寄附額の3割まで抑えるよう要請する」と通知した。制度は流動的になっているが、ふるさと納税に対する取り組みは、自治体の重要な施策であることに変わりはない。今回は、全国でもトップクラスの寄附金額…

特産品をそのまま届けるのではなく「飲食店で提供」という発想

近年、積極的にふるさと納税に取り組む自治体は増えており、地域ならではの特色ある返礼品を用意したり、複数のポータルサイトを活用するなど多様なPR活動を行っている。そのようななか、明和町(三重県)はポータルサイトの新サービスの導入を開始した。担当…

「給報」「領収印」の読取精度に 革新起こす先進OCR技術の真価

給与支払報告書にマイナンバーの記入が必要になるなど、自治体のデータ化業務の負担が増している。そうしたなかOCR機「TOMシリーズ」を提供しているジェイ エスキューブが最新ハイエンドモデルをリリース。自治体職員を悩ませていた領収印の読取機能も強化し…

新たな寄附者の掘り起こしで「ふるさと納税」を地方創生にフル活用

最近、注目を集めているふるさと納税。全国から寄附金の支援を得られるだけでなく、特産品の売上向上やPRにもつながるため、各自治体は返礼品の充実を図るなど積極的に事業を推し進めている。小城市は早くからふるさと納税に注力しており、新しいカタチのPR…

【堺市】ユニバーサルデザインによる帳票改善で住民からの問合わせが2割減少(帳票改善の事例)

ユニバーサルデザイン(以下、UD)を導入し公共施設のバリアフリーや案内板の整備に取り組む自治体は多い。平成18年からUD推進を目標に掲げる堺市は納税通知書に代表される住民への通知書にもUDの視点で改良し成果をあげている。同市の関係者に導入の目的と…