全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

宮崎県都城市

デジタルの力で課題解決、マイナカード普及率日本一・都城市の公共施設管理とは 〜公共施設管理のデジタル化に関する実証実験を実施、その目的と効果~

<インタビュイー>都城市総合政策部デジタル統括課 副主幹 / 総務省 地域情報化アドバイザー 佐藤 泰格様(写真右) 同課主査 牧田 貴大様(左) マイナンバーカードの普及率が2022年8月時点で市区別全国1位*の都城市。10月にはデジタル庁より「good digita…

足元の施策でEBPMを積み重ね、全庁的なデータリテラシーを向上へ

宮崎県都城市の取り組み データを利活用した施策推進 足元の施策でEBPMを積み重ね、全庁的なデータリテラシーを向上へ 都城市総合政策部デジタル統括課 副主幹 佐藤 泰格 [提供] Gcomホールディングス株式会社 ※下記は自治体通信 Vol.42(2022年9月号)から…

住民の命を預かる避難所運営にこそ、デジタル変革が必要

災害発生時に住民の命を預かる避難所の運営は、自治体のもっとも重要な役割の一つだ。一方で、混乱のさなかでの運営には解決すべき課題も多く、コロナ禍の到来で、自治体だけでなく住民への負担も増している。そうしたなか、都城市(宮崎県)では、デジタル技…

都城市LINE公式アカウント、2021年度グッドデザイン賞受賞

~ 市民・関係人口と行政とのコミュニケーション活性化にLINEをフル活用 ~ 宮崎県都城市(市長:池田宜永)とtranscosmos online communications株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:貝塚 洋)は、「都城市LINE公式アカウント」を2021年度グッド…

市民・関係人口向けにLINEをフル活用|宮崎県都城市様

都城市ではLINEを、市民や市外に居住する関係人口とコミュケーションを深めるプラットフォームとしてフル活用しています。 セグメント配信やチャットボットなどを活用して市政情報の効果的な配信を実現するだけではなく、LINEを活用した市民通報を導入するこ…

庶務事務のシステム導入から始める、デジタル化推進のススメ

令和元年8月に「都城デジタル化推進」を宣言し、全国に先駆けて行政のデジタル化に取り組んできた都城市(宮崎県)。民間企業をメインに庶務事務のデジタル化を支援しているDONUTSは、同市に賛同し、都城市に「企業版ふるさと納税」を活用したDX支援を行うこと…

LINEを使った問い合わせ対応で、電話の「行き違い」問題を解消できた

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

電子契約・電子見積書システムの実証実験を開始します!

2020/09/29電子契約・電子見積書システムの実証実験を開始します!市では、株式会社インフォマートが提供するクラウドサービス『BtoBプラットフォーム』を活用し、見積・契約について実証事業を実施し、業務プロセスの効率化とデジタル化の有効性を検証し…