全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

【鹿児島県薩摩川内市が登壇!】クラウド活用を見据えたNutanix(HCI)の採用〜全庁システム仮想化への取り組み、開かれた仮想化の扉〜

f:id:n-tanuma:20210819120056p:plain

ご好評頂いている事例から学ぶシリーズの第3弾は、自治体DXを市長自ら推奨している鹿児島県薩摩川内市様にご登壇頂きます。薩摩川内市様は平成22年からいち早く仮想環境を導入し、働き方改革やDXを通じて組織風土の変革や社員の意識改革にも積極的に取り組まれています。

このウェビナーでは、仮想基盤の導入背景から現在のシステム概要や運用、さらには将来のクラウド利用を見据えた今後の展望について、また今年は九州地方で大雨などの災害が多く発生しましたが、薩摩川内市様が実施されているDR対策についても詳しくお話いただきます。

■開催概要

開催日時:2021年9月17日(金) 14:00-15:00
開催形態:オンライン(参加費無料)
対象:ITシステム担当者様、システム導入を支援するパートナー様

登壇者
・鹿児島県 薩摩川内市
企画政策部 情報政策課 行政情報グループ グループ長 井ノ下 真一様

・鹿児島県 薩摩川内市
企画政策部 情報政策課 行政情報グループ 知識 隼紀様

・ニュータニックス・ジャパン合同会社
公共・広域営業本部 公共・広域営業部九州・沖縄営業部 畑田 健一

・ニュータニックス・ジャパン合同会社
ソリューションエンジニアリング事業本部 西日本SE本部
シニアソリューションエンジニア 内屋敷 幸嵩

モデレーター:株式会社 インプレス 編集主幹 田口 潤様

*アジェンダは予告なしに変更になる場合がございます。予めご了承ください。