全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

「景観」という資源を存分に活かし、地域の魅力を発掘・発信

佐賀県の取り組み

映像を使った観光客誘致策

「景観」という資源を存分に活かし、地域の魅力を発掘・発信

佐賀県 観光課 田島 祥嗣
[提供] ENEOS株式会社

※下記は自治体通信 Vol.29(2021年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


地方創生の柱として、地域への観光客誘致は各自治体にとって長く課題となってきた。移動や外出が制限されるコロナ禍であっても、経済・社会活動を支えるうえで、地域活性化はむしろより一層重要になっている。そうしたなか、佐賀県では、県庁舎を舞台に地域の魅力を発信する「アート県庁プロジェクト」という独自のイベントを開催し、大きな集客効果をあげている。担当の田島氏に、取り組みの詳細を聞いた。

佐賀県データ
人口:80万7,712人(令和3年2月1日現在) 世帯数:31万6,513世帯(令和3年2月1日現在) 予算規模:7,459億1,500万円(令和3年度当初案) 面積:2,440.69km² 概要:九州の北西部に位置し、東は福岡県、西は長崎県に接し、北は玄界灘、南は有明海に面している。東京まで直線距離で約900km、大阪まで約500kmであるのに対し、朝鮮半島までは約200km足らずと近接しており、大陸文化の窓口として歴史的、文化的に重要な役割を果たしてきた。
佐賀県
観光課
田島 祥嗣たじま しょうじ

いかに夜間に楽しめる、コンテンツを強化するか

―「アート県庁プロジェクト」を企画した背景を教えてください。

 当県が観光施策を推進するなかで、課題に感じていたのが、「いかに夜間に楽しめるコンテンツを強化するか」でした。県内での消費を増やしてもらうためには、地域での滞在時間を延ばし、地域を回遊してくれる観光客を増やす必要があります。当県の場合、佐賀城公園に隣接する県庁舎が地域のランドマークとなっており、展望ホールからの景観が一部で評判になっていました。そこで、この資源を活かし、夜間でも佐賀の魅力を発信できる方法はないかと考えたのです。平成28年のことでした。

―具体的に、どのような検討を行ったのでしょう。

 「展望ホールからの夜景」という、ここでしか見ることができない資源を活かしながら地域の魅力を高める方法を募集したところ、ネイキッドから、窓ガラスに投影したプロジェクションマッピングと夜景を融合した「夜景体感イベント」を提案されました。プロジェクションマッピングのスクリーンには、ENEOSが開発した『カレイドスクリーン』というフィルムを使用。これはガラスとほぼ同じ光透過率を誇るもので、窓ガラスに貼りつけても透明性が維持され、昼夜を問わず、景観の魅力を損なうことはありません。

 プロジェクションマッピングであれば、時々にテーマを設定して、コンテンツを定期的に変更することができ、長く設備を有効活用できます。当時は、東京駅でのイベントが大きな話題になったこともあり、当県でも「アート県庁プロジェクト」と銘打ち、イベントの立ち上げを決めたのです。


5年間で18万人の来場者、周辺への回遊も増加

―効果はいかがでしたか。

 期待以上の集客効果があり、イベントの来場者数は年間約4万人、この5年間で18万人を数えています。県庁という施設は、一般の住民にとっては普段足を運ぶところではありませんから、夜の来庁者数はせいぜい年間1万人程度でした。なかには、本イベントを目的とした県外からの観光客もおり、周辺地域の振興にも貢献しています。

 平成30年度までの3年間は無料の常設展というカタチでイベントを開催してきました。しかし、持続可能な方法を考えるなかで、県の事業費を投入しなくても維持していける形式を模索。地域色を活かした魅力あるコンテンツを企画し、平成31年度からは有料化に挑戦しましたが、それでも半年で2万人ほどと予想を上回る来場者を獲得できています。

―今後の計画を教えてください。

 資源を活かした誘客としては、一定以上の成果を得られたと考えています。課題だったナイトエコノミーの強化にもつながりましたし、「佐賀の魅力を再発見できた」という声も寄せられています。今後は、来場者の4割程度と見られる周辺地域への回遊を促し、地域経済への波及効果をさらに高めるプロジェクションマッピングの新たな活用法を検討していきます。


支援企業の視点

プロジェクションマッピングなら、地域独自の多様な映像表現が可能

株式会社ネイキッド プロデュース部・プロデューサー 田中 日奈子

株式会社ネイキッド
プロデュース部・ プロデューサー
田中 日奈子たなか ひなこ

―観光促進に際し、自治体にはどのような課題がありますか。

 いかに独自性のある魅力を発信するかに、課題を感じている自治体が多いですね。その意味では、景観という「そこにしかない資源」を活かした佐賀県の事例は、参考になると思います。プロジェクションマッピングはもともと、建物の立体的な形状を利用して映像を投影する技術ですが、『カレイドスクリーン』によってその応用範囲はいま、大きく広がっています。

―製品の特徴はなんですか。

 『カレイドスクリーン』は、光の透過率を90%程度まで上げることで、窓ガラスに貼った場合でも昼間は外の景観を支障なく楽しむことができます。設置に際しては、窓に直接貼付するだけで、特殊な施工は必要ありません。フィルムの両面を活用できますので、会場の真ん中に設置すれば、映像が空間に浮いているような演出も可能です。こうした特徴から広く採用が進んでおり、香川県庁や堺市役所などでも活用されています。

―今後、自治体をどのように支援していきますか。

 プロジェクションマッピングの強みは、地域や季節に合わせて多様なコンテンツを表現できるところです。当社では、シビックプライドを向上させるような魅力あるコンテンツづくりの支援で高い評価をいただいています。たとえば、夜の商店街の壁面や飲食店の透明な仕切り板などに映像を投影するなど、観光体験に新たな付加価値をつける方法も考えられます。映像を通じて地域の魅力を発信したいみなさんは、ぜひお問い合わせください。

田中 日奈子 (たなか ひなこ) プロフィール
平成6年、千葉県生まれ。平成29年4月に株式会社ネイキッドに入社。広報部を経て、平成31年4月より現職。花の体験型アート展 「FLOWERS BY NAKED」や「佐賀県×ネイキッド『星空の庭園』」、「弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉」のプロデュースを担当。
ENEOS株式会社
設立 明治21年5月
資本金 300億円
売上高 10兆117億7,400万円(連結:令和2年3月期)
従業員数 4万983人(連結:令和2年3月末現在)
事業内容 石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油など)の精製および販売、ガス・石炭の輸入および販売、石油化学製品等の製造および販売、電気・水素の供給
URL https://www.eneos.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-6456-5282 (『カレイドスクリーン』担当:河野、平日9:00〜17:00)
お問い合わせURL https://ssl.eneos.co.jp/noe/product/input
この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする