全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

民間企業

記憶媒体のデータ流出対策

情報漏えいを防ぐ出口対策のカギは「磁気消去」と「物理破壊」の2段構えがベスト

アドバンスデザイン株式会社 データプロテクション事業部 企画広報室 西本 有佑
[提供] アドバンスデザイン株式会社

※下記は自治体通信 Vol.23(2020年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


大量の個人情報を扱う自治体にとって、データ流出はあってはならない事態だ。さまざまな対策が講じられているものの、データ流出の“事故”は後を絶たない。そうしたなか、「記憶媒体を廃棄する際の事故防止で重要なことは、確実な方法にもとづいたデータ消去です」と指摘するのは、データ復旧・消去に特化したサービスを手がける、アドバンスデザインの西本氏だ。同氏に、詳細を聞いた。

アドバンスデザイン株式会社
データプロテクション事業部 企画広報室
西本 有佑にしもと ゆうすけ

データを確実に抹消する、3つの方法

―データ消去のプロとして、相次ぐ事故をどうみていますか。

 データを保有する側としての自覚が少し薄いというのが、正直な印象です。特にHDDといった記憶媒体を廃棄する場合、データを外に出す以上、事前に記憶媒体からデータを完全に抹消することは責務。業者への丸投げは問題外ですが、たとえば「初期化」やパソコン上で「ゴミ箱に捨てる」という作業でも抹消したことになりません。書籍で言えば、目次の部分を消去しただけ。その状態で廃棄すれば、悪意のある人の手により、データが復旧されかねないのです。

―どうすればデータを適切に抹消できるでしょう。

 世界的なスタンダードとして、考えられる手法は3つ。「物理破壊機による破壊」「データ消去ソフトによる消去」「磁気データ消去装置による消去」です。記憶媒体を手放す前には、いずれかを使って、データを確実に抹消する。それが、データを廃棄する際の正しい対処法ですが、それぞれに特徴があり、目的や情報の重要度などによって使い分けることで、効果的なデータの抹消が可能になります。

―手法の違いを教えてください。

 まず、「物理破壊機による破壊」。処理にはさほど時間がかからないのですが、破壊の程度によってはデータが抜き取られるリスクを残します。次に、「データ消去ソフトによる消去」。こちらは、データの上書きで確実に消去できるのですが、たとえば1TBを処理するのに約200分を要します。職員にかかる負担を考えると、あまり現実的とは言えないでしょう。

―「磁気データ消去装置による消去」はどうですか。

 確実かつ一瞬で消去でき、時間的コストも考えるといちばんおススメと言えます。ただし、記憶媒体がSSDの場合はデータを消去できません。SSDのデータ消去については、メモリチップを確実に破壊できる仕様をもつ「物理破壊機」を使えば、「データ消去ソフトによる消去」とくらべて、より短時間で確実に処理ができます。

 自治体が使用する記憶媒体の多くは現状HDDのため、「磁気データ消去装置」でほぼカバーできますが、目で見て安心感を得られる「物理破壊機」をSSD用に、かつ磁気データ消去後のHDDに対しても活用するのがベストと言えます。

 それを徹底するために、パソコン調達の際は、「修理返却時のHDDは返却不要」というリース契約を結ぶ自治体もあるほどです。


「自前」での処理が、データ抹消の事故を防ぐ

―最後にデータの出口対策を行う際のポイントを教えてください。

 「自前」でデータを抹消することをおススメしますが、外部に委託する場合は、必ず証明書を発行してもらうことが重要です。総務省が記憶媒体を処理する際の具体的な方法として、「物理的または、磁気的な破壊とともに、立ち会いなどによる確実な履行を担保すること」と各自治体に通知するなど、より厳格化がなされていますから。

 ただ現状としては、自前でデータ消去する自治体が増えつつあります。もはや、データ消去は「人任せ」では立ち行かないという流れになっているのです。

 当社は、磁気データ消去装置については、アジア初の米国国家安全保障局(NSA)評価認定モデルを扱っており、また、物理破壊機の取り扱いもあります。データの処理に特化した当社には、復旧・消去に関する豊富な知見がありますので、ぜひお問い合わせください。

西本 有佑 (にしもと ゆうすけ) プロフィール
昭和59年、北海道生まれ。平成21年に早稲田大学を卒業後、アドバンスデザイン株式会社に入社。おもに営業企画、広報宣伝などに携わる。
アドバンスデザイン株式会社
設立平成7年6月
資本金3億6,460万円
資本株式会社メルコホールディングス100%出資
事業内容データリカバリーサービス、データ消去製品製造販売、データ消去サービス、データ変換サービス、デジタルフォレンジック製品販売
URLhttps://www.a-d.co.jp/
お問い合わせ電話番号 0120-290-459(平日9:00〜17:30)
お問い合わせメールアドレスnishimoto@a-d.co.jp

2020/05/01
記憶媒体のデータ流出対策
(1) ADC_総合カタログ
(2) DataSweeper総合カタログ
(3) MagWiper総合カタログ
(4) MagWiper販促チラシ
(5) 手動式StorageCrusherカタログ
(6) 電動式StorageCrusherカタログ
組織の生命線である重要データの取扱いを考慮し、メディア廃棄時・返却時における情報漏洩を完全にシャットアウトします。お客様の機密情報を軍事レベルで完全に消去します。​
支援企業 アドバンスデザイン株式会社
無料トライアル:-
無料プラン:-
-円/月~

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
pagetop