自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. 事例ライブラリー
  3. 【小国町、伊達市、練馬区等の事例掲載】事例ライブラリー第11弾「「食」を通じた地域活性化特集」の提供開始!
小国町(山形県)/伊達市(福島県)/練馬区(東京都)等の取り組み
「食」を通じた地域活性化特集

【小国町、伊達市、練馬区等の事例掲載】事例ライブラリー第11弾「「食」を通じた地域活性化特集」の提供開始!

    【小国町、伊達市、練馬区等の事例掲載】事例ライブラリー第11弾「「食」を通じた地域活性化特集」の提供開始!

    ■今回の配信内

     「食」によるまちおこしは、全国各地で盛んに行われています。地元の特産品を「B級グルメ」として紹介したり、オンラインショップやふるさと納税によって幅広く訴求したりするなど、各自治体はさまざまな手法で「食」をPRしてきました。たとえば、宇都宮市(栃木県)が令和4年に実施した※Webアンケートでは、宇都宮市に抱くイメージとして「餃子のまち」が94.7%と傑出して高く、実際に来訪した人の63.1%が「餃子を食べることが目的」だと答えています。こうしたことから、自治体のまちおこしには、「食」が非常に重要であることがわかります。
     国も独自の手法で、地域の「食」を発展させる支援を行っています。たとえば、令和3年度から農林水産省が主体となり、※「地域食品産業連携プロジェクト(LFP)」を推進しています。これは、地域の農林水産物を地域産業のなかで有効活用し、社会的課題解決と経済的利益の両立を目指した持続可能な新しいビジネスを創出する仕組みを構築する取り組みです。実際、令和3年度に26、令和4年度に49の延べ75のビジネスを創出しています。こうした、PRにとどまらない「食」の活用は、地域活性化に不可欠だと言えるでしょう。今回は、過去に『自治体通信』で掲載された「食」を通じた地域活性化に関する記事をピックアップしました。ぜひ今後の施策に活かしてください。

    令和 4 年宇都宮市観光動態調査報告書

    地域食品産業連携プロジェクト(LFP)推進事業

    ■お申込みはこちら

    下記リンクのお申し込みフォームへ必要事項をご記入いただくと資料がダウンロードいただけます。


    ■事例ライブラリーとは

    官民連携事例を数多く有する『自治体通信』が、詳細な課題テーマに即した再編集を行うことで、自治体職員の皆様によりわかりやすく事例をお届けするサービスです。多岐に渡る自治体の業務において、『自治体通信』編集部が分野ごとに厳選したお役立ち情報を定期的にお届けしていきます。

    電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
    自治体通信 事例ライブラリー