自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. イベント
  3. ~施設運営のプロが解説~最新事例から学ぶ 空き家のスマートな利活用12月12日(火)にウェブセミナー開催~
イベント2023.11.29

~施設運営のプロが解説~最新事例から学ぶ 空き家のスマートな利活用12月12日(火)にウェブセミナー開催~

    終了しました
    ~施設運営のプロが解説~最新事例から学ぶ 空き家のスマートな利活用12月12日(火)にウェブセミナー開催~
    このイベントを主催する企業
    株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
    株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム

    全国には約849万件の空き家が存在する(総務省 平成30年住宅・土地統計調査より)と言われており、なかには腐朽・破損が進んだ物件や所有者特定が困難な物件など、全国の自治体(行政)は民間事業者やNPO等が協力して空き家問題へ取り組むことが求められています。一方で、取り組みへの課題はまだまだ多く、対策に頭を悩ませている自治体も少なくありません。

    また、空き家を相続した住民にとっても、物件の有効な活用方法を見出すことができず、扱いに困っている方がいらっしゃいます。

    そこで今回、空き家対策に取り組む自治体職員や、空き家の活用に悩む方、民泊オーナーなどを対象に、「空き家の宿泊施設としての利活用」をテーマとしたセミナーを開催します。実際に施設運営に携わっている方はもちろん、事業構想に取り組んでいる方、宿泊業界の最新動向が気になる方を対象とし、利活用のヒントとなる施設運営のノウハウや事例を一気に公開いたします。ぜひこの機会をお見逃しなく、ご参加ください。

    セミナー講演内容

    ・デジタル田園都市国家構想と地方創生について
    ・株式会社GLOCALが自治体/空き家オーナーに対して提供できること
    ・空き家をリニューアルするうえで押さえておくべきポイント
    ・スマートロック「RemoteLOCK」を活用した施設運営事例
    ・RemoteLOCKの製品ラインナップ・導入の流れ
    ・Q&A 他

    こんな方にオススメです

    ・観光協会やDMO所属で街全体の活性化に興味のある方
    ・小・中規模ホテル・レジャーホテル・旅館・民宿・ペンション・ゲストハウス等の経営者 様
    ・行政(観光課)・DMO・旅館組合・宿泊事業者様
    ・施設の運営委託にご関心のある事業者様
    ・宿泊業界や、空き家活用の最新動向が気になる方 など

    開催概要

    セミナー名

    ~施設運営のプロが解説~
    最新事例から学ぶ 空き家のスマートな利活用

    日程

    2023年12月12日(火)13:30~14:30
    ※職場・ご自宅などご都合のよい環境からご参加ください

    場所

    ウェブセミナー
    ※Web会議ツール「ZOOM」を使ったセミナーです。
    ご質問はチャットで承りますのでマイクのご準備は不要です

    料金

    無料

    定員

    100名

    主催

    株式会社GLOCAL、株式会社構造計画研究所

    弊社のRemoteLOCKシリーズは、室内の開き戸や引き戸をはじめ、建物内のエレベーターや入口にある自動ドアまで、クラウドでアクセスコントロール(入室管理)が一元管理できます。扉への取り付けはもちろん、キーボックスタイプでの活用も可能であり、体育館の入口や学校の校門など、幅広い施設のタイプに導入いただけます。

    公共施設では地方創生や学校開放事業、そして部活動の地域移行促進など、様々な目的でICT機器の積極導入が進められていて、デジタル田園都市国家構想交付金のような補助金制度も充実しつつあります。実証実験からの検討・スモールスタートも可能ですので、ぜひご相談いただければ幸いです。

    お問い合わせ先

    株式会社構造計画研究所
    RemoteLOCK 自治体マーケティング担当
    TEL: 050-1807-1888
    E-mail: remotelock@kke.co.jp 
    ウェブサイト:https://remotelock.kke.co.jp/case/public-facilities/

    <関連リンク>

    ■「まちかぎリモート」と「RemoteLOCK」、豊橋市の地域課題解決プロジェクト「Urban Innovation TOYOHASHI」に採択
    ■<四国初!>愛媛県大洲市、オンライン施設予約システムとスマートロックの活用に関する実証実験を開始
    ■【部活動の地域移行】体育施設や校門に必要なセキュリティ対策は?
    ■学校の“門”を安全に使いやすく。門扉向け入退室管理システム「TOBIRA」のご紹介
    ■ これからの公共施設運営の“カギ”はスマートロック。全国に広がる導入事例を一挙に紹介
    ■【2023年度自治体向け実証実験モニター募集】無償で施設管理のスマート化を実現できる、まちかぎリモート&RemoteLOCK

    過去のセミナーの様子

    ■目指せスマート運営!学校開放におけるICT化のポイント
    ■デジタル田園都市国家構想応援団賀詞交換会での製品紹介の様子

    株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
    設立1959年5月6日
    資本金10億1000万円
    代表者名代表執行役会長 服部 正太、代表執行役社長 渡邊 太門
    本社所在地

    〒164-0012
    東京都中野区本町4丁目38番13号 日本ホルスタイン会館内

    事業内容

    構造計画研究所は、建物の構造設計業務から、構築物を取り巻く自然現象の解析やシミュレーション業務、情報通信分野でのソフトウェア開発、製造分野へのCAD/CAEのソフトウェア販売やカスタマイズ、そして人間の意思決定支援分野でのコンサルティングなどを提供しております。「大学、研究機関と実業界をブリッジする Professional Design & Engineering Firm」を標榜する当社は、今後も工学知をベースにした有用な技術を活用し、社会の諸問題の解決に挑むことで、より賢慮に満ちた未来社会を創造してまいります。

    URLhttps://www.kke.co.jp/

    本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

    提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

    電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
    自治体通信 事例ライブラリー