全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

車両保険まではいらない、でも「軽微な事故はカバーしておきたい」時にぴったりな自動車保険とは

f:id:n-tanuma:20220112192401p:plain

自動車保険の中で頻繁に課題となるのが「車両保険」です。車両保険に加入しておくべきなのか、加入しない方が良いのか、頭を悩ます企業は多くいます。車両保険に加入をすると保険料が高い、でも加入をしないと事故発生時の手間が大幅に増えてしまう、というお悩みを抱えている経営者や管理担当者は多いのではないでしょうか。

そんな企業にとっては、SMAサポートが代理店として取り扱うi-SMAS少額短期保険株式会社の「リース車両修理費用保険(以下、「リペア保険」)」がお悩みの解決策になるかもしれません。


車両保険に関するお困りごと

車両保険とは、自身の車両が事故によって損傷した際に補償される保険のことです。 万が一の事故に備えて車両保険に加入する企業がいる一方、保険料抑制の観点から車両保険の加入を見送る企業も少なくないのが実情です。実際にSMAサポートにおいて、約40%のお客さまが車両保険に加入していません(2020年3月末時点)。

多くの企業が「車両保険に加入すべきかどうか」について悩んでいますが、その大半が「費用対効果」という観点からです。万が一のために加入すべきだとは感じるものの、自然災害や交通事故による全損事故が発生するのは稀でもあることから、「車両保険に加入する必要性までは感じない」という企業が多いのです。

f:id:n-tanuma:20220112192422p:plain

一方で、車両保険に加入していないことにより、事故発生時に急な出費が発生したり、管理担当者の手間が増えたりすることに、お悩みを抱えている企業もいます。

事故発生時の修理費用の平均は15~20万円

SMAサポートが所有する事故データでは、事故発生時の修理費用の平均が「15~20万円」となっています。修理費用が30万円以上かかった事故は全体の約10%、同じく修理費用が50万円以上かかった事故は全体の約5%程度しかないこともデータから分かっています。即ち、事故の大半は以下のような「軽微な事故」によるものなのです。

1.駐車場でのちょっとした事故

軽微な事故の中で最も頻発するのが「駐車場でのちょっとした事故」です。SMAサポートが所有する事故データでも、駐車場における事故が全体の約40%を占めています。(2017年9月時点)

f:id:n-tanuma:20220112192437p:plain

駐車場から出庫しようとした際に柱にこすってしまった、駐車場でバックをしている時にミラーをぶつけてしまった、といったちょっとした事故が発生しています。

また、駐車場での事故の多くが、新入社員などの運転に慣れていないドライバーが運転する際によく起こることが分かっています。つまり、この駐車場事故は「減らそうと思ってもなかなか減らすことが難しい」といった事情もあるのです。

2.飛び石による窓ガラスの損傷

「飛び石による窓ガラスの損傷」が悩みの種となっている企業も少なくはありません。一般的には、前を走る車両のタイヤに踏まれた石が跳ね上がったり、タイヤの溝に挟まっていた石が外れたりして、飛来することが主な原因と言われています。

その為、高速道路を走行するシーンで頻繁に発生するほか、砂利道など道路の舗装が不十分な道で起こってしまうケースも多いのです。

f:id:n-tanuma:20220112192454p:plain

また、飛び石の特徴は「いくら注意をして運転していても避けられないことが多い」ということです。高速道路や国道、舗装がされていない道を頻繁に走行する企業にとっては、自社の努力だけではどうにもならない側面もあります。

軽微な事故をピンポイントでカバーできるリペア保険

上述した軽微な事故は「避けようとしてもなかなか避けられない」という悩みがつきまとうため、軽微な事故だけでも自動車保険でリスクヘッジをしておきたいと考える企業は多くいます。このように「車両保険までは必要ないけど、軽微な事故はカバーしておきたい」というニーズをお持ちのお客さまには「リペア保険」がオススメです。

リペア保険とは、i-SMAS少額短期保険株式会社が提供する事故で発生した「車両の修理費用」を補償するリース車両を対象とした自動車保険です。リペア保険の最大の特徴とも言えるのが「保険金額を柔軟に設定できること」です。

f:id:n-tanuma:20220112192510p:plain

例えば、車両価格が200万円の新車をリースした場合、一般の車両保険ではこの車両価格に応じて保険金額が200万円前後で設定されることになりますが、リペア保険では車両価格に関係なく、「必要だと思われる金額(例えば50万円)を設定することが可能」となります。保険金額を最初から下げることによって、保険料も割安となりやすいのです。

駐車場でのちょっとした事故や飛び石による窓ガラスの損傷などの「軽微な事故だけ」を自動車保険でカバーしておきたいお客さまは、リペア保険を検討されては如何でしょうか。

承認番号「6-2021-0002」

 

住友三井オートサービス株式会社
本店所在地 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
設立 1981年(昭和56年)2月
資本金 136億円
売上高 3,061億円(2021年3月期:単体)
従業員数 1,975名(2021年4月1日時点:単体)
事業内容 1. 各種自動車・車両のリース・割賦販売
2. 各種自動車・車両の整備修理、検査、点検に関する業務
3. 中古の自動車・車両の売買
4. 金融業務
5. 上記1~4に関連する一切の業務
URL https://www.smauto.co.jp/index.html