全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

リース車両の自動車保険、高いと思ったことはありませんか?

f:id:n-tanuma:20220112185551p:plain

多くの企業にとってコスト削減は頭を悩ます課題ですが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、近年のコスト削減ニーズは一層高まっています。自動車の使い方が所有から利用へ変化していく今、リース車両の車両台数やリース料の見直しに注力する企業が多い一方、自動車保険については盲点となっている企業が多いようです。

企業によっては、SMAサポートが代理店として取り扱うi-SMAS少額短期保険株式会社のリース車両修理費用保険(以下、「リペア保険」)の導入により、自動車保険の最適化を図ることができるかもしれません。


自動車保険に関わるお困りごと

毎年決まった日に訪れる自動車保険の満期。保険会社や保険代理店から届いた契約更新の案内に目を向けると、保険料が上がって一大事…という経験をされた担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

f:id:n-tanuma:20220112185615p:plain

自社は事故が少ないから大丈夫だと思っていた企業でも、人身事故などの大きな事故によって保険料が跳ね上がり、経営層からの指示で慌てて事故削減活動を開始する企業も多くいらっしゃいます。

しかし、事故削減活動を開始しても直ぐに効果が出ることは稀であり、安全運転の企業文化を醸成するにも時間がかかるのが実情です。中には、保険料を抑制する手段として比較的保険料が高い「車両保険」を外すなど、応急措置を講じる企業も増えています。

お客さまから寄せられるお困りごと

・リース車両の保険料が高いと感じる
・保険料を抑制するために「車両保険」を外したが、事故発生時の対応に手間とコストがかかっている
・事故削減活動に力を入れていたのに、大きな事故が起こったことで保険料が大幅にアップしてしまった

リース車両に車両保険は必要なのか?

f:id:n-tanuma:20220112185640p:plain

車両保険とは、自身の車両が事故によって損傷した際に補償される保険のことです。近年では保険料抑制のためにリース車両に車両保険を外す企業が増えていますが、車両保険を付保しておけば万が一の事故にも備えることができるため安心です。その他にも、車両保険を付保するメリットは幾つかあります。

1.リース車両の原状回復に活用できる

リース車両の所有者はリース会社であるため、企業は「契約満了までに原状回復する」必要があります。仮に事故などによって車が損傷している場合、自社の負担で修理することが求められますが、車両保険に加入をしていれば、これらの修理費用をカバーすることが可能となります。

2.事故発生時にかかる管理業務を大幅に減らすことができる

事故が発生した際には、修理前においては、事故受付や保険会社とのやり取り、修理の見積手配や修理要否の判断、修理工場への入庫段取り、代車手配といった多様な管理業務が発生します。また、修理完了後においても、修理完了確認や請求書の取り纏め、支払処理といった一連の業務が発生します。
車両保険に加入をしていれば、一般的には事故受付と支払処理以外の管理業務を削減することが可能となります。

3.注意しても避けられない事故リスクをカバーできる

運転手がいくら注意をしていた場合でも、事故は起こってしまいます。相手車両からの追突や飛び石による窓ガラスの損傷が良い例です。注意しても避けられない事故は起こってしまう前提で、リスクをカバーしておくことが重要です。

リペア保険の導入による自動車保険の最適化

リペア保険とは、i-SMAS少額短期保険株式会社が提供する事故で発生した「車両の修理費用」を補償するリース車両を対象とした自動車保険です。前述のとおり、車両保険の必要性やメリットは認識している一方、「車両保険の保険料が高い」と感じている企業や「必要最低限のリスクだけをカバーしたい」と考える企業にとっては、次のようなメリットがあります。

1.車両の修理補償を切り離すことで、コストアップのリスク分散ができる
f:id:n-tanuma:20220112185658p:plain

リペア保険を導入すると、「対人賠償や対物賠償、人身傷害といった補償と、車両の修理費用を補償するリペア保険とを分離することが可能」です。これにより、例えば人身事故を起こしてしまった場合でも、リペア保険の保険料には一切影響を与えずに済むため、「コストアップのリスク分散」となります。

2.保険金額を柔軟に設定することができる
f:id:n-tanuma:20220112185715p:plain

リペア保険では、想定される事故リスクに応じて保険金額を設定することが可能です。例えば、新車で200万円の車であったとしても、保険金額は必要最低限の50万円といった形で、「お客さまが必要と考える保険金額を設定」し、補償する限度額を少額にすることで割安な保険料を引き出しやすくなります。

記事の中でご紹介しております「リペア保険」にご興味のご興味のある方は、以下より資料をダウンロードいただけます。

承認番号「6-2021-0001」

 

住友三井オートサービス株式会社
本店所在地 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
設立 1981年(昭和56年)2月
資本金 136億円
売上高 3,061億円(2021年3月期:単体)
従業員数 1,975名(2021年4月1日時点:単体)
事業内容 1. 各種自動車・車両のリース・割賦販売
2. 各種自動車・車両の整備修理、検査、点検に関する業務
3. 中古の自動車・車両の売買
4. 金融業務
5. 上記1~4に関連する一切の業務
URL https://www.smauto.co.jp/index.html