全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

TikTok、大阪府阪南市と連携のもとショートムービーを通じた「SDGs未来都市」情報発信プロジェクトを9月16日から開始

ショートムービープラットフォーム「TikTok」は、阪南市と連携のもと、同市が推進するカーボンニュートラルをはじめとするSDGsの取組について、ショートムービーを通じて幅広い世代に関心喚起を行うプロジェクトを開始します。
阪南市が推進するSDGsの重点テーマである「お茶とアマモから始まるカーボンニュートラル!」の発信を目的として、TikTokの映像クリエイターと連携のもと制作したショートムービーを9月16日から公開します。なお、ショートムービー公開は国連が2022年9月16日〜25日に実施する「GLOBAL GOALS WEEK(https://globalgoalsweek.org/ )」に合わせたものです。

1. ショートムービーによる阪南市のSDGs発信テーマ
- 「お茶のある暮らし」をキーワードにした市民の健康づくりを推進
- 遊休農地をお茶畑に転換しグリーンカーボンを推進
- ビーチクリーン等を通じたアマモ場(漁場)再生によるブルーカーボンの推進

2. 配信日時:2022年9月16日より順次公開

3. 起用クリエイター:映像クリエイター「にしじゅん(https://www.tiktok.com/@nishijun.1 )」

4. 配信アカウント:
- TikTok公共政策チーム:https://www.tiktok.com/@tiktokpublicpolicy_jp
- 映像クリエイター「にしじゅん」TikTokアカウント:https://www.tiktok.com/@nishijun.1
※動画はTikTok内のインフィード広告としても配信予定

5. 阪南市におけるSDGsの取り組み
- 阪南市は、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて優れた取組を提案する都市として、2022年5月20日付けで内閣府から「SDGs未来都市」に選定されるとともに、特に先導的な取組である「自治体SDGsモデル事業」にも選定されています。
- 「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」への選定:https://www.city.hannan.lg.jp/kakuka/mirai/promotion/SDGs/SDGs/6559.html
- 同市における農空間や海浜空間といった地域資源を活かし、カーボンニュートラルの取組を通じて様々なCo-ベネフィット(恩恵)を創出することで、関係・交流人口を増やし、消費の拡大につなげる。環境にやさしいまちに集まった人々が、健康でウェルビーイング(持続的幸福感)を感じられる取組を推進し、持続可能で好循環な地域づくりの実現を図っています。

今後も、TikTokは地方自治体等の公的機関と連携のもと、SDGsに関する情報発信を推進してまいります。

【TikTokについて】

TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、トロント、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。http://www.tiktok.com/