全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

大阪府枚方市

「仮想化基盤」の刷新で実現した、全庁規模でのシステム運用改善

いま、多くの自治体でDX推進が喫緊の課題とされるなか、それらを支える情報基盤の安定運用は最重要テーマのひとつとなっている。年々、増加する庁内システム全体の運用負荷への対応はもちろん、災害に備えた業務継続性の観点からも、各自治体には、強靭かつ…

関西初!枚方市が日本子育て支援大賞を受賞

枚方市(市長:伏見 隆)は、日本子育て支援協会が実施する第3回「日本子育て支援大賞2022」の自治体部門で受賞した。関西圏の自治体では初の受賞となった。 詳細はこちら

市庁舎トイレに生理用品を無償配置:枚方市・株式会社ネクイノが連携協定を締結

枚方市(市長:伏見 隆)は株式会社ネクイノ(本社:大阪市北区、代表取締役 石井 健一)と、市庁舎等の女性用トイレで生理用ナプキンを無償配置する実証実験を令和4年6月24日(金曜日)から開始。生理用品の配置は身体的性差への理解促進を図るとともに、…

デザインシンキングで枚方市からイノベーション創出の機会へ 大阪府×枚方市×SAPジャパン株式会社による公民連携事業の推進

令和4年6月8日(水)、9日(木)枚方市役所でSAPジャパン株式会社と枚方市の危機管理対策推進課、人事課が連携し枚方市の防災をテーマにデザインシンキングの研修を実施した。 詳細はこちら

脱炭素推進・SDGs達成等へ連携強化:枚方市・京阪ホールディングス株式会社が包括連携協定を締結

令和4年5月12日(木曜日)、枚方市(市長:伏見 隆)と京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 石丸 昌宏、 以下「京阪HD」)は、脱炭素推進、公共交通機関の利用促進、2025年大阪・関西万博に関連した地域づくりに関すること等…

障がい者が継続して働ける職場を「農園就労」で創出

令和3年3月に障害者雇用促進法が改正され、障がい者の法定雇用率が引き上げられた。それでも、障がい者雇用の受け皿はまだまだ少ないのが現状だ。そうしたなか、枚方市(大阪府)は、「農園就労」をその受け皿にするという事業スキームをもつエスプールプラス…

第1回枚方市公民連携ゼミが開催されました 大阪府・枚方市(令和4年4月21日)

令和4年4月21日(木)枚方市役所で公民連携についての勉強会が行われた。枚方市職員の公民連携の知識の向上を図ることで、枚方市における「公民連携」に係る機運を高め、さらなる政策の推進につなげることを目的に、「勉強会を兼ねた気軽に参加できる話し合…

EBPM・デザイン思考で市民ニーズと課題を探る 枚方市・SAPジャパン株式会社

ICT活用で根拠を明らかに!新たな発想・アイデアで枚方の未来をデザイン! 枚方市(市長:伏見 隆)は、新しい生活様式による新たな価値観やAIの普及など社会状況が大きく変化する中、どのような状況にも対応できる持続可能な行財政運営の確立とまちの魅力向…

〜デジタルキーで生活を安全で快適に〜 枚方市・株式会社ビットキー 公民連携の社会実証でスマートシティ実現へ

枚方市(伏見 隆 市長)は、「スマートシティ化 『コネクト』で推進」をテーマに、株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻 祐樹・福澤 匡規・寳槻 昌則、資本金:12,036,920,300円(令和3年9月30日時点 資本準備金を含む)、以下:ビッ…

事業化に向けて重ねる「対話」が、公民連携に新たなアイデアを生む

複雑化、多様化する社会課題の解決を掲げ、大阪府では公民連携の促進を目的に、一元的な窓口機能「公民戦略連携デスク」を設置している。このような専門部署を設けて公民連携を強化する動きは、府内の各自治体にも広がっている。連載第5回目の今回は、昨年9…

「OSAKA MEIKAN GROWTH DRIVE 2021 feat. 枚方市」 社会課題解決に繋がる全18社の提案を受け 公民連携の加速へ!大阪府・枚方市

(画像)基調講演で「枚方市における公民連携の取り組み」について話す枚方市 伏見 隆 市長(場所:枚方市役所) 2021年6月10日(木曜日)、大阪府及び府内43市町村のオール大阪の公民連携プラットフォームであるOSAKA MEIKAN実行委員会主催(共催:大阪府、…

「ひらかた de オンライン産前産後クラス」 枚方市が江崎グリコ株式会社提供「Co育てPROJECT」と連携

2021/01/08 「ひらかた de オンライン産前産後クラス」 枚方市が江崎グリコ株式会社提供「Co育てPROJECT」と連携 枚方市はコロナ禍でも妊産婦や家族の不安や悩みに寄り添えるようにと「ひらかた de オンライン産前産後クラス」(以下、本講座)と題した、オ…