全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

”お客様を思う自由な発想で住宅設計を考える” 大和ハウス工業株式会社が大阪府立布施工科高等学校で課題研究授業を実施! 大阪府

f:id:s-shinozaki:20211013085625j:plain

2021年10月7日(木曜日)、大阪府と包括連携協定を締結している大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:芳井 敬一 氏、以下「大和ハウス工業」)が、建築に関する学習への支援として、大阪府立布施工科高等学校(所在地:大阪府東大阪市)で高校3年生の課題研究授業を実施。

大和ハウス工業は「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、お客様と共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が心豊かに生きる社会の実現をめざす企業である。

この課題研究は、大和ハウス工業本店の地域共生活動として、立候補した社員が授業計画から講義内容までかかわる「産学連携」の取組み。

1年間継続的に実施を予定し、5月に「考えるための土台作り」を授業テーマとして、自宅の図面を書くことを通して、寸法感覚を持ってもらうことからスタートしている。

この日、4時間目には、「建築探訪課題」を生徒が発表し、社員がフィードバックを行った。また、事前に提出していた自宅の図面作成についてもアドバイスを行う時間も。5・6時間目には社員が建築プラン作成の実演を行い、実際に設計書を作成する際に心掛けていることや細かなテクニックなどを伝え、食いつくように授業を受ける生徒の姿も見られた。