自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. プレスリリース・コラム
  3. AI画像解析とは?画像解析の基礎から活用事例までをわかりやすく解説

AI画像解析とは?画像解析の基礎から活用事例までをわかりやすく解説

    AI画像解析とは?画像解析の基礎から活用事例までをわかりやすく解説
    この記事の配信元
    株式会社インテック
    株式会社インテック

    私たちは「画像解析」を数十年前から生活の中で利用してきました。
    昨今のテクノロジーの進化と共にAI技術を使った「AI画像解析」も利用するようになり、
    自治体の業務にも幅広く活用されています。

    AI画像解析とはどのような技術なのでしょうか。また、最新のAI画像解析はどんなシーンでどのように使われているのでしょうか?

    AI画像解析について-画像解析とAI-

    画像解析は、「画像認識」「画像分析」の2つの機能を持っており、それぞれの機能にAI技術を適用したものがAI画像解析です。

    カメラで撮影した映像から映っている物体の特徴を抽出する機能が「画像認識」です。
    抽出した特徴を解析して、物体が何であるかを分析・判断する機能が「画像分析」です。
    画像認識と画像分析は対で用いられることが多く、2つの機能を併せて「画像解析」と呼んでいます。

    この2つの機能を含んだ「画像解析」にAI技術を取り入れたものがAI画像解析です。もちろんAI を使わない画像解析も健在です。

    AIを使わない画像解析とは

    AI技術を使わない画像解析の有名な事例としてバーコードがあります。
    バーコードリーダーは、取り込む画像中の複数の黒い線が並んだ部分でバーコードの規則に沿っていることを判断すると、その画像の黒い線とその間隔(白い部分)からコード情報を解析して、コードを出力します。このように、ある規則に沿って画像を判断する画像解析が多く使われてきました。

    AI画像解析とは

    AI画像解析では、人が与えた規則に沿った判断をするのではなく、AI自身が判断規則を学習します。
    この学習のことを機械学習と呼び、機械学習の一部とされるディープラーニングは、大量の画像を入力して自動的に特徴量を見つけて識別ができるように学習した上で、写っているものの確率を出します。そのためには、人が学習することと同じように、ニューラルネットワークを使った機械学習を行います。

    ディープラーニングでは、取り込んだ画像の特徴を自動的に把握するので、人がこれまで気づかなかった特徴を見つけることができます。そのため、多くのシーンで利用できると考えられています。
    ただ、ディープラーニングを使ったAI画像解析にも弱点があるようです。

    AI画像解析の活用シーン

    インテックではAI画像解析を含めた画像解析技術全般のさまざまな経験をもっております。ここではその一例をご紹介します。

    関連する商品・サービス

    エリアデータ利活用サービス
    エリアデータ利活用サービスは、IoTによるリアルタイムデータやオープンデータなど様々なサービス・ソリューションと連携し、地域の暮らしに関連するデータを収集・可視化・利活用を促進するデータ連携基盤を中心としたサービスです。

    株式会社インテック
    設立1964年1月11日
    資本金208億3,000万円
    代表者名代表取締役社長 北岡 隆之
    本社所在地

    〒930-8577
    富山県富山市牛島新町5-5

    事業内容

    インテックは、ICT技術の研究・開発からアウトソーシングまでの一貫した「ビジネス領域」をトータルソリューションとして提供します。また、さまざまな分野でICT技術を応用した独自のサービスを提供し、お客さまの事業展開を支えるとともに、豊かな生活とスマートコミュニティ作りを目指しています。

    【ビジネス領域】技術研究、ICTコンサルティング、ソフトウェア開発、システム・インテグレーション、ネットワークサービス、アウトソーシングサービス

    URLhttps://www.intec.co.jp/

    本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

    提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

    電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
    自治体通信 事例ライブラリー