自治体通信ONLINE
  1. HOME
  2. プレスリリース・コラム
  3. オンプレだけどクラウド? リプレースに頭を抱える情シスがたどり着いた「答え」

オンプレだけどクラウド? リプレースに頭を抱える情シスがたどり着いた「答え」

    オンプレだけどクラウド? リプレースに頭を抱える情シスがたどり着いた「答え」
    この記事の配信元
    株式会社 日立製作所
    株式会社 日立製作所

    基幹システムのリプレースが近づき、頭を抱える情報システム部のメンバーたち。
    彼らは何に悩み、どんな答えを出すのか――

    続きは・・・
    ・オンプレミスだけどクラウドのように使える?
    ・リプレース時に膨らみがちな初期投資を大幅削減
    ・システムの稼働率を大きく高められる理由、など

    ぜひ、続きをご覧ください。
    ※当コンテンツはWeb「ビジネス+IT」に掲載された内容を転載しています。

    本コンテンツの対象者

    本コンテンツは以下のような方におすすめです。
    ・自社システムのリプレースが迫っており、最適なITインフラ環境を検討中の方
    ・オンプレミス環境のシステム管理や運用負担を軽減したい方
    ・セキュリティやカスタマイズ性の面でクラウド環境に不安を感じている方
    ・マンガで読みやすくITインフラ環境について知りたい方

    株式会社 日立製作所
    設立1920年2月1日
    資本金4628億1700万円
    代表者名取締役 代表執行役 執行役社長兼CEO 小島 啓二
    本社所在地

    〒100-8280
    東京都千代田区丸の内一丁目6番6号

    事業内容

    日立は、2022年4月に「2024中期経営計画」を新たに策定しました。「デジタル」「グリーン」「イノベーション」の3つを成長の柱として、グローバルで社会イノベーション事業のさらなる進化と成長をめざします。経営の効率化とスピードアップのため、特性の近い事業をまとめ、「デジタルシステム&サービス(DSS)」「グリーンエナジー&モビリティ(GEM)」、「コネクティブインダストリーズ(CI)」の3つのセクターへ組織をシンプル化しました。これらに「オートモティブシステム事業(日立Astemo)」を加えた事業体制で、お客さまとともに社会課題を解決していきます。

    URLhttps://www.hitachi.co.jp/

    本サイトの掲載情報については、企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。

    提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。

    電子印鑑ならGMOサイン 導入自治体数No.1 電子契約で自治体DXを支援します
    ~2月27日まで
    自治体通信 事例ライブラリー