全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
「ケチケチ大作戦」で意識が止まっていませんか?

【自治体通信Online 寄稿記事】ベテラン現役職員が一周回って考えた役所と職員に必要な「経営感覚」諸元 #1(所沢市 財務部長・林 誠)

「ケチケチ大作戦」で意識が止まっていませんか?

地方公務員にも経営感覚が必要―。そう言われるようになって久しからずですが、その定義は甲論乙駁。ある人は公会計のバランスを指し、別の人は業務を実施する際のコスト節減だったり…。そもそも自治体は収益を目的としていないので、民間企業と同じ経営感覚を当てはめるのは難しい、という指摘も。そこで、「地方公務員が身に着けるべき経営感覚」について、所沢市(埼玉)財務部長の林 誠さんに連載してもらうことにしました。大手民間企業での勤務経験があり、「役所にも経営的な発想や企業会計的な考え方も必要」との想いから中小企業診断士の資格も取得した林さんならではの経験や知見に基づいた、地方公務員のための「経営感覚の磨きかた」です。
【目次】
■ 「経営感覚」が求められるのは当然、だけど
■ “経費削減”は経営のほんの一端
■ 「経済知識」を身に着けるべき

「経営感覚」が求められるのは当然、だけど

「役所に経営感覚は必要か?」という問いに対して、「NO」と答える方はあまりおられないのではないでしょうか。

役所には利益を上げるという概念は基本的にはありませんが、限られた収入の中でやりくりしていかなければなりませんし、それを1年こっきりではなく継続していかなければなりませんので、行き当たりばったりで進めていいわけがありません。

ですから、経営感覚が求められるのは当然です。

では、「公務員に経営感覚は必要か?」という問いであればどうでしょう?

これについても「NO」と答える方はあまりおられないと思います。

「公務員だからといって、無駄遣いしていいわけがない」
「公務員にもコスト意識が必要だ」
というわけです。

これも当然のことのようですが、ここで言われているのは「節約」「切り詰め」というニュアンスであり、「経営」と言う言葉の意味とは少し違っている気がします。

そこで改めて「経営」という言葉について調べてみると、「節約」「経費節減」といった趣旨はあまり含まれていないことがわかります。

「経営」という言葉についてググってみると、概ね次の二つの意味に集約されそうです。

ひとつ目は、会社を「経営する」といったときの使われ方です。

意味としては、シンプルに「事業を営むこと」とされていたり、もう少し丁寧に、「一定の目的を達成するために、継続的・計画的に事業を進めること」とされていたりします。

二つ目は、もう少し広い意味を含む場合です。

例えば、先生が学校生活を充実させるために「学級経営」するといったときの使われ方です。意味としては、「工夫をこらして物事を行うこと」といったことになりそうです。

つまり、経営と節約とは違うのです。

“経費削減”は経営のほんの一端

公務員はコスト意識が希薄である、とよく言われます。実際にそうした面はあるでしょうから、改めていく必要があると思います。

しかし、節約することは、経営するという意味ではないことは押さえておきたいところです。

こんなことを言うと、「突き詰めれば『経営』という言葉の意味からは外れるかもしれないけれど、お金を大事にしなければいけないのは確かなのだから、細かいことはいいではないか」という感想を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ここはこだわりたいところです。

というのも「ケチケチ大作戦」を実行することを、経営感覚と勘違いしている人が少なくないように感じるからです。

役所の中だけではなく、役所の外の人もそんな勘違いをされている方が少なくないように思います。

企業経営においては、利益を出すことが大前提とされますので、経費を節減することも要素のひとつになるのは確かですが、それはほんの一部であることは忘れないようにしたいところです。

「消耗品費を何%か削減した」
「出張に行く回数を減らした」
といったことが、成果として報告されることがよくあります。

それ自体は、悪いことではありません。

ただ、そうしたことを行うことだけを「経営感覚」と思い込み、そこで意識が止まってしまうことを心配します。

ケチケチ大作戦と経営は違うものなのです。

「無駄のカット」は当然だが経費削減だけが経営のすべてではない
「無駄のカット」は当然だが経費削減だけが経営のすべてではない

「経済知識」を身に着けるべき

もし私が「公務員に経営感覚は必要か?」と聞かれたら、もちろん「YES」と答えます。

ただし、聞いてきた方に、「経営感覚って、どんなことを想定していますか?」ということは確認したいところです。

私は公務員は経営感覚もさることながら、経済知識を身に着けるべきと考えています。それはなぜなのか、経済知識とはどのようなことなのか、といったことについては、次回書いてみたいと思います。

そしてこの連載全体を通じて、公務員がもつべき経営感覚について私なりの考えをお伝えしていければいいな、と思っています。

(「『経済知識』で政策運営はこんなに変わります」に続く)

自治体通信への取材のご依頼はこちら

林 誠(はやし・まこと)さんのプロフィール

所沢市(埼玉)財務部長

1965年滋賀県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。日本電気株式会社に就職。その後、所沢市役所に入庁。一時埼玉県庁に出向し、現在に至る。
市では、財政部門、商業振興部門、政策企画部門等に所属。役所にも経営的な発想や企業会計的な考え方も必要と中小企業診断士資格を、東京オリンピック・パラリンピックに向けて通訳案内士資格を取得。また、所沢市職員有志の勉強会「所沢市経済どうゆう会」の活動を行う。
著書に「お役所の潰れない会計学」(自由国民社)、「財政課のシゴト」(ぎょうせい)、「イチからわかる!“議会答弁書”作成のコツ」(ぎょうせい)、「9割の公務員が知らない お金の貯め方・増やし方」(学陽書房)「どんな部署でも必ず役立つ 公務員の読み書きそろばん」(学陽書房)。

<ブログ>
「役所内診断士兼案内士のヨモヤ」
https://matoko.blog.ss-blog.jp/

 

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop