全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
地域ケア会議の実践事例(宮城県女川町)【自治体事例の教科書】

2019/12/04

地域ケア会議の実践事例(宮城県女川町)【自治体事例の教科書】

本記事では、地域ケア会議の実践事例として宮城県女川町を取り上げます。


【目次】
■自治体概要(人口、高齢化率、地域包括支援センター設置数等)
■状況と課題
■具体的な取り組み内容
■地域包括ケアを含む「健康福祉」に関する記事とサービス資料一覧リンク

自治体概要(人口、高齢化率、地域包括支援センター設置数等)

宮城県女川町は、宮城県の東部に位置しています。牡鹿半島の基部に位置する自治体で、奥州三大霊場で知られる「霊島 金華山」を中心に「南三陸金華山国定公園地域」に指定されています。

リアス式海岸により良港を形成して、カキやホタテ、ホヤなどの養殖漁業が盛んです。近年は新鮮な魚介類を活用して観光産業を形成していましたが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災により街の中心部も被害を受けました。

女川町の人口は約7,800人、高齢化率は34%になっています。地域包括支援センター設置数は直営で1ヶ所です。(平成25年3月現在)

状況と課題

女川町は近隣の石巻市と中心として東松島市までで形成される石巻圏域に所属。震災の影響により、平地が足りていないことから、住まいと将来についての不安があるだけではなく石巻圏域への転出者が増加しました。

平成25年現在の仮設住宅入居者の7割が高齢者となっている課題もあります。また、津波被害を受けたエリアとそうでないエリアで地域特性が異なり、支援を行う上でも地域ごとに対応が異なる状況になっています。

具体的な取り組み内容

女川町の地域ケア会議の構成は以下の通りです。
・ケア会議(個人レベル)
・エリア会議(日常生活圏域レベル)
・保健医療福祉調整会議(市町村レベル)
・地域支えあい体制づくり事業者会議(市町村レベル)

他にも、「女川町こころとからだと暮らしの相談センター」を設置しています。同センターでは’’こころとからだの専門員’’(保健師、看護師、保育士、介護支援専門員など)と’’くらしの相談員’’(無資格)を配置。仮設住宅集会所や地域の集会所の一室に常駐しています。

同センターはケア会議などとの連携を図り、住民をケアしていきます。それぞれの地域ケア会議の概要は次の通りです。

●個別課題解決を目的としたケア会議
震災後に入所判定を行う個別ケース検討を地域ケア会議で行っていることから継続している。今後も個別課題解決を目的としたケア会議は継続する。現状として、会議の大半を報告時間に費やしているため地域づくりの取り組みは別途実施予定。

●エリア会議と地域支え合い体制づくり事業者会議
前身はこころとからだとくらしの相談センター設置の際に専門員と健康福祉課も参加した意見交換・共有の場「専門会議」。エリア会議は月1回、それぞれのエリアの関係者で情報共有を図る機会となっている。地域支え合い体制づくり事業者会議は専門員と事業者が集まる会議。

●保険医療福祉調整会議
女川町内の保健、医療、福祉の代表者により活動報告や共有・共通課題の解決を検討。各機関の顔の見える関係づくりを目的にしている。今後は保健・医療・福祉の関係者とのスキルアップを目指した検討を行う機能を付け加える。また、事前に検討テーマを設定して開催することを目指す。

女川町は以上の会議を相互に連携させて地域課題の解決に取り組んでいます。

<参照元>
宮城県女川町_第5節「女川町の状況」_(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link3-0-07.pdf)

ソリューション分野

ICTを活用した発達・教育支援システム

サービス名[提供社]

発達・教育支援システム概要
[提供:(株)ワイ・シー・シー]

導入自治体例

日野市(東京都)

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

相談支援専門員の業務効率化

サービス名[提供企業名]

障害者相談支援業務サポートシステム(ミラクルQ)
[提供:(株)エス・エス・エス]

導入自治体例

NPO法人埼玉県相談支援専門員協会

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

円滑な地域コミュニケーション

サービス名[提供企業名]

ワイヤレスマイク付スピーカーセット
[提供:Okayo Japan(株)]

導入自治体例

荒川区社会福祉協議会

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

子育てに特化した商品券の配布

サービス名[提供企業名]

こども商品券
[提供:(株)トイカード]

導入自治体例

中野区(東京都)

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

高齢者安全運転施策

サービス名[提供企業名]

高齢者安全運転施策サービス
[提供:(一社)高齢者安全運転診断センター]

導入自治体例

非公開

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

介護予防の促進

サービス名[提供企業名]

スポーツ施設サービス事業
[提供:ミズノ(株)]

導入自治体例

羽曳野市(大阪府)

ダウンロード

ダウンロード

ソリューション分野

視覚障害者支援

サービス名[提供企業名]

AIを搭載したパーソナルアシスタント『OrCam MyEye2』
[提供:OrCam Technologoes]

導入自治体例

豊島区(東京都)

ダウンロード

ダウンロード

自治体向けサービスカタログ一覧まとめました。
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
pagetop