全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

東日本電信電話株式会社

【2022年最新】「自治体DX推進計画」とは?総務省が示す推進手順書を徹底解説

自治体DX推進計画についてご存知でしょうか?数年前から総務省では自治体DXの推進を進めており、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」や「デジタル田園都市国家構想基本方針等」などの、国が掲げる理念や基本戦略や支援等をDX計画に盛り込むことで、国が…

契約書のデジタル化によって、地元事業者も巻き込んだDXを実現

令和3年1月の地方自治法施行規則改正により、自治体が民間企業と電子契約を締結するハードルが低くなったことを受け、電子契約システムを検討・導入する自治体が増えている。高森町(長野県)もそうした自治体のひとつで、システムの導入により、庁内だけでな…

デジタル専門人材の積極登用で、DX計画策定とツール導入が加速

各自治体がDXに取り組むなか、特に小規模の自治体においては「ICTの知識をもった職員がなかなかいない」と悩むケースは少なくない。そうしたなか、寒河江市(山形県)では、ICTの知識が豊富な人材を外部から登用することで、「デジタル戦略計画」の策定や庁内D…

【事例付き】地方自治体で電子契約の導入が進む理由は?法改正などの背景をわかりやすく解説

電子契約は、従来行っていた紙の契約書ではなくデジタル上で契約を締結できる仕組みです。民間企業での導入はもちろん広まってますが、実は地方自治体でも、法改正をきっかけに電子契約の導入が進んできています。今回は、自治体で電子契約が進んでいる理由…

ICT人材を活用したDX推進で、職員が自走する環境づくりを目指す

各自治体がDXに取り組むなか、ICTツールを導入するだけでなく、民間企業からデジタル専門人材を受け入れ、さらなるICT推進を目指す自治体が増えている。上士幌町(北海道)もそうした自治体のひとつで、ふるさと納税の処理業務をデジタル化する際に、その効果…

【自治体事例3選】マイナンバー対応のAI-OCRとは?安全なアップロードを実現できる理由。

自治体では、多くの紙書類でマイナンバーが記載されております。その紙の枚数と比例し、マイナンバーを基幹システムへの入力作業も依然として残っているのが実態です。入力業務を効率化するための解決策の1つがAI-OCRです。しかし、実はLGWAN-ASPとなってい…

電子契約サービス「クラウドサイン for おまかせ はたラクサポート」がLGWANに対応しました!

自治体さまでは地方自治法施行規則の改正(2021年1月29日)により、多数の自治体さまで電子契約の導入や実証実験が開始されています。 そのなかで、定められた情報セキュリティポリシーやネットワーク安全性の確保の観点から、LGWAN上のセキュアな環境で電子…

【20自治体で実践】自治体BPRを進めて業務改革を進めるメソッド

住民サービスの提供を継続するためには、自治体職員さまの日々こなしている定型業務がかかせないかと思います。 そのような定型業務を効率化していくことで、ひとりひとりの稼働にゆとりを与え、新しい企画の立案や住民の方々へ時間を傾けることが可能になり…

マイナンバー対応AI-OCRとRPAで、効率的で安定した行政業務を実現

デジタル庁の創設を追い風に、各自治体では業務のデジタル化が進められている。その一方で、「どこから取り組んでいいかわからない」という自治体も少なくない。そうしたなか、小美玉市(茨城県)ではAI-OCRとRPAを活用し、紙帳票入力におけるデジタル化に取り…

7万件超の10万円給付を支えた、AI-OCRとRPAによる自動入力

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

LGWAN対応のAI-OCRとRPAを併用し、入力業務の大幅な効率化を実現

職員減少が進む自治体業務において、いかに効率化を行っていくかが求められている。さらに新型コロナウイルスの感染拡大を契機とした、ニューノーマルな働き方の観点からも見逃せない課題に。そんななか、久慈市(岩手県)では、ICTを活用した業務効率化を図る…

LGWAN対応のAI-OCRで、大量の入力業務を自動化

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト