全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

愛知県

公民連携をどこよりも推進し「未来を先取り」し続けるまちに

複雑化、高度化していく一方の行政課題を解決するにあたり、公民連携はもはや不可欠と言える。その公民連携を、複数のアプローチから多面的に進めているのが豊田市(愛知県)だ。同市ではその基盤を活かし、令和2年5月から、新型コロナウイルスとの共存を前提…

集客力のある「図書館」を核に市内中心街を活性化へ導く

全国各地でみられる「中心市街地の空洞化」。平成12年から人口が3万人も増えている安城市(愛知県)ですら、それは例外ではなかった。平成14年には駅前にあった市内最大の病院が撤退したことで、空洞化に拍車がかかる状況に。どうすれば、にぎわいを創出できる…

SDGs×新しい生活様式 ミライのフツーをつくろうプロジェクト ブラックアウト(停電)における在宅避難体験をはじめます

2020/07/21SDGs×新しい生活様式 ミライのフツーをつくろうプロジェクト ブラックアウト(停電)における在宅避難体験をはじめます豊田市は「SDGs×新しい生活様式 ミライのフツーをつくろうプロジェクト」(令和2年5月15日報道発表済)の一環として、とよたエ…

SDGs×新しい生活様式 ミライのフツーをつくろうプロジェクト とよたエコフルタウンがリモートガイドツアーを始めます

2020/05/21SDGs×新しい生活様式 ミライのフツーをつくろうプロジェクト とよたエコフルタウンがリモートガイドツアーを始めます 豊田市は、「SDGs×新しい生活様式 ミライのフツーをつくろうプロジェクト」(令和2年5月15日(金曜日)報道発表済み)の追加事…

農園誘致で障がい者がイキイキと働ける場を広げていく【豊明市の取組事例】

豊明市(愛知県)は昨年、障がい者雇用を目的とした民間運営の農園を誘致した。これは、障がい者雇用を法的に義務づけられているものの、適した職場を提供できない企業と障がい者を「農園就労」でマッチングするもの。この仕組みを提供する民間企業は、6年間で…

印刷コストを削減しながらセキュリティ強化を実現【自治体(常滑市)の取組事例】

自治体の間で情報セキュリティに対する強化策が検討されている。多くの紙に情報が印刷される複合機への対策は、重要テーマのひとつ。そんななか常滑市では複合機の印刷環境を見直すことで「コスト削減」をともなったセキュリティ強化を実現した。担当課に取…

【愛知県一宮市】印刷プリント状況の可視化でエコ化を推進(印刷環境最適化の事例)

ITインフラ整備に積極的な自治体が多いなか、印刷環境の整備は後手になっているケースが少なくない。そのままにすればコストのムダにつながるばかりか、情報漏えいにも直結しかねない。一宮市では印刷環境を可視化するシステムを評価導入した。同市の担当者…

最適な情報伝達手段を見きわめ災害から住民を守る

平成34年11月―。総務省が定めた防災行政無線の新規格への移行期限だ。自然災害が多発し、防災情報伝達の重要性があらためて見直される昨今、この期限を意識しながら、「最適な伝達手段」を模索する自治体が多い。そうしたなか、にわかに注目を集めているシス…

可読性を高めるツール活用で市のさらなる魅力を住民に発信

行政情報を幅広く発信する、自治体の広報紙。近年は、より多くの住民に読んでもらうために、特徴ある紙面構成にする自治体が増えている。豊田市(愛知県)では平成30年4月から、紙面を大幅にリニューアルしたほか、「読みやすい機能」をつけてデジタルブック化…