全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

学校教育・生涯学習

コロナ禍のいまだからこそ、特別授業による生徒の「心のケア」を

コロナ禍が続いており、小中高校の教育環境は大きく変化している。そうしたなか、アルバム制作や特別授業などのアプローチを通じて、子どもの教育支援に取り組んでいる夢ふぉとの榛田氏は、「いまこそ、子どもに対する心のケアが必要です」と強調する。具体…

「保育所淘汰の時代」に、求められる幼児教育支援策とは

少子高齢化が進み、保護者世代の働き方が多様化する昨今、多くの自治体で子育て支援事業の重要性が高まってきた。この間、各自治体では待機児童問題の解消をはじめ、幼児教育の充実に向けた環境整備を進めている。これに対し、この分野における支援を専門に…

まだまだ続く熱中症の危険は、大風量の「移動式エアコン」で防げ

新型コロナウイルスワクチンの接種が全国的に進むなか、自治体関係者によると、接種会場として体育館を活用する際の障壁が「空調の未整備」だという。夏場の熱中症リスクの高まりが背景にあるが、新たな整備には工期や膨大なコストがかかるため、体育館の使…

介護予防事業の改善サイクル、実現の手がかりは「通いの場」にあり

運動や趣味活動を介護予防につなげる「通いの場」の創設や運営支援に、力を入れる自治体は多い。こうしたなか、健康長寿社会づくりを目的に学術研究を行っている日本老年学的評価研究機構(以下、JAGES)の代表・近藤氏は、「通いの場への参加実績をデータとし…

実証実験で検証された、公会計時のクラウドサービス利用効果

前記事で紹介した御宿町では、新たにクラウドサービスを利用することで、公会計化へのスムーズな移行を図った。いま多くの自治体が学校給食費の公会計化に取り組むなか、このようなシステム導入は、現場にどの程度の業務削減効果をもたらすのか。このほど、…

クラウドサービスで徴収を自動化し、学校給食費の公会計化を推進

昨今、学校現場の業務負担増大が深刻化するなか、国は学校給食費の徴収・管理業務を自治体へ移管し、その歳入と歳出を管理する「公会計化」を進めている。一方で、自治体側の業務負担増大も同じく課題とされており、移管が進まない実態もある。そうしたなか…

「エアコン」×「輻射パネル」で、学校体育館は効率よく冷やせる

近年、猛暑日の発生頻度が増加し、高まる一方の熱中症リスク。学校現場では、体育館に空調を整備することで、熱中症対策を強化する動きが広がっている。志木市(埼玉県)もそういった自治体のひとつで、「エアコン」と「輻射パネル」を組み合わせた空調システ…

避難所の役割を担う体育館の空調は「災害に強い」LPガスで整備

東京都東大和市の取り組み 体育館への空調設備導入 避難所の役割を担う体育館の空調は「災害に強い」LPガスで整備 東大和市 都市建設部 建築課長 兼 学校教育部副参事 中橋 健 [提供]日本LPガス協会 ※下記は自治体通信 Vol.31(2021年7月号)から抜粋し、記…

体育館床の老朽化による事故を、コストを抑えつつ未然に防ぐ方法

北海道留萌市/留萌スポーツ協会の取り組み 体育施設の維持管理 体育館床の老朽化による事故を、コストを抑えつつ未然に防ぐ方法 留萌市教育委員会 生涯学習課 生涯学習係 係長 峨家 知広 留萌スポーツ協会 スポーツ課 管理係長 伊藤 知史 [提供]株式会社GRIP…

保護者との連絡手段をデジタル化し、いまこそ学校現場に業務改革を

学校と保護者をむすぶ連絡手段には、メールのほかはいまだに紙や電話がおもに用いられることが多く、紙の印刷・配布や電話対応が教員の負担となっているケースが少なくない。こうした負担を軽減し、多忙な教員が教育活動に充てる時間を捻出することは、自治…

工事不要の「移動式エアコン」で、体育館の機動的な熱中症対策を

夏季に記録的な猛暑日が続発する近年、熱中症対策として小中学校における体育館への空調設備の設置が求められている自治体は多い。こうしたなか、空調設備の販売や工事を手がける信越空調の金子氏は、「大型の空調設備は高額な費用と工期がかかり、設置に踏…

1人1台の端末活用で起こる混乱、解消のカギは「頼れる問い合わせ先」

全国の小・中学校における「児童生徒1人1台の端末整備」「校内通信ネットワークの整備」がほぼ終了し、令和3年4月から本格スタートした「GIGAスクール構想」。そうしたなか、校内ネットワーク環境の整備を支援してきたYE DIGITALの寺西氏は、「『GIGAスクー…

給食費管理の「進む公会計化」と、学校現場の作業軽減で残る課題

教職員における業務負担の軽減をおもな目的として、これまで私会計だった給食費の公会計化が各自治体で進められている。こうした状況に対し、自治体向けに各種システムの導入支援を手がけている日本ソフトウェアマネジメントの小池氏は、「公会計化に向けて…

円滑な地域コミュニケーションは手軽で高機能な音響機器を使って実現【荒川区社会福祉協議会の取組事例】

近年、民間企業や自治体において、さまざまなシーンでもち運びが簡単な音響設備・ポータブルサウンドシステムが活用されている。荒川区社会福祉協議会においても、約1年半前に新しくポータブルサウンドシステムを導入した。担当の嘉松氏に、導入した背景や製…

自治体が設置する無線LANは平時だけでなく災害時でも活用できる環境に【多治見市の取組事例】

教育環境の高度化や観光客の利便性向上、さらには災害時の通信確保など、自治体が公衆無線LANを整備する際の目的はさまざま。活用シーンが広がるなかで、「その用途に応じたシステム選定が重要」と語るのは、多治見市(岐阜県)教育委員会の岩井氏だ。同市では…

福祉と教育の一体化を進め、発達障害児への「切れ目のない支援」を実現する

首相の私的諮問機関である「教育再生実行会議」が重要課題のひとつとして提言する、発達障害児への教育支援体制の充実。「ライフステージを通じた切れ目のない支援」の必要性が強調されている。それをいち早く実現しているのが、日野市(東京都)である。同市…

体育館床のメンテナンスに不適切な、水拭きやワックス掛けを行っていませんか

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

猛暑日の体育館を短時間で快適に「大風量エアコン」で熱中症を防げ

夏になると毎年のように「記録的猛暑」に見舞われる昨今、学校教育の現場からは、「熱のこもりやすい体育館の熱中症対策が不十分」だとの指摘が浮上している。この理由について、これまで約300校の体育館へ空調設備を導入してきたイーズの黒川氏は、「多額の…

国が推す教育現場の負担軽減策、学校給食費の「公会計化」を促進せよ

昨今、社会問題化する教員の業務負担増大。これを受け、国はこれまで学校現場の管掌とされることの多かった学校給食費の徴収・管理業務を自治体へ移管し、その歳入と歳出を管理する「公会計化」を進めている。そうしたなか、文部科学省では公会計化の推進状…

「GIGAスクール構想」の実現へ、まずは現場負担がないインフラ構築を

「GIGAスクール構想」の実現に向け、各自治体において教育現場のICT化が行われている。そうしたなか、山形県教育庁教育政策課では「第6次山形県教育振興計画」にもとづき、県立高等学校と県立特別支援学校を対象に無線LANの整備を積極的に進めている。教育政…

短期間かつ限られた予算内で「学校給食改革」を実現した秘策とは

昨今の厳しい財政事情を背景に、予算内で無理なく施策を実行するうえで、リース方式を活用する自治体が増えている。そうした自治体のひとつが、愛川町(神奈川県)である。同町では、学校給食設備を更新するにあたり、リース方式を活用。短期間での整備を実現…

民間の運営ノウハウを導入し、高まる学童保育ニーズに備えよ

平成30年9月、文部科学省は「新・放課後子ども総合プラン」を発表し、すべての児童が放課後を安心・安全に過ごせるよう、「放課後児童クラブ」の追加的な整備を打ち出した。これを受け、対応を迫られる自治体にあっては、人手や財源の不足に頭を悩ませている…

集客力のある「図書館」を核に市内中心街を活性化へ導く

全国各地でみられる「中心市街地の空洞化」。平成12年から人口が3万人も増えている安城市(愛知県)ですら、それは例外ではなかった。平成14年には駅前にあった市内最大の病院が撤退したことで、空洞化に拍車がかかる状況に。どうすれば、にぎわいを創出できる…

教員の働き方が変わり、指導の質が変わる「次世代教育」のつくり方

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

「無償化」時代に求められる“保育の質”に、徹底的に向き合う

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

Wi-Fiレンタルを活用し、急場の通信需要をムダなくしのぐ

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

オフィス(Office)統合ソフトを見直して教育ICT予算の有効活用【自治体(霧島市)の取組事例】

昨今の教育政策をめぐっては、校舎の耐震化やICT環境の整備といった課題を前に、限られた予算をいかに有効に活用するか、に頭を悩ます自治体は多い。そうしたなか、霧島市(鹿児島県)では、教育用PCのOffice統合ソフトウェアを見直し、整備費用を大きく抑制す…

「世界にひとつの自分だけの絵本」で、一人ひとりの子どもに特別な体験を

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

ICTと業務委託を「保育」に組み込み、児童と向き合える環境づくりを

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

ユニバーサルデザインの活用が、魅力的なまちづくりの起点に

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

教室の空調時間をコントロールし、電力の集中利用を防ぐ【八女市、東京都の取組事例】

近年の猛暑により、学校教室への空調設備の導入が話題になっている。しかし、コストなどの問題も影響し、導入に踏み切れない自治体も多い。そのような状況のなか、八女市(福岡県)は5年前に市内小中学校の全普通教室に空調設備の設置を終えた。同市施設担当の…

広い公共施設の熱中症対策に適した「移動式エアコン」に注目

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

「GIGAスクール構想」の成否を分ける、クラウド導入支援の重要性とは

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

「給食費の公会計化」で増える業務負担は、アウトソーシングで解決できる

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

【下関市】教育ICTの整備を進めるだけで「教育現場の悩み」はみえていますか(ICT環境整備の事例)

新学習指導要領の実施にともない変わる教育現場。その象徴がICT環境の整備だ。この教育ICTは、生徒の意欲や学習効果を高める可能性が注目されている。一方で、機器の活用には一定の習熟度が求められ、慣れぬ教育現場には少なからぬ負担と混乱を生じさせてい…

【長野県】教育委員会が取り組んでいる「学習記録の蓄積」で質の高い学びを実現(ICTを駆使した教育改革の事例)

国が進める高大接続改革にあわせ、各自治体では独自の教育改革を進めている。そうしたなか、長野県ではICTを駆使した学習支援システムを導入し、「学習記録の蓄積」を通じた学びの質的向上をめざす取り組みが進行中だ。取り組みの概要と期待する成果などにつ…

いま急がれる体育館の空調整備。予算内で早期導入する方法とは

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の“経営力”を上げる情報サイト

個別最適化学習はAIを活用したテスト結果分析で促進【自治体(奈良市)の取組事例】

子どもの学力向上のため個々の能力に適した学習や指導の実現が求められている。一方、子どもの習熟度の測定や教員の指導力向上など実現までの課題は多い。奈良市はこの課題解決にクラウドやAIを活用。テスト結果から詳細なデータをえて、きめ細かな指導につ…

プログラミング教育は指導しやすい教材を活かす【自治体(相模原市)の取組事例】

2020年度から小学校で「プログラミング教育」が必修化される。多くの教員が初めてたずさわるため、準備を進める現場からは手探り状態といった声が聞かれる。そんななか相模原市では、新たな教材を活用し、すでに市内全域でプログラミング教育を開始。同市教…

【西条市】ICT活用の遠隔授業の可能性(ICT活用の共同授業の事例)

離れた学校の教室をICTで結ぶ遠隔合同授業。人口減少社会に向けて注目されるこの技術の可能性を検証する実証実験が現在、文部科学省によって進められている。その舞台のひとつが西条市。教育を地域活性化の重要な施策とする同市の市長と担当者に新技術にかけ…

地域の「防災拠点」の共通課題“ブラックアウト対策”

【自治体通信Onlineレポート 2019/04/01】自立型電源確保という国土強靭化 地域の「防災拠点」の共通課題“ブラックアウト対策” 災害対策本部が設置される「自治体庁舎」、指定避難所となっている「学校」、緊急車両基地や孤立した避難民の受け皿などとなる「…

見えてきた「持続可能な地域公共交通」の姿

おもに中山間地域と市街地を結ぶコミュニティバスやデマンド交通など、地域公共交通における自治体の役割が高まっている。しかし、近年、公営バス事業の経常収支比率は高止まりしているなど、課題も少なくない。公営バスの現状と今後、きめ細かな施策で収支…

「使いやすさ」重視のフェーズへ 住民の命を守る情報ネットワーク

地域住民の安全・安心にかかわる自治体情報ネットワークについて、従来の枠組みを超えた開発・整備・運用が進んでいる。先進自治体の具体的な取り組み事例などをまじえ、その背景や現状をレポートした。 【目次】 ■ EMISにスマホアプリ化の動き ■ 浜松市がビ…

「読みやすい書体」を普及させ地域の教育水準の向上につなげる

自治体にとって、行政情報を広く正確に住民へ伝えることは、つねに意識すべき重要テーマ。多くの種類の文字フォントを提供するモリサワは、読みやすさを追求した「ユニバーサルデザイン書体(以下、UD書体)」でそれを支援してきた。そしてこのほど、教育現場…

学校現場の「働き方改革」推進には校務の情報化が急務

政府が主導する「働き方改革」。その主眼は長時間労働の是正にあるが、なかでも教員の多忙化は近年、とくに問題視されている。そうしたなか、和歌山県では、県内すべての自治体の公立小中学校で「校務支援システム」の導入を推進し、教員の負担軽減に乗り出…

【札幌市】教育現場でのタブレット端末活用(教育ICT化の事例)

全国の公立学校でICT環境の整備に向けた動きが加速している。一方でICT化を進めながらも教育現場で機器の活用度が上がらないとの悩みを抱える自治体も多い。そうしたなか外部コンサルの専門的な知見を活用し活用率を高める例が増えている。札幌市もそのひと…

最新のICT環境を整備しすべての生徒に豊かな学びの場を提供

「すべての生徒に豊かな学びの場を」―。そうした理念から、教育現場におけるICTの利活用を積極的に進める自治体が増えている。京都府もそのひとつ。北部の府立高校12校で学習支援サービスを導入し、生徒の学力向上をサポートしている。そのねらいなどについ…

自治体と教育現場が一体で進める新たな❝まちづくり❞のカタチ

「人材こそがこのまちの強み」―。この信念から、人づくりを担う学校教育と地域の活性化事業を一体で推進しようとする取り組みが宮崎県日南市で進んでいる。将来のまちの担い手である地元の高校生に、まちづくりをけん引してもらおうとの試みだ。2年目を迎え…

行政事務に変化の波 対応の鍵は業務洗い出し

自治体行政の現場ではいま、大きな制度変更と改革への取り組みが動き出している。そのひとつが「県費負担教職員の給与負担等の道府県から指定都市への移譲」。全国約14万人の県費負担教職員への給与振り込みや勤務条件などを指定都市が定めることになったの…

民間との見守りサービスの共同実験【自治体(徳島県石井町)の取組事例】

共働き世帯の増加による昼間人口の減少、地域活動のきっかけとなる子ども人口の減少などを背景に、地域コミュニティの衰退が指摘されて久しい。それは子どもの登下校時などをねらった犯罪が増加している原因のひとつとも指摘されている。こうした現状を変え…