全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

レポート・コラム

《“公務員という鎧”を脱ぎましょう》今さら聞けない「対話」の基礎

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #16】(福岡市 職員・今村 寛)多様性が増し、複雑性が高まる地域・社会と自治体職員が向き合うときに必要な「対話力」。そのキホンとは?

《自治体とプロ野球球団がコラボ~そのワケは?》丹波篠山市が自治体で異例の冠ナイターを実施

【レポート:インパクト大で地域も活性化する新しい取り組み】丹波篠山市(兵庫県)がプロ野球球団とコラボ、冠ナイターの取り組みに力を入れています。そのワケは?

【資産売却のすすめ】理化学機器買取事業についてのご案内

保健所や科捜研など、各地公体様や各官公庁様の専門組織で利用されている分析装置や顕微鏡などに代表される理化学機器の利用終了時は、是非売却をご一考ください。機器更新時の入替で下取りされている旧使用機器や、使用が終了し廃棄時期まで保管されている…

《地域の魅力を向上させるさまざまな波及効果》亀岡市が挑戦し続ける「SDGsのまちづくり」~後編

【シン・行政〈亀岡市〉:「 SDGsのまちづくり」は地域をどう変えたのか?(後編)】市民の行動変容を促した亀岡市の「SDGsのまちづくり」は、さまざまな波及効果を生みだしました。そのワケは?

《“環境先進都市”のトップランナーを目指す》亀岡市が挑戦し続ける「SDGsのまちづくり」~前編

【シン・行政〈亀岡市〉:「SDGsのまちづくり」は地域をどう変えたのか?】条例でレジ袋提供禁止を実施している亀岡市。「SDGsの実践」は自治体のあり方をどう変えたのか?

【自治体DXコラム 第三回】呼ばれたら飛んで行く「地方創生」屋さん 廣瀬さん

毎回大変ご好評をいただいている廣瀬さんのコラム、三回目となる今回はいよいよ地方創生活動のロールモデルをインタビュー形式でご紹介頂いております。今回取材をお受けいただいた株式会社出雲たかはしの高橋様が副会長を務められる「雲州志士会」。「地域…

【自治体DXコラム 第二回】呼ばれたら飛んで行く「地方創生」屋さん 廣瀬さん

前回も大変ご好評をいただいた廣瀬さんのコラム、二回目となる今回は「地方創生活動」のコトの起こりをさらに深堀りしてご紹介をいただいています。文中にある「組織ではなく、ヒトにアプローチする」というのはとても共感です。きっと熱量の伝わり方が違う…

名古屋市南区柴田学区で防災ヘルプサービスの実証実験を実施!マッチングによって避難要支援者の逃げ遅れを防ぐ

パソナテックは避難行動要支援者と避難支援する人(以下、移動サポーター)が、災害時に滞りなく繋がるためのマッチングアプリ、防災ヘルプサービスを開発いたしました。防災ヘルプサービスは、平常時に活用できる防災アプリ(備蓄ナビ、避難経路マップ)だけで…

《他自治体はどこまで進んでいる!?》自治体の情報発信・手続き“オンライン化”の現状

【Report:Yahoo!くらしチームがレポート(ヤフー株式会社・Yahoo!くらしチーム)】ポータルサイト上で災害情報や地域情報を発信したり、行政手続きを完結させる動きが拡大中。その現状や活用事例などをレポート。

《役所という“閉ざされた世界の争い”を超える》財政課長、対話に目覚める

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #15】(福岡市 職員・今村 寛)本連載の執筆者、今村さんは、いつ、どうやって「対話」に目覚めたのか―。対話に覚醒した“知られざるストーリー”。

【事例付き】地方自治体で電子契約の導入が進む理由は?法改正などの背景をわかりやすく解説

電子契約は、従来行っていた紙の契約書ではなくデジタル上で契約を締結できる仕組みです。民間企業での導入はもちろん広まってますが、実は地方自治体でも、法改正をきっかけに電子契約の導入が進んできています。今回は、自治体で電子契約が進んでいる理由…

【DX課・契約課の皆様】事例から読み解く「事業者の導入効果まとめ」

DX課・契約課の皆様から事業者の印紙税削減を目的に「電子契約」のご相談が増えております。庁内だけでなく、「事業者の業務も効率化していきたい」と伺いますので、民間企業の導入事例について共有します。 今後のご検討にお役立ていただけると幸いです。 ■…

「夏のDigi田甲子園」で「手続きナビ」「申請サポートプラス」を活用した横須賀市様の取り組み『書かない窓口』が4位入賞!

神奈川県横須賀市様が、株式会社アスコエパートナーズの提供する「手続きナビ」「申請サポートプラス」を活用した取り組み『書かない窓口』で、「夏のDigi田甲子園」実装部門第4位に入賞されました。「夏のDigi田甲子園」は、デジタルの力を地域の課題解決や…

知っていますか?FAQコンテンツ作成のコツ

FAQシステムの導入・運用と同じく、FAQコンテンツの作成においてもコツ・ポイントをおさえておきたいもの。顧客満足度を高め、業務効率を向上させるFAQコンテンツづくりのために、どのような点に留意するべきかをご紹介します。 目次 1⃣ FAQコンテンツ作成時…

《電子自治体エバンジェリストが3分で解説》国の補助金がなくても着手できる

【連載:自治体DX完全ガイド episode5】(電子自治体エバンジェリスト・髙橋 邦夫)自治体DXの全体像を動画で解説。第5回は、予算成立からスタートまでの間にできることをお伝えします。視聴時間は約3分。

スマートシティにおけるヘルスケアの展望【Vol.1 ~ 自治体に期待されること ~】

自治体を取り巻く超高齢化社会やデジタル化による環境変化に伴い、国が推進するスマートシティ構想の実現に向けた検討の優先度は高まり、住民の安心・安全に向けたデータ蓄積や、自治体が提供しているサービスの統合・パーソナライズ化が求められています。…

中国経済産業局|面積削減を伴う空間効率化と、新たな働き方の実現に向けた大規模リニューアル

コクヨは、官公庁のファシリティ整備を総合的に支援する事業を展開しています。窓口改善・オフィス改革などのリニューアルから新庁舎構築まで、行政デジタル化時代に適したオフィス提案を通じて、住民サービスの向上及び自治体職員の働き方改革を支援してい…

自治体DXと窓口効率化を推進する「LiveCall」活用例5選

昨今、住民の利便性向上や自治体の業務効率化などを目的とした自治体DXが推進されています。しかし、DXと一口に言っても幅広く、どこから取り組むべきか悩まれている職員の方々も多いのではないでしょうか。遠隔コミュニケーションプラットフォーム「LiveCal…

《“スポーツ系公務員”の挑戦の軌跡》「シャレン!」から学んだ新しい政策~後編

【連載:スポーツ×自治体 #3】(宮代町 職員・伊藤 遼平)スポーツチームとのコラボで地域に新しい価値を創造した“スポーツ系公務員”の挑戦の記録。今回は、企画・提案から事業実施までをお伝えします。

《“社会課題解決×スポーツ”の可能性》「シャレン!」から学んだ新しい政策~前編

【連載:スポーツ×自治体 #2】(宮代町 職員・伊藤 遼平)スポーツチームとのコラボで地域に新しい価値を創造した“スポーツ系公務員”の挑戦の記録。参考にしたJリーグの活動「シャレン!」とは?

液晶ペンタブレットを統合端末向け入力ディスプレイとして活用

【関連事例:神奈川県川崎市】https://www.jt-tsushin.jp/article/wacom-interview-kawasaki-202106/ 【関連事例:埼玉県さいたま市】https://www.jt-tsushin.jp/article/wacom-report-20220610/ 【関連事例:千葉県船橋市】https://www.jt-tsushin.jp/artic…

営業担当・相馬が語る 自治体向け広聴システム「FastHelp Ce」が実現する、市民の声の全庁的な一元管理

Fastちゃんの「FastSeries」製品をもっと知りたい!のインタビューシリーズ。テクマトリックスが開発・提供する「FastSerie」の宣伝マンFastちゃんによるインタビューシリーズをご紹介します!今回は、地方自治体の広聴業務を効率化する市民の声・広聴システ…

《忙しい公務員も即実践できる!》夏を快適に過ごすための身だしなみのポイント~メイク編

【連載:自治体職員の「装合計画」#8】(元東京都職員/イメージコンサルタント・古橋 香織)汗に悩まされるシーズンに知っておきたい“お役所女子”のためのメイクのコツ。具体的なメイク方法、便利なグッズ等とは?

《忙しい公務員も即実践できる!》夏を快適に過ごすための身だしなみのポイント~服装編

【連載:自治体職員の「装合計画」#7】(元東京都職員/イメージコンサルタント・古橋 香織)忙しい公務員でもすぐに実践できる「汗・臭い対策」をお伝えします。今回は服装編。そのポイントは?

《なくすべき線引き、引くべき一線》実務で役立つ「デジタルの境界」の話

【連載:自治体DXを本気で考えている職員さんに読んでほしい話。#3】(xID 執行役員・加藤 俊介)「混ぜるな、危険!」。デジタル化を進める上で意識すべき「境界」があります。なくすべき線引き、引くべき一線とは?

【対談:福井県×サイバーエージェント】サステナブルな地域社会へ向けた、未来志向の行政DX

昨今、耳にしない日はないDX。当社では小売・行政・医療の分野をはじめエンターテインメント業界でもDX推進を支援しています。2020年に立ち上げた行政DX専門組織※1では、「誰一人取り残されない」行政のDX支援を目指していますが、本記事では、行政におけるD…

《電子自治体エバンジェリストが3分で解説》具体的な将来像を描いて新たな改革を

【連載:自治体DX完全ガイド episode4】(電子自治体エバンジェリスト・髙橋 邦夫)自治体DXの全体像を動画で解説。第4回は、自治体DXを小手先の改革で終わらせない方策をお伝えします。視聴時間は約3分。

将来の行政課題を想定して、名古屋市が幹部・管理職向けのDXマインドセット醸成セミナーを実施

愛知県名古屋市は、総務省が掲げる自治体DX実現へ向けた取り組みを進めています。その中で幹部・管理職層も含め、全庁が我が事としてDXに取り組む体制が不可欠と考えた同市は、大塚商会のDXマインドセット醸成セミナーを利用しました。市長以下、局長級以上…

【サービス紹介動画】公金収納支援サービス(自治体様向けWeb口座振替受付サービス)サービス紹介動画を公開しました!

ヤマトシステム開発の公金収納支援サービス(自治体様向けWeb口座振替受付サービス)の概要をご紹介する動画を制作・公開いたしました。初めて当サービスを知っていただき、概要を知りたいという方にピッタリの内容になっております。15分ほどで見られる動画…

《デンマーク大使館×三重県 CDO PART2》世界競争力ランキング1位のデンマークから日本の自治体がデジタル社会形成に向けて学びたいこと・学べること ~後編

【なぜ私たちは「デジタル社会」の実現を目指すのか #5】デジタル先進国であり、世界でもっとも幸福かつ競争力が高い―。デンマークのような好循環を生み出すにはどうすればよいのかを考えます。

《デンマーク大使館×三重県 CDO PART1》世界競争力ランキング1位のデンマークから日本の自治体がデジタル社会形成に向けて学びたいこと・学べること ~前編

【なぜ私たちは「デジタル社会」の実現を目指すのか #4】デジタル社会形成と自治体が担うべき役割等を国内外の事例を通じて学ぶシリーズ企画。第4回は内外のDX関係者から注目を集めるデンマークを研究。

「DXで実現する社会・地域課題解決とそれを支えるデジタル人材とは」

ADXOセミナーシリーズ 第1回「デジタル立国に向けたデジタル人材戦略」対談 新型コロナウイルスの感染拡大により、人々の生活・働き方が大きく変化しています。また企業においてはビジネスモデルの見直し、政府機関においては抜本的な政策変更が迫られている…

【オンライン相談窓口】行政手続きだけじゃない! ひろがるオンライン相談窓口の活用モデル

自治体の相談窓口では、どんな業務をオンライン化しているのか最近の事例の一部をご紹介します。サービス名:遠隔窓口相談システム「LiveOnCall(ライブオンコール)」提供元企業名:ジャパンメディアシステム株式会社URL:https://www.liveon.ne.jp/product…

TikTok、京都市と連携のもと、京都国際マンガ・アニメフェアのプロモーションショートムービーを8月24日より公開

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、京都市が主催するマンガ・アニメを中心としたコンテンツの総合見本市「京都国際マンガ・アニメフェア2022(京まふ)」のプロモーションを目的したショートムービーを公開します。人気の映…

【DX課の皆様】実証実験から読み解く「DX化の効果について」

弊社は、自治体と事業者間の見積・契約・発注・請求書を電子取引で一気通貫デジタル完結できる電子商取引基盤を運営しております。 現在、押印見直しや地方自治法の改正を背景に、「事業者との電子取引による会計業務の見直し」を検討する自治体が増えており…

【DX推進・契約課の皆様】証拠力を高める“長期署名機能”

DX課・契約課の職員様から事業者の印紙税削減を目的に「電子契約」のご相談が増えております。今回は、電子契約書の証拠力を長期的に高める「長期署名機能」をご紹介します。皆様のDX推進にお役立ていただけますと幸いです。 ●証拠力を高める“長期署名機能” …

【定期コラム 第二回】神戸市エバンジェリストの役割 神戸市 チーフ・エバンジェリスト 明石 昌也 氏

自治体DX「友だちの輪」談話室では各自治体や地域において、先進的な取り組みをされているゲストに定期寄稿を頂いています。今回は神戸市チーフ・エバンジェリスト明石 昌也さんに2回目の投稿をいただきました!なるほど、、このコラムを読むと、あらためて…

「可変性」をキーワードにした自治体DX時代の窓口改善ソリューション

こちらのページでは、自治体DX化時代において窓口改善を検討する際に考慮すべき空間づくりのポイントや、コクヨがこれまでに支援してきた自治体の納入事例をご紹介します。 オンライン化による転換期、窓口の在り方が大きく変わる 自治体の顔である窓口では…

自治体におけるフリーアドレスの働き方と参考事例

こちらのページでは、オフィス改善の際に検討される働き方「フリーアドレス」に関する解説と、コクヨが支援した自治体における導入事例をご紹介します。 フリーアドレスとは? 「フリーアドレス」とは、オフィス内に決められた席がなく、自由に場所を選んで…

【自治体事例3選】マイナンバー対応のAI-OCRとは?安全なアップロードを実現できる理由。

自治体では、多くの紙書類でマイナンバーが記載されております。その紙の枚数と比例し、マイナンバーを基幹システムへの入力作業も依然として残っているのが実態です。入力業務を効率化するための解決策の1つがAI-OCRです。しかし、実はLGWAN-ASPとなってい…

【自治体×屋内測位技術】役所内で活用できるデジタル施策

GPSを使用して屋外の位置情報を取得したことは誰しも経験があるかと思います。一方で、屋内の位置情報についてはいかがでしょうか。リアルタイムでビルの何階が混雑しているのか、フロア内のバリアフリーの移動ルートを確認したいなど、屋内の位置情報を取得…

TikTok、宮城県を表敬訪問し「宮城県災害復興寄附金」へ100万円を寄付

左から MONKEY MAJIK DICK-ディック、Maynard-メイナード、TikTok Japan 公共政策本部 政策渉外担当部長 笠原 一英、TikTok Japan 執行役員・マーケティング本部長 徳永裕之、宮城県 復興・危機管理部長 佐藤達哉、MONKEY MAJIK Blaise-ブレイズ、TAX-タック…

災害発生時の情報共有手段として効果を発揮する「Web会議システム」

サービス名:ビジュアルコミュニケーションシステム「LiveOn」提供元企業名:ジャパンメディアシステム株式会社URL:https://www.liveon.ne.jp/product/wearable/ 地震や台風、集中豪雨などの自然災害が毎年のように発生する中、自治体における防災・災害対…

【定期コラム 第一回】呼ばれたら飛んで行く「地方創生」屋さん ワークスモバイルジャパン 廣瀬 信行 氏

自治体DX「友だちの輪」談話室では各自治体や地域において、先進的な取り組みをされているゲストに定期寄稿をいただいています。今回のコラムは、LINEWORKSを扱うワークスモバイルジャパン社に所属しながらも、自治体の課題に合わせて、他社の製品やソリュー…

教育委員会のIT担当者、約6割が「IT資産管理のクラウド移行」を検討。一方でITの知識や移行対応に不安の声も

法人向けソフトウェアを提供する株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役:若山 大典、以下 ハンモック)は、情報・IT技術関連の部門に所属、またはセキュリティ関連のプロジェクトに関与している教育委員会の職員、学校ITに関する業務やプロジ…

USBメモリの紛失、盗難、ウイルス混入による情報漏洩など、リスクの高いUSBメモリの管理手法とは?

USBメモリは手軽で便利なツールである反面、紛失、盗難による情報漏洩や、外部から持ち込んだUSBメモリがウイルス感染源になるなど、企業や組織で利用する際はセキュリティ面での課題を数多くもっています。セキュリティポリシーとして「USBメモリの利用を全…

福岡県北九州市様:「LINEでごみリサイクル情報を効果的に配信」事例紹介

福岡県北九州市様では、LINEを活用して「ごみの分別・リサイクル」に関する情報配信・案内に注力しています。 市LINE公式アカウントのリッチメニューにて「ごみ・リサイクル」をタップすると、・粗大ごみ、引越しごみ、家電4品目の処分方法・各種ごみの収集…

お客様が「使いやすい!」と感じるFAQサイトのレイアウトとは?

企業の「よくある質問」ページなどに公開することで、お客さまの疑問を解消し、顧客満足度向上にも寄与する「FAQコンテンツ」。しかし、そのFAQコンテンツがパッと見て「わかりにくい」と感じさせるレイアウトで公開されていては逆効果に。お客さまにとって…

自治体に寄せられる「よくある質問」を集約 業務効率化に寄与するFAQシステムとは

住民から電話やメールなどで広聴部門や各窓口に寄せられるお問合わせ。その応対で「前も同じことを答えたな…」と思うことはありませんか。実はそうした「よくある質問」をホームページ上に公開することで、住民が自ら回答を探し出して自治体窓口への問合わせ…

【開催レポート】長崎市と雲仙市から出されたテーマで新規事業アイデアを創出!「第6回デジマ式 plus」

地域課題×企業のチカラを掛け合わせるワークショップ「第6回 デジマ式 plus」を開催! 2022年7月1日に、自治体が抱える地域課題をテーマに、企業のチカラで解決に向けた新規事業を創出していくためのワークショップ「デジマ式 plus」を開催しました。今回…