全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

レポート・コラム

自治体のネットワークを強靭化?総務省が通達する三層分離についてわかりやすく紹介【自治体事例の教科書】

自治体のネットワークを分ける?三層分離とは 3つのネットワークがつかさどる役割と通達内容 1.個人番号(マイナンバー)利用事務系 2.LGWAN接続系 3.インターネット接続系 三層分離の見直し?令和元年の検討会 1.個人番号(マイナンバー)利用事務…

「DX 時代におけるネットワーク強靭化と自治体情報システムの最適化について」第2回

FlexPodによるデータ漏洩&ランサムウェア対策自治体の皆さんを取り巻く環境は大きく変化していると思います。その状況について確認させていただき、それを受けて自治体の情報システムに求められる課題と、シスコシステムズとネットアップが共同で提供するソ…

自治体のチャットボット導入事例10選!活用法や用途を紹介【自治体事例の教科書】

自治体におけるチャットボットの用途 1.問い合わせ対応 2.広報活動 3.内部の実務サポート 自治体のチャットボット導入事例10選 1.【問い合わせ対応】福島県会津若松市 「LINE de ちゃチャット問い合わせサービス」 2.【問い合わせ対応】東京都港区…

自治体セキュリティ対策の見直しについて!総務省のガイドラインを分かりやすく解説【自治体事例の教科書】

自治体セキュリティ対策の新モデル 自治体セキュリティ対策における5つの施策 「三層の対策」の見直し 1.マイナンバー利用事務系の分離の見直し 2.LGWAN接続系とインターネット接続系の分割の見直し 業務の効率性・利便性向上 1.自治体の内部環境から…

自治体のIT化における課題は?ICTの活用方法を解説【自治体事例の教科書】

自治体のIT・ICT化の現状 スマート自治体について 自治体が抱えるIT・ICT化への3つの課題 ・導入・運用コストが高い ・自治体の人材やノウハウ不足 ・費用対効果が不明確 自治体におけるIT・ICTを活用した事例 ・教育 ・医療・介護 ・福祉 ・防犯 ・防災 ・…

自治体でのAI導入事例7選!活用方法やおすすめの行政プログラムを紹介【自治体事例の教科書】

自治体におけるAIの導入・活用事例 ・音声認識 ・音声認識の具体的な活用例 チャットボット ・チャットボットの具体的な活用例 画像分析 ・画像分析の具体的な活用例 データ解析 ・データ解析の具体的な活用例 マッチング ・マッチングの具体的な活用例 AI O…

「デジタル花咲かプロジェクト」の振り返り《学びと気づき編》

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #8】(三重県 デジタル社会推進局)三重県が実施した「デジタル花咲かプロジェクト」の総括の後編。1年目職員が得た気づきや学びとは? 田中CDOもリレーコラムに登場!

「デジタル花咲かプロジェクト」の振り返り《実施結果編》

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #7】(三重県 デジタル社会推進局)今年初実施の「デジタルの日」に合わせて三重県が行った事業等の総括編。「あったかいDX」を掲げる同県独自の取り組みとは?

行政アプリのおすすめサービス6選!自治体の情報をお手軽に発信【自治体事例の教科書】

行政アプリで情報の発信をお手軽に 行政アプリにおすすめのサービス ・アップ・ポータル ・マチイロ ・モバ支所 ・パーズ ・ごみスケ ・PARKFUL 行政アプリのサービスを活用するときの3つのポイント ・コストを意識する ・ユーザー像にマッチしているかを考…

【AI-OCR & 電子保管サービス】「紙で受取る」・「メールで受取るPDF」請求書の電子データ化

取引先から送られてくる請求書を、AIを駆使したOCR技術を用いて、簡単に素早く電子データに変換する「AI-OCR」とさまざまな紙帳票を電子保管(ストレージ)するサービスを提供。 「AI-OCR」を利用することで、仕様に関係なく紙の請求書をデータ化し、 「BtoB…

「DX 時代におけるネットワーク強靭化と自治体情報システムの最適化について」第1回

自治体を取り巻く環境の変化に対応するためのFlexPodとIntersightのソリューション 自治体の皆さんを取り巻く環境は大きく変化していると思います。その状況について確認させていただき、それを受けて自治体の情報システムに求められる課題と、シスコシステ…

定額給付金申請もkintoneでらくらく構築!

何かとニッチな業務処理が多い自治体において、電子化・オンライン化は必須です。しかし、急な政策・法案の変更などもあり、その度にカスタマイズをしていては間に合いません。 「kintone」は、アジャイル式のツールです。スクラッチやカスタマイズで構築し…

公務員に業務効率化は必要?効率化のポイントや自治体のICT導入事例を解説【自治体事例の教科書】

■公務員の業務効率化が求められる背景 ■公務員の業務効率化の必要性 ・「筋肉質な自治体」への進化 ・進むICT化、求められる業務の一体改革 ・社会保障・税番号制度の導入 ■RPAやAIによる業務効率化 ■自治体におけるICT活用の事例 ・東京都港区 ・福岡県宗像…

公務員男性の服~普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる

【連載:自治体職員の「装合計画」#1】(古橋 香織)自治体によってあったりなかったりする服装規定。これまで見過ごされがちだった「公務員の装い」を元東京都職員でイメージコンサルタントの古橋 香織さんが考察。

役所? 首長? 住民?「自治体の経営者」は誰だ《後編》

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #3】(福岡市 職員・今村 寛)前回に続いて財政問題が住民に伝わりにくい理由を深掘り。“地域の主役”である住民にわかってもらうために自治体職員がなすべきことは?

役所? 首長? 住民?「自治体の経営者」は誰だ《前編》

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #2】(福岡市 職員・今村 寛)自治体運営の本質である財政の問題が住民に理解されにくい原因と対策を考察。財政のことを、皆さん、どのくらい市民に語ることができますか?

【ICT導入事例】北海道石狩市:ワクチン接種の予約・受付システムをアジャイル開発

北海道石狩市は、新型コロナワクチン接種の予約・受付をスムーズに処理するため、業務アプリ作成システム『kintone』を使った『コロナワクチン管理システム』を導入しました。刻々と変化する国の指示に合わせて柔軟にシステムを構築。短期間でシステムが完成…

セキュリティと利便性を両立し、分離を意識しないファイル・メール運用を実現!

400以上の自治体様への導入実績をもつネットワーク分離間でのファイル授受・ファイル無害化システム『Smooth File ネットワーク分離モデル』 重要データを守るためとはいえ、日々のファイルやメールのやりとりに手間を感じることはありませんか? ネットワー…

第四回 オンライン寺子屋「要介護認定のアナログ&複雑業務フロー問題に『一手』」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第四回のテーマは「自治体業務プロセスの標準化」です。2021年9月にデジタル庁が創設され、全国自治体のシステム標準化も目標として掲げられています。今回は三重県における「要介護認定業務の効率化・標準化におけるデジタル活用」…

あなたの心はどんなタイプの乗り物?

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #6】(寝屋川市 職員・岡元 譲史)今回は“自分の心”を可視化する方法。落とし穴を避けたり、ぐんと加速したり、シビアな状況でも上手に「心をハンドリング」するコツとは?

【千葉県船橋市】「行政窓口の多言語化」で外国人住民の暮らしに安心を

「LiveCall(ライブコール)」は、様々なビジネスや行政サービスのリモート化をサポートしている、遠隔コミュニケーションプラットフォームです。今回は、船橋市役所の外国人相談窓口の事例を中心に、LiveCallを活用して行政窓口を多言語化する方法をご紹介…

先進事例に見る自治体テレワーク「成功のカギ」とは?

【自治体の“そこが知りたい!”#1~テレワークの進め方】民間に比べて進んでいるとは言えない自治体でのテレワーク。普及のネックを探るとともに、積極推進している松本市(長野)の先進事例を紹介。

アジャイルガバメントの実現を目指して GovConnectのご紹介

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を受け、世界各国で大規模なデジタル施策が実施されている。多くの財政出動が行われ、必要な人に必要な支援をスピーディー届けるためデジタルインフラの構築も加速している。そこで今回は、デジタルガバメントの実現…

公共施設の管理業務と住民の利用を 手軽、そしてスマートに。

■誰でもカンタン、暗証番号を伝えるのみ RemoteLOCKはスマートフォンアプリが不要、テンキーによる解錠ができるスマートロックで、 子どもやお年寄りの方でもカンタンにご利用が可能です。 暗証番号は、予約時に管理者が事前発行することで、 利用日に実際に…

行政をハックしよう~ユーザー中心の行政デジタルサービスを目指して

【自著書評】(経済産業省 情報プロジェクト室長・吉田 泰己)行政がDX構築を進める上で知っておくべき思考法とサービス開発手法とは!? すべての行政官が必読すべき本書を著者が解説。

共感生んだ「官僚の“素の姿と志”」~農林水産省のBUZZ MAFF

【シン・行政 #2:農林水産省のYouTubeチャンネル「BUZZ MAFF」その成長要因を探る(後編)】登録者10万人超ものリスナーに共感を生んだ“BUZZ MAFFの想い”とは?

異例の10万人超え「農林水産省のBUZZ MAFF」

【シン・行政 #1:農林水産省のYouTubeチャンネル「BUZZ MAFF」その成長要因を探る(前編)】行政が“銀の盾”を受賞した異例なケース。BUZZ MAFFが“バズった”理由と自治体の情報発信にも応用可能なヒントとは?

神戸市で行っている許認可事務のスマート審査

株式会社ワコムは、官公庁様の窓口業務をはじめ様々な用途で液晶ペンタブレットを活用したソリューションをご提案しています。今回は申請等を受理した後に行う、審査業務でのご活用事例をご紹介します。 導入事例:神戸市 消防局 予防部危険物保安課保安係 …

DXへのあるべきアプローチとは?《後編》

【連載:自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #4】(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹/元総務省 審議官・箕浦 龍一)DXは省力化を進めるだけのものではない―。“自治体DXの世界観”とは?

DXへのあるべきアプローチとは?《前編》

【連載:自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #3】(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹/元総務省 審議官・箕浦 龍一)「DX導入で業務効率が向上」―。しかし、そのDX、本当に合っていますか?

教育機関向けオンラインストア『EDUSeed(エデュシード)』で高等学校における1人1台端末整備を支援

教育機関向けにカスタマイズしたオンラインストア 2022年初頭より開始する教育機関限定オンラインストア『EDUSeed』※は、契約教育機関向けにカスタマイズしたオンラインストアとなっており、案内に従って保護者が直接オンラインで購入できます。オンラインス…

残業があたりまえでも自分らしく働きたい

【連載:これからの時代の公務員が「幸せ」になる働き方 #6】(さいたま市職員・島田正樹)遅くまで働いている公務員の現場の実態が知られるようになりました。今回は、そんな「残業」のことについて考えます。

その道のプロとして

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #1(福岡市 職員・今村 寛)】“これからの公務員の流儀”を自治体財政と「対話」のスペシャリストが探ります。公務員ができる世の中のボタンを掛け直すきっかけづくりとは?

手間をかけずに車両台数の最適化をはかるには?

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛やリモートワーク推奨により、業種や地域によっては、「対面での営業機会が大幅に減っている」といった話を耳にすることが増えています。このような営業スタイルの変化に伴い、社用車関連コストの削減を目的とし…

市民・関係人口向けにLINEをフル活用|宮崎県都城市様

都城市ではLINEを、市民や市外に居住する関係人口とコミュケーションを深めるプラットフォームとしてフル活用しています。 セグメント配信やチャットボットなどを活用して市政情報の効果的な配信を実現するだけではなく、LINEを活用した市民通報を導入するこ…

心の地図を埋めていこう

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #5】(寝屋川市 職員・岡元 譲史)初めてのキツイ経験や予想していなかったキビシイ場面に頭が真っ白! こんな事態を回避する「心の地図」のつくり方とは?

【ICT導入事例】 栃木県真岡市:新庁舎移転に伴いネットワークインフラ等を整備

栃木県真岡市は、市役所の新庁舎移転を機に庁舎ネットワークインフラ等の整備を大塚商会に依頼しました。ほぼ同じタイミングで、AI議事録作成ツールとRPAも導入。煩雑になりがちな間接業務の一部が自動化したことで、職員が本来業務に専念できる時間が増える…

【DX策定支援コンサルティングサービス】 栃木県真岡市:豊富な知見とノウハウで自治体DX推進を支援

栃木県真岡市は、2020年12月に国が公表した「自治体DX推進計画」に基づき、行政サービスの向上や職員の働き方改革などを目指すDX推進プロジェクトを発足しました。外部の知見とノウハウをプロジェクトに生かすため、大塚商会のコンサルティングサービスを利…

日本管財様運営の「公共FMサロン」の企画で取材いただきました

先日、日本管財様が運営されている「公共FMサロン」の企画で構造計画研究所を取材いただきました。 「公共FMサロン」は、コロナ禍でも公共FMに関する“情報交換”や“仲間づくり”ができるように、との想いを込めて日本管財様が始められたコミュニティで、facebo…

職場の前例踏襲主義にヤキモキしたら

【連載:これからの時代の公務員が「幸せ」になる働き方 #5】(さいたま市職員・島田正樹)「従来から続けている事業をよりよくしたい」―。こんな問題意識をもっている人のための“前例踏襲との向き合い方”。

デマンド交通利用の行動変容を起こすには?:ペルソナとカスタマージャーニー

たとえ便利なデマンド交通を提供しても、その存在や利用方法が知られていなければ利用されることはありません。また、予約方法が複雑であったり、制約が多い場合も継続的には利用されづらいと考えられます。住民の行動変容を起こすには、移動目的と利用者特…

ついに「三重県 デジタルの日」が開幕!~“企画をつくる”ということの厳しさと喜びを学んだ日々

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #6】(三重県 デジタル社会推進局)10月1日からスタートする三重県の“デジタルの日”のPJ内容を紹介。この企画を担当した1年目職員が学んだ“厳しさと喜び”とは?

《自治体レポート特集》時代を先取りする5つの自治体の取り組み

前例にとらわれない挑戦で時代を先取りする取り組み。今回は広域連携(西会津町)、コロナ注意喚起(静岡)、自治体DX(三重県)、シティプロモーション(笠岡市)、脱炭素(ヘルシンキ)の5つを紹介。

【福島県 耶麻郡 西会津町】自治体DX等で大きな成果めざす~“小さな町”が進める官民共創とオープンな広域連携戦略

【レポート】西会津町(福島)が自治体DXの有力プレーヤー等を次々と巻き込み“まちの未来”を力強く切り拓こうとしています。なぜ同町には“外部の知恵者たち”が集結するのか? 西会津町が挑戦する変革をレポート。

DX~トランスフォーメーションの本質とは?

【連載:自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #2】(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹/元総務省 審議官・箕浦 龍一)自治体DXこそ自治体職員が本領を発揮できる分野―。そのワケとは?

心にいつもエアバッグを~ほめる達人という生き方のススメ

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #4】(寝屋川市 職員・岡元 譲史)交通ルールを守っているのに追突される残念なケースがあります。そんな、八つ当たりなど「心の運転」における巻き込まれ事故への対処法。

第三回 オンライン寺子屋「地方移住のためのコミュニティづくりと広報戦略」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第三回のテーマは、「地方移住」。コロナ禍を体験し、物理的な出社が必要なくなる社会が成立しつつあるなか、長野県佐久市が展開する移住者支援事業「リモート市役所 」の成功事例をもとに、自治体はどのような手段で地域の情報発信…

こんな事業・取り組みをやっています!《アイデアボックス&5G促進策編》

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #5】(三重県 デジタル社会推進局)県民の県政参加促進、インフラ整備―。今回は三重県版デジタル庁が進める、ふたつの「あったかいDX」の取り組み内容をお届けします。

こんな事業・取り組みをやっています!《2つの新型コロナ対応編》

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #4】(三重県 デジタル社会推進局)AIを活用したワクチン接種ホットライン、飲食店・宿泊施設のDX推進―。「あったかいDX」で推進しているコロナ対策を紹介します。

【静岡県】「ショートムービー」でコロナ注意喚起~若年層をターゲットに

【レポート】静岡県 広聴広報課がコロナ注意喚起のための“ショートムービー”をSNS上で毎日発信し続けています。県民から多くの反響が寄せられている新しい情報発信の取り組みの効果等をレポートします。