全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

レポート・コラム

Cisco/NetAppの次世代FlexPodが実現するハイブリッドマルチクラウド ~Full-Stack Observability~ 第2回

IntersightによるCisco/NetAppの次世代FlexPodが実現するハイブリッドマルチクラウドインフラ基盤を自動化へ ウィズコロナの時代となり、リモートワークとクラウド利用が益々進む中、企業のビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みも急…

ICT面談で特定保健指導実施率を引き上げる方法

地域住民の健康増進への取り組みは自治体にとって重要な課題のひとつです。中でもコロナ禍において生活習慣病のリスクは高まっており、その予防のための特定健診や特定保健指導がますます重要になっています。保健指導の実施率を高めるには、ICT面談の積極的…

【庁内業務DX】DX推進担当から伺うご相談内容3選

庁内業務のDXを推進されているご担当者様へのご案内です。 新年度が始まり、皆様は貴所で掲げられているDX推進計画の実現に向けて日々、情報収集されていると思います。今回は、職員の皆様から頂く「ご相談内容」について共有いたします。今後のご検討にお役…

液晶ペンタブレットを活用したワコムの電子投票ソリューション

ワコムの電子投票ソリューションとはタッチディスプレイであるワコムの液晶ペンタブレットを利用することで、従来の記帳台で行う投票をそのまま電子的に置き換えることができ、紙の投票用紙に書くように液晶画面に手書きで投票することができます。 現在、ワ…

《行政と市民を対話でつなぐために必要な所作》「対話力」が未熟な私たち

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #11】(福岡市 職員・今村 寛)対話とは“言うは易し、行うは難し”の典型。そこをブレークスルーするために欠かかせない「基本認識」を考えます。

《決定版! 公務員に“なるべく寄り添った”クールビズ》もう「ネクタイ外しただけ…」はやめません?

【連載:自治体職員の「装合計画」#5】(古橋 香織)今回のテーマは、これからの季節の“悩みのタネ”と言える「公務員のクールビズ」。ネクタイだけ外したスーツ姿から卒業してみませんか?

【2022年度自治体向け実証実験モニター募集】無償で施設管理のDXを実現できる、まちかぎリモート&RemoteLOCK

公共施設向けに当社が開発した予約システム「まちかぎリモート」と、予約に合わせて時間限定の解錠用暗証番号取得できる「RemoteLOCK」(リモートロック)を使って、公民館、文化施設・ 集会所、学校施設、スポーツ施設などの「貸し出しのスマート化」を共同…

【公務員の“4月病”!?】人事異動“残留組”のモヤモヤこそ大切に

【連載:これからの時代の公務員が「幸せ」になる働き方 #10】(さいたま市職員・島田正樹)異動対象にならなかった人たち、“残留組”が抱えている見落とされがちなモヤモヤについて考えます。

《福井県×ヤマハおとまち 音楽を活用したまちづくり連携協定》~音楽を活用したまちづくり等による地域の活性化と交流人口の拡大~

写真右:福井県知事 杉本 達治 氏写真左:(株)ヤマハミュージックジャパン 代表取締役社長 押木 正人 福井県×ヤマハミュージックジャパン 連携協定締結 2021年2月22日、福井県とヤマハミュージックジャパンが連携協定を締結しました。3年間にわたり、以下の…

”日本で2番目に小さい町”が仕掛ける官民連携の挑戦【奈良県三宅町】

【奈良県三宅町連載記事①:総研インタビュー】 行政の課題解決の一手段として「官民連携」が推進されてきましたが、効果的に取り組めている自治体は多くないのではないでしょうか。そのような自治体の職員に、三宅町(奈良県)の取り組みをご紹介いたします…

【公務員が関わるべき“もうひとつの公共財”】「対話」は社会のインフラ

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #10】(福岡市 職員・今村 寛)双方向の濃い対話が生まれ、単独ではなしえなかった深い集合知が形成される―。こうした生産的な好循環を庁内で、地域でつくる方法を考えます。

【実証実験の効果測定】契約書と請求書の電子化による時間短縮

庁内業務のDXを推進されているご担当者様へのご案内です。新年度が始まり、皆様は貴所で掲げられているDX推進計画の実現に向けて 日々、情報収集されていると思います。今回は、職員の皆様とのお打合せでご質問いただく「実証実験の事例」について共有いたし…

【自治体DXの“不都合な真実”】組織内コミュニケーションのデザイン

【連載:自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #6】(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹/元総務省 審議官・箕浦 龍一)DXを進めるとなぜか忙しくなる―。こう感じたことはありませんか? その理由は…

【庁内業務のDX】効果を最大化する「一気通貫デジタル完結」とは

庁内業務のDXを推進されているご担当者様へのご案内です。 新年度が始まり、皆様は貴所で掲げられているDX推進計画の実現に向けて 日々、情報収集されていると思います。今回は、職員の皆様とのお打合せで伺う「庁内DXのお悩み」について共有いたします。今…

【特集】新卒入庁職員にオススメの自治体通信Online記事“8選”

【Special Contents】「地域をよりよくしたい」「社会に貢献したい」―。こんな志を胸に、この春、新しく自治体職員になったみなさんにオススメしたい自治体通信Online記事“8選”をお届けします。

電子契約サービス選び 7つの見落としポイント

導入後に後悔しないために。 「取引先の企業が使っているから」「1度使ったことがあるから」そんな理由で電子契約サービスを選んでいませんか? 本記事では、サービス選びの見落としポイントをピックアップし、どんなことに気をつけて選定すれば良いのかを…

【異動という“暴れ馬”を乗りこなす】人『事』万事、塞翁が馬

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #10】(寝屋川市職員・岡元譲史)公務員にとっての人事異動は「別会社への転職」ほどのインパクトがある場合も。どうすれば、こんな“激震”を乗り切れる!?

飛び出す! 公務員~時代を切り拓く98人の実践~

【自著書評】(元・地域活性化センター振興部地域づくり情報課長/現・島根県庁 職員・岩田 裕治)従来の枠組みにとらわれないで活躍する自治体職員がそれぞれの体験談等を綴った本書の“読みどころ”をお届けします。

液晶ペンタブレットを活用した農業農村整備事業の調査・計画業務 ペーパレス化

株式会社ワコムは液晶ペンタブレットという製品を通じて、自治体の窓口業務から 内部業務迄、幅広くご支援をしております。今回は、農業農村整備事業の調査・計画業務向けで新たに液晶ペンタブレットをご採用頂いた埼玉県 農村整備計画センター様にお話を伺…

【ベテラン公務員からのメッセージ】新人公務員の皆さんごめんなさい

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #9】(福岡市 職員・今村 寛)“新しい仲間”に向けたベテラン公務員からのメッセージ。自治体の“今”を通じて見えた、これからを担う公務員に必要な力とは?

【新卒入庁職員のリアルな1年間】Never ending “DX” story!

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #11】(三重県 デジタル社会推進局)新卒入庁1年目の職員が駆け抜けた1年間で得た気づきと学びとは? 新卒入庁職員が“自治体DXの最前線”をお届けする本連載の最終話です。

初の「シティプロモーションアワード」で13自治体が受賞

【CPの第一人者・河井教授が語る「アワードの意味と役割」】(自治体通信Online レポート)アワードの概要のほかアワード創設者でシティプロモーションの第一人者である河井教授にアワード創設の想いや狙い等を取材。

【脚で情報を集める都庁職員】目指すは各地の魅力が詰まった“宝箱”!

【連載:地方連携推進を担当している都庁職員の“仕事録”#3】(東京都 政策企画局 総務部 渉外課)今回は都庁が立ち上げたポータルサイト「東京と全国各地との共存共栄」の裏側。前途多難な状況を打開した方法とは?

奈良県広陵町様:LINEを活用した広聴で、潜在化していた町民の声を聴き取り

奈良県広陵町様は、LINEを行政情報を配信する「広報」だけでなく、町民の声をダイレクトに聴き取る「広聴」事業に活用しています。 「町に伝える」事業では、町民がLINEからテキストと画像を送信することで、町への意見・要望を直接受け付ける取組です。投稿…

~自治体DXへの第一歩:契約書の法令編~ 「地方自治法施行規則改正」「電子契約における法的有効性」のポイント

DXを推進されている職員の皆様とのお打合せを通じて事業者の印紙税削減を目的に「電子契約を検討したい」というお声をいただく機会が増えてまいりました。そこで、電子契約に向けた第一歩として「地方自治法施行規則改正」「電子契約における法的有効性」の…

Cisco/NetAppの次世代FlexPodが実現するハイブリッドマルチクラウド ~Full-Stack Observability~ 第1回

コロナ禍でアプリケーションが新たなビジネスの生命線にその稼働環境=ハイブリッド&マルチクラウドの可視化に必須のオブザーバビリティ ウィズコロナの時代となり、リモートワークとクラウド利用が益々進む中、企業のビジネスのデジタルトランスフォーメー…

ゼロからわかる! 公務員のためのデータ分析

【自著書評】(糸島市職員・岡 祐輔)上司等から「この政策のデータ根拠は?」と聞かれて冷や汗をかいた経験はありませんか? データ分析を自治体業務に活かすため書いた本書のポイントや活用法等を著者が解説。

液晶ペンタブレットを活用した消防同意の審査業務 電子化実証事例

株式会社ワコムは、官公庁の様々な事務業務に対し液晶ペンタブレットを用いてご支援しております。今回は消防同意の審査業務における用途でお話をお聞きしました。 実証事例:藤沢市消防局 査察指導課 2021年7月に総務省消防庁から全国の消防機関に対して、…

【“コロナ本部”に動員された1年目職員の気づき】頼りになるデジ局をつくりたい!

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #10】(三重県 デジタル社会推進局)「コロナ対策の業務に動員されたことで、こんな気づきを得ることができました」―。新卒入庁職員が“自治体DXの最前線”をお届けします。

~自治体DXへの第一歩:法令編~ 「改正電子帳簿保存法」「インボイス制度」の要点とポイント

DXを推進されている職員の皆様とのお打合せを通じて以下のお悩みの声を伺う機会が増えてまいりました。 ・電子帳簿保存法とインボイス制度の適用範囲、判断が難しい・法令の解釈が不安 そこで、デジタル化に向けた第一歩として「電子帳簿保存法」「インボイ…

【最新資料】自治体DXで変わる新しい庁舎空間コンセプトブック[窓口空間編]

「自治体DX」「行政DX」というと、システム面・人材面に目が行きがちですが、行政サービスの変化に伴って庁舎空間も大きく変化することが予測されます。 しかし現在自治体DX推進に伴う「新しい庁舎空間のあり方」については明確な指針がなく、DX推進に伴って…

《議員対応時の侮れない服装術 後編》男女別“外せない3つのポイント”

【連載:自治体職員の「装合計画」#4】(古橋 香織)大詰めを迎えた年度末議会を乗り切る服装術とは? 議員対応時の侮れない服装術の“外せないポイント”を男女別に具体的に解説します。

【LINEが行政窓口に】住民接点を増やすLINE活用方法

住民への情報提供にLINEを活用する自治体が増えています。LINEと組み合わせて遠隔コミュニケーションプラットフォーム『LiveCall(ライブコール)』を活用すると、一方向の情報発信だけでなく住民との相互コミュニケーション(ビデオ通話)も可能になり、こ…

第7回 オンライン寺子屋 「どうする!? 地方都市 〜人口流出を活性に転換する論点とは〜」のまとめ

コロナ禍を経ていま地方が見直されています。しかしながら、見直されているのは一部です。進学や就職を機に地元を離れるというスタイルは変わらず、抜本的な構造変革には至っていません。これから求められるのは、従来の考え方からの脱却と、多様な人材が活…

次期Officeは、Microsoft 365 Apps for Enterpriseを!

地方公共団体情報システム機構(J-LIS)がLGWAN-ASPで提供する自治体情報セキュリティ向上プラットフォームにて、2022年4月からLGWAN経由での認証でMicrosoft 365 Apps for Enterprise(旧「Office 365 ProPlus」)が利用可能になる予定です。(注1)Microso…

【都庁職員が全国自治体を駆け回るワケ】ポータルサイト“誕生秘話”

【連載:地方連携推進を担当している都庁職員の“仕事録”#2】(東京都 政策企画局 総務部 渉外課)東京都が運営するポータルサイト「東京と全国各地との共存共栄」。その立ち上げにまつわる、人知れぬドラマとは?

静岡県三島市様:保育所入所手続きの来庁予約をLINEで自動受付

静岡県三島市では、2021年10月に実施した「次年度の保育所入所手続き」において、LINEと電話による予約制を導入しました。 これまで三島市では、来庁順に手続きを行っていましたが、事前予約制の導入によって、 ・窓口の「密」回避・来庁者の待ち時間解消・…

小規模自治体の現状と自治体DX課題と提言 ~全国約2000名の自治体職員アンケートからみえた地域の現状~

デジタル化に対して「人手が足りない」「予算がない」など、同様の悩みを抱える自治体職員、特に小規模自治体ではその傾向が強くDX推進の壁が組織的な課題として認識され始めています。自治体職員と有識者へのインタビューを交え、全国の自治体職員の声から…

【自治体職員は首長にどう向き合うべき?】王様の耳を語れ

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #8】(福岡市 職員・今村 寛)民意で選ばれし者と、そうではない者―。自治体運営の実情を知り抜く“中のひと”である自治体職員は首長とどう向き合うべきかを考察。

SDGs×公民連携 先進地域に学ぶ課題解決のデザイン

【自著書評】(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教・高木 超)先進的な自治体のSDGs最新事例を紹介・分析。豊富な事例で“自治体×SDGs”の大きな可能性を描いた同書のポイントを著者が解説。

液晶ペンタブレットを活用した予算編成業務 ペーパレス化

株式会社ワコムは液晶ペンタブレットという製品を通じて、自治体の窓口業務から 内部業務迄、幅広くご支援をしております。今回は、予算編成業務向けで新たに 液晶ペンタブレットをご採用頂いた大東市 財政課様にお話を伺いました。 導入事例:大東市 政策推…

【“自治体職員の仲間”たちと通わせた想い】「心の運転方法セミナー」を初実施!

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #9】(寝屋川市職員・岡元譲史)今回は「心の運転方法」をテーマに初めて実施した自治体職員研修の模様の報告回。自治体職員の仲間たちと共有した想いとは?

【キャリアを自分で決める公務員になるために】“大人の学び”のススメ

【連載:これからの時代の公務員が「幸せ」になる働き方 #9】(さいたま市職員・島田正樹)“公務員は安泰”と言えなくなりつつあります。今回は、人生を自己決定できる公務員になるための「学び」のあり方を考察。

防災分野のDX推進を目指して ―総合防災ソリューションのご紹介―

日本は災害大国といわれますが、近年、災害は激甚化しており、例えば水害の被害額をみても過去10年間で10倍以上に増加しています (※)。また、日本国外へ目を向けても気候変動の影響に備える「適応」という文脈から、防災・減災への対応は喫緊の課題となっ…

DXをめぐる景色《役所のおかしな業務フロー》

【連載:自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #5】(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹/元総務省 審議官・箕浦 龍一)DXを推進するうえで、リデザインが必要な「役所の不思議な実務」とは?

【財政課と対話していますか?】お金がない地方自治体に必要なもの

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #7】(福岡市 職員・今村 寛)来年度予算の編成という大仕事の季節が到来。今回は、緊縮・削減のイメージが先行する財政健全化の真の意味、財政課との関係値のあり方について。

《議員対応時の侮れない服装術 前編》二元代表制を「服装」で支える

【連載:自治体職員の「装合計画」#3】(古橋 香織)2月は自治体職員にとって緊張の議会シーズン。職員時代の半分以上を議会局で過ごした筆者だから知っている「議員対応時の服装術」をみっちり解説します。

【夢を叶えた自治体職員の小さな習慣】毎日、目的地を確認しよう

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #8】(寝屋川市職員・岡元譲史)今回は“夢・目標の実現に近づく習慣”。岡本さん自身、ちょっとしたひと工夫で、本を出版するという夢を実現しました。その方法とは?

COVID-19陽性者管理ソリューション

新型コロナウイルス対応業務をいち早くシステム化し、逼迫する行政業務を継続的に支援しています。 ■陽性者管理業務の運用負荷が課題 ■スピーディーに導入できるソリューションを提供 ■導入した自治体の運用負荷を軽減 <本サービスに関する、問い合わせ先>…

【実証実験結果のご報告】電子契約による年間1345時間の時間短縮と波及効果

自治体でのデジタル化が加速化している「電子契約」に関するご案内です。 事例紹介:M市との「電子契約」に関する実証実験の効果測定 2月セミナーのご案内:押印廃止の次は「電子契約」 事例紹介:M市との「電子契約」に関する実証実験の効果測定 昨年実施し…