全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

ネットアップ合同会社

DX時代の情報インフラ整備に資する、機密データの確実な消去法とは

DX推進によりデータの取扱量が増える自治体において、重要性を増す取り組みの1つが情報セキュリティ対策である。その指針として国が定めたガイドラインによると、「機密性の高いデータの消去についてはハードウェアの物理的破壊を推奨する」としている。しか…

ネットアップ合同会社が提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名ストレージデータの消去抹消ソリューション ■ソリューション概要住民/行政データが格納されるストレージの確実なデータ消去と抹消、並びに消去されたデータが復元出来ない事を証明するサービスです。データ消去/抹消ソリューションは、ネッ…

DX時代のデータ活用を実現する「データ駆動型ストレージ」とは

DX推進に向け、情報システムのクラウド化は不可欠な取り組みのひとつ。それに対し、ストレージ専業ベンダーであるネットアップの原田氏は、「クラウド化の際に大切な視点は、膨大なデータをいかに連携させるか」だとし、そのためには、「連携の基盤となるス…

情報インフラ整備で重視すべきは、確実なデータ抹消を証明する仕組み

このほど、デジタル庁新設の関連法案が国会で成立し、9月の発足に向けて、いよいよ行政のデジタル化が本格的に動き出す。そうしたなか、自治体のITインフラ構築を支援するネットワールドの高田氏は、「情報漏えい対策の強化が、これまで以上に求められてくる…