全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

香川県高松市

IoTを活用したデータ収集

センサーが検知した道路の冠水状況を、職員と住民がリアルタイムで把握

高松市
総務局 情報政策課 ICT推進室 平井 賢太郎
都市整備局 道路管理課 髙橋 淳
[提供] 三信電気株式会社

※下記は自治体通信 Vol.25(2020年8月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


全国各地で毎年、大規模な自然災害が発生するなか、地域の被害状況を瞬時に把握することは、自治体の重要な課題となっている。こうした課題に対して高松市(香川県)では、スマートシティの取り組みの一環として、道路のアンダーパスにおける冠水情報の収集に取り組んでいる。取り組みで得られた成果などについて、同市の担当者2人に聞いた。

高松市データ
人口:42万6,174人(令和2年7月1日現在) 世帯数:19万9,973世帯(令和2年7月1日現在) 予算規模:3,036億4,666万2,000円(令和2年度当初) 面積:375.42km² 概要:香川県の中部に位置し、北は瀬戸内海、南は徳島県境に面する。気候は、年間を通して寒暖の差が小さく、降水量の少ないのが特色。恵まれた風土と地理的優位性を活かし、四国の中枢管理都市として発展してきた。昭和63年の瀬戸大橋開通や平成元年の新高松空港開港、平成4年の四国横断自動車道の高松への延伸などにより、高松市を取り巻く環境が大きく変化するなか、平成11年には中核市に移行した。
高松市
総務局 情報政策課 ICT推進室
平井 賢太郎ひらい けんたろう
高松市
都市整備局 道路管理課
髙橋 淳たかはし じゅん

アンダーパスの冠水で、過去に死亡事故が発生

―スマートシティ構想に取り組んでいる背景を聞かせてください。

平井 人口減少や少子高齢化が進むなか、限られた数の職員で住民サービスの維持と向上を図るため、データの収集・分析を行うIoT共通プラットフォームを平成29年度に構築しました。そのうえで、ICT・データを活用し地域課題の解決を図る「スマートシティたかまつ」を推進しています。防災や観光、福祉などの分野で取り組んでいますが、人命にかかわる防災は特に注力している分野です。

―防災分野ではどのような施策を行っているのでしょう。

髙橋 水害対策を重点的に進めています。特に、道路のアンダーパスは、冠水時に自動車が立ち往生する被害が起こりやすく、市内では平成16年の台風で死亡事故も発生しました。これまで市では、雨水を排水するポンプや、水位を測るセンサーを設置。一定の水位を超えた際に「冠水中」を示す電子表示板を並置し、住民に注意を喚起してきました。しかし、庁内の職員が冠水の有無を確認するには現場を巡回する必要があり、迅速に対応できませんでした。そこで、道路状況をより効率的に把握できる対策を新たに検討したのです。

―どのように対策したのですか。

髙橋 既設のセンサーを使ってデータを「スマートシティたかまつ」のIoT共通プラットフォームに取り込めることを条件に公募を実施。入札した三信電気の協力のもと、センサーにゲートウェイ(※)を増設し、冠水状況を1分ごとに発信する仕組みを構築しました。これにより、市内18ヵ所すべてのアンダーパスの冠水状況を防災用ダッシュボード(地図)上で常時、把握できるようになりました。冠水時には、職員がすぐに現場に赴き、通行止めを行うといった対応が取れ、市民にも被害状況を伝えられるようになりました。

※ゲートウェイ:異なるネットワーク同士を接続するためのハードウェアやソフトウェア


降雨量データと合わせ、リスク分析に活用したい

―今後の防災対策について見通しを聞かせてください。

髙橋 アンダーパスにおける冠水の発生と降雨量のデータを蓄積し、今後はどの程度の降雨量により、どのアンダーパスで冠水するリスクがあるのか、傾向を分析することで、より迅速な対応が可能となるのではと考えています。

平井 本市は今年度から、県内の綾川町や観音寺市と、防災用ダッシュボードの共同利用を始めました。地域が一丸となり、安心安全なまちづくりを推進していきます。

この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料ダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop