全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

株式会社猿人

f:id:jichitaitsushin:20211015075016p:plain

■「自治体DX 友達の輪」

デジタル庁の創設、行政手続きの脱ハンコやオンライン化など、私たちは国を上げたデジタル化の渦中にいます。

自治体DX 友だちの輪は、全国に1700以上ある自治体が、それぞれの地域の特性や課題に対し、どのようにデジタルの力を借りられるのか、どのように推進していけばよいのか、を自治体同士で悩みや疑問を共有し、共に考えていく「場」となるべく生まれたオンラインコミュニティーです。

【定期コラム 第一回】神戸市エバンジェリストってどんなひと?? 神戸市 チーフ・エバンジェリスト 明石 昌也 氏

自治体DX「友だちの輪」談話室では各自治体や地域において、先進的な取り組みをされているゲストに定期寄稿を頂いています。今回のコラムは神戸市チーフ・エバンジェリストの明石昌也さんにコラムを執筆いただきました!日本・外資系IT企業の最前線を走りな…

【会員登録不要】全コンテンツ公開のご案内「自治体DX友だちの輪コミュニティ」

昨年2021年5月、全国の自治体デジタル化を少しずつすすめるべく、自治体職員の皆さまとそれを支援するITベンターのコミュニティとして「自治体DX友だちの輪コミュニティ」をオープンいたしました。 https://jichidx.commmune.com/view/home コミュニティでは…

第7回 オンライン寺子屋 「どうする!? 地方都市 〜人口流出を活性に転換する論点とは〜」のまとめ

コロナ禍を経ていま地方が見直されています。しかしながら、見直されているのは一部です。進学や就職を機に地元を離れるというスタイルは変わらず、抜本的な構造変革には至っていません。これから求められるのは、従来の考え方からの脱却と、多様な人材が活…

小規模自治体の現状と自治体DX課題と提言 ~全国約2000名の自治体職員アンケートからみえた地域の現状~

デジタル化に対して「人手が足りない」「予算がない」など、同様の悩みを抱える自治体職員、特に小規模自治体ではその傾向が強くDX推進の壁が組織的な課題として認識され始めています。自治体職員と有識者へのインタビューを交え、全国の自治体職員の声から…

第六回 オンライン寺子屋 「過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第六回のテーマは、人口1万人以下の小規模自治体の取り組みです。予算化されていない有志による長野県飯島町のタウンプロモーションを例に、小規模自治体が費用やや人材、周囲の理解など、さまざまなハードルがある中で、どのように…

第五回 オンライン寺子屋「ズルいよ!スマートシティ浜松、イケてないときのこと教えて」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第五回のテーマは「スマートシティの実際とその成り立ち」です。 浜松市のデジタル・スマートシティ構想を例に、デジタル化や官民連携を進めるために自治体は何をすべきなのかという点について、意見を交換しました。 ■ 出演者● 瀧…

どうする!? 地方都市 〜人口流出を活性に転換する論点とは~

「地域活性化」「地方創生」、叫ばれ続けてしばらく経ちますが、東京一極集中は加速を辿り、コロナ禍を経ていま地方が見直されています。 一方で、「見直し」ているのは一部の人口。大学進学、就職を機に地元を離れるという「型」は変わらず、抜本的な構造は…

過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX

どれだけデジタル化の機運が高まっても現状維持でありたい組織はあります。 確かに変わらないことが良いこともありますが、われわれはどれだけ「住民視点で考えられるか」が重要なのです。 人口1万人以下の小規模自治体こそ、DXやデジタル化の潮流から置き去…

第四回 オンライン寺子屋「要介護認定のアナログ&複雑業務フロー問題に『一手』」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第四回のテーマは「自治体業務プロセスの標準化」です。2021年9月にデジタル庁が創設され、全国自治体のシステム標準化も目標として掲げられています。今回は三重県における「要介護認定業務の効率化・標準化におけるデジタル活用」…

ずるいよ、スマートシティ浜松!イケてないときのこと教えて!

製造業盛んで有名企業もたくさん。浜名湖あるし、ウナギあるし、観光資源もある。それだけでもうらやましいのに「デジタル・スマートシティ構想」!?「官民連携プラットフォーム」!?未来感が半端じゃありません。。けど、きっと現在に辿り着くまでに幾多…

第三回 オンライン寺子屋「地方移住のためのコミュニティづくりと広報戦略」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第三回のテーマは、「地方移住」。コロナ禍を体験し、物理的な出社が必要なくなる社会が成立しつつあるなか、長野県佐久市が展開する移住者支援事業「リモート市役所 」の成功事例をもとに、自治体はどのような手段で地域の情報発信…

要介護認定のアナログ&複雑業務フロー問題に「一手」!

業務の属人化、あらゆる業務の紙手続き、退職者の引継ぎ問題に対して、「見える化」「業務の定型化」によって、業務を大量に抱えている部署にメスを入れ、デジタルツールの導入で業務の進め方を改善する、コニカミノルタさんの自治体を俯瞰した業務効率化のI…

第二回 オンライン寺子屋「国が目指す行政DXってなんですか?」のまとめ!

「自治体DX 友だちの輪」が開催するオンライン寺子屋シリーズ7月のテーマは、総務省が実施している「地域情報化アドバイザー派遣制度」についてです! 総務省から本事業を企画・実施化を担当された富永 真之介さん(総務省 自治財政局 公営企業課準公営企業…

第一回 オンライン寺子屋「国が目指す行政DXってなんですか?」のまとめ!

「自治体DX 友だちの輪」が開催するオンライン寺子屋 シリーズ5月の会は、経産省と日本マイクロソフトとの楽しいセッションでした! 「国が目指す行政DXってなんですか?」という大きなテーマでしたが、自治体の少ない予算、限られた人材で新しい取り組みを…

【無料オンラインイベント/2021年8月26日】「自治体DX 友だちの輪」 オンライン座談会第三弾_「移住」相談の有効打があった!

コロナをきっかけに「もう東京にいなくてもいいのでは?」と考え始めた首都圏住民も多いはず。東京に通勤する70%以上のビジネスマンがリモートワークでの業務に支障がない環境を整備しつつあります。 そこで目を向けるのが「地方移住」。頭脳は東京に通いつ…

【無料オンラインイベント/2021年7月15日】「自治体DX 友だちの輪」 オンライン座談会_デジタル人材がいなくても(無償で)DXを始められた!?

「何から始めてよいかわからない」「そもそも自治体内にデジタル知識のある人間がいない」など、必要性に迫られつつも初めの一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか? 意外と知られていない「地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)」…

【無料オンラインイベント/2021年5月26日】「自治体DX 友だちの輪」 オンライン座談会_いま自治体デジタル化の障壁になるもの

デジタル庁の創設や行政手続きのデジタル化推進が話題に上がっています。自治体におけるデジタル化の必要性も理解できるのですが、そもそも国が自治体に求める「行政のデジタル化」とは何か基準があるのでしょうか?国が目指す行政DXってなんですか? 各自治…