全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

自治体DX の検索結果:

【新卒入庁職員が見た自治体DXの最前線】目玉施策「みえDXセンター」

…フレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けします。 デジ局の目玉施策 これまでに寄せられた相談事例 局全体で協力し合って進める事業 リレーコラム~局のメンバーによる「あったかいDX」とは⑤ デジ局の目玉施策 全国の自治体の皆さま、明けましておめでとうございます。 三重県デジタル社会推進局(以下「デジ局」という)デジタル戦略企画課の中濵です。 今年もよろしくお願いいたします。 ― ☆ ― ☆ ― この連載の前々回および前回では、中濵の初の企画であった「デジタル花咲かプロジ…

第六回 オンライン寺子屋 「過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX」のまとめ!

…(株式会社猿人代表 自治体DX友だちの輪コミュニティ主宰)廣瀬さんはLINE WORKSエバンジェリスト・地方創生アーキテクトマネージャとして日本各地を奔走されていますよね。 -廣瀬さん(ワークスモバイルジャパン株式会社 地方創生アーキテクト/エバンジェリスト)人手不足で予算も潤沢ではない小規模自治体のなかで、いかに必要な仕組みを作っていくのかをテーマに、さまざまなところで活動しています。例えば、先日は黒部市(富山県)の折舘地区でシニアの皆様にLINE WORKSによって距離…

【大好評につきオンデマンド再配信!】事例から学ぶシリーズ第3弾!​ 鹿児島県 薩摩川内市様​

…シリーズの第3弾は、自治体DXを市長自ら推奨している鹿児島県薩摩川内市様にご登壇頂きます。薩摩川内市様は平成22年からいち早く仮想環境を導入し、働き方改革やDXを通じて組織風土の変革や社員の意識改革にも積極的に取り組まれています。 このウェビナーでは、仮想基盤の導入背景から現在のシステム概要や運用、さらには将来のクラウド利用を見据えた今後の展望について、また今年は九州地方で大雨などの災害が多く発生しましたが、薩摩川内市様が実施されているDR対策についても詳しくお話いただきます…

第五回 オンライン寺子屋「ズルいよ!スマートシティ浜松、イケてないときのこと教えて」のまとめ!

…連絡を取り合っています。 そして、宣言の翌年度に推進体制を作りました。それでは分野を超えた連携やデータ活用が難しかったので、新たに官民連携のプラットフォームを設置したのです。・・・・ お話の続きとオンデマンド配信はこちら! 続きを見る 自治体DX友だちの輪コミュニティへご登録済の方はこちら 「自治体DX 友だちの輪」運営:株式会社猿人 所在地 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-7 ラ・ベリテAKASAKA 4F URL https://www.ape-man.jp/

【現役自治体職員などが執筆】自治体通信Online《連載総覧 Ver.2022.01》

…ジタル社会推進局) 自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿(元総務省 大臣官房 サイバーセキュリティ・情報化審議官/公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹・箕浦 龍一) 我らはまちのエバンジェリスト(福岡市 職員・今村 寛) 自治体職員の「装合計画」~住民を納得させる公務員の“見た目”(元東京都職員/イメージコンサルタント・古橋 香織) 地方連携推進を担当している都庁職員の“仕事録”(東京都 政策企画局 総務部 渉外課・宗像 真大) これからの時代の公務員が「幸せ…

どうする!? 地方都市 〜人口流出を活性に転換する論点とは~

…・お申込みはこちら 自治体DX友だちの輪コミュニティへご登録済の方はこちら ■出演者 富山県南砺市役所 市長 田中 幹夫 氏 中島社会保険労務士事務所 所長 中島 武司 氏 株式会社NOKIOO 取締役 小田木 朝子 氏 株式会社セールスフォース・ドットコム Slackマーケティング本部 プロダクトマーケティング シニアマネージャー 伊藤 哲志 氏 モデレーター 作家/ワークスタイル&組織開発専門家 沢渡 あまね 氏 ■議題 官民連携:行政と企業が寄り添い地域がより強くなるた…

【自治体職員の“ゆく年くる年”】年末年始にオススメのレポート5選

…l】新型コロナ対応、自治体DX、働き方…。2021年も、さまざまなことがありました。ゆく年を振り返り、新しい年を展望したいこの時期にピッタリなオススメ記事を寄稿記事等から5つご紹介します。 先進事例に見る自治体テレワーク「成功のカギ」とは?自治体の“そこが知りたい!”#1~テレワークの進め方自治体トピックを読み切りレポートでお届けする新シリーズ「自治体の“そこが知りたい!”」。第1回は新型コロナウイルス感染症拡大の余波により官民で急速に進んだテレワークについて。自治体での“テ…

自治体向け特別Webセミナー「公共施設の包括管理とICT化で実現する行政コスト削減の最大化」

…画研究所の関連記事をみる 関連リンク■浜松市で学校開放事業に関する実証実験の協定調印式 〜施設予約や鍵の受け渡し、決済手続きのオンライン化・スマート化を検証〜■実例から学ぶ、施設のスマート管理で住民も職員もハッピーになる方法■公共施設の管理業務と住民の利用を 手軽、そしてスマートに。■自治体向けウェビナー潜入レポート「先進自治体に聞く!自治体DXと公共施設運用ICT化のポイント」 構造計画研究所、茨城県小美玉市■エキスパートに聞く、ICTで公共施設の管理省力化・無人化のすすめ

「成果が出るDX」の担い手を、今こそ庁内で育成せよ

… 昨年末、総務省が「自治体DX推進計画」を発表して以降、全国の自治体では新たなデジタル技術の導入やその検討が加速している。こうした動きに対して、自治体業務の支援事業を手がける川口弘行合同会社の代表、川口氏は、「DXを成功させるには、まずは人材の育成に力を入れるべきだ」と指摘する。それはいったいなぜなのか。DX人材の育て方とともに、同氏に聞いた。 川口弘行合同会社 代表社員 川口 弘行かわぐち ひろゆき ツールの導入が目的化すれば、投資はムダになりかねない ―川口さんは、「DX…

2021年自治体・学校オンラインセミナー プレイバック

…間限定で配信します。自治体DXやGIGAスクール構想、テレワークなど、さまざまなテーマをご用意しています。 ■日時2021年12月27日(月)~2022年1月14日(金)■会場オンライン(全国どこでも参加可能)■配信環境オンデマンド配信■参加費無料(事前申込制)■締め切り日2022年1月14日(金) 12:00まで セミナーのお申込はこちら ※株式会社大塚商会のページへ遷移します セミナーのご案内約50分【A01】/GIGAスクール構想 スタート2週間でできること~新しい教室…

「デジタル花咲かプロジェクト」の振り返り《学びと気づき編》

…【新卒入庁職員が見た自治体DXの最前線】目玉施策『みえDXセンター』」続く) ☆ 本連載の記事一覧 自治体通信への取材依頼はこちら 三重県 デジタル社会推進局のプロフィール デジタル社会推進局のメンバー。キックオフ(2021年4月1日)の際の記念写真(写真撮影時のみマスクを外しています) 三重県デジタル社会推進局では、デジタル時代を生き抜くために、あらゆる人々が家庭・職場・地域それぞれの場所において、新しく何かにチャレンジできる時間を創出できるよう「みんなの思いを実現する『あ…

「デジタル花咲かプロジェクト」の振り返り《実施結果編》

…フレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けします。 はじめに 記者発表会(9月30日) 告知(10/1~15) ツイートキャンペーン(10/1~15) ツイートリアルタイム表示・スマホ教室(10/10、11) 知事視察(10/10) はじめに 全国の自治体の皆さま、こんにちは。 三重県デジタル社会推進局(以下「デジ局」)デジタル戦略企画課の中濵です。 なんだか突然涼しくなりましたね。中濵は四季の中で最も秋が好きです! 三重県には綺麗な紅葉が見られる場所がたくさんあるので…

過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX

…ナー「座組」 主宰「自治体DX 友だちの輪」コミュニティ 主宰 宇野 浩二 ▼座談会 お題目:お題1.廣瀬さんにお聞きします!小規模自治体が置かれている現状について教えてください お題2.下平さんにお聞きします!飯島町タウンプロモーションに携わるきっかけを教えてください お題3.下平さんにお聞きします!スマート農業やプロモーションの実績を教えてください お題4.廣瀬さんにお聞きします!LINE WORKSとの連携、LINE WORKSの他自治体での実績例を教えてください ■日…

【11月25日(木)15:00~】地方自治体様向けオンラインセミナー開催「マイナンバーカード交付・保育所手続きにおける活用事例紹介」

自治体DXの第一歩として、住民の来庁予約に「LINE」を活用してみませんか? 月間利用者数8,800万人を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した予約受付・管理の仕組みをご説明します。自治体が実施している様々な事業に利用可能で、住民の利便性向上と同時に、職員工数の削減・業務効率化にもつながります。LINE活用の実例として、マイナンバーカード交付・保育所入所手続きの来庁予約にLINEを利用されている自治体様の事例もご紹介いたします。来庁予約のほか、LINEの情報発信機…

第四回 オンライン寺子屋「要介護認定のアナログ&複雑業務フロー問題に『一手』」のまとめ!

…クプレイス事業本部 自治体DX推進部 部長)・市川 勝久さん(同社 デジタルワークプレイス事業本部 自治体DX推進部 アカウント開発グループ 中部ブロック長) 「あったかいDX」で県民一人一人を幸せにしたい ‐ウノ@猿人(株式会社猿人代表 自治体DX友だちの輪コミュニティ主宰)三重県のデジタル推進局さんが業務フローの課題に着目したきっかけをお教えください。 ‐村田さん(三重県 デジタル社会推進局 スマート改革推進課 市町連携班 主任)自治体のみなさん共通の悩みだと思いますが、…

導入効果の高いチャットツールには、組織の風土を変える力がある

…す。当組合が推進する自治体DXにも資するツールであると判断し、本格導入を決断。県庁や広域連合も含めた83団体で連携組織「LoGochat NAGANO(通称LoGoちゃん)」を設立し、各自治体の情報担当課宛てにひとつずつアカウントを発行するかたちで今年4月から共同利用を開始しました。 年間9,200時間の、導入効果を箕輪町が算定 ―共同利用によって、どういった効果を実感していますか。 有賀 『LoGoチャット』の共同利用によって、県や他市町村、振興組合との連絡はかなりスムーズ…

住民満足度の高い行政窓口を、『LINE』アカウント上で実現

…多いのでしょうか。 自治体DXの推進や、コロナ禍における人と人との接触回避の観点から、JPKIを活用したオンライン申請に注目する自治体は増えています。ただし、これからJPKIを活用していくには、多くの住民にオンライン申請を実際に利用してもらえるような仕組みづくりが重要になります。 ―具体的には、どういったことがポイントになりますか。 住民が特別な端末やソフトウェアを用意することなく、オンライン申請を行えるようにすることです。マイナンバーカードに記録された電子証明書の読み取りに…

DXへのあるべきアプローチとは?《後編》

…line 寄稿記事】自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #4(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹・箕浦 龍一) DXは省力化を進めるだけのものではない―。前編では「その業務プロセスは、そもそも必要か」を見直す視点が重要であることを指摘しました。後編ではさらに踏み込んだ“自治体DXの世界観”を公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹(一般財団法人 行政管理研究センター)を務める箕浦 龍一さん(元総務省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官)がお届けしま…

DXへのあるべきアプローチとは?《前編》

…line 寄稿記事】自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #3(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹・箕浦 龍一) DX導入で「業務効率が向上した」「担当者を減らすことができた」―。こんな声が聞かれるようになりました。しかし、そのDX、本当に合っていますか? 公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹(一般財団法人 行政管理研究センター)を務める箕浦 龍一さん(元総務省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官)が自治体DX戦略を進めるうえで不可欠な視点を提示…

自治体DX推進をリードする世界の先端テクノロジーを結集した オンラインカンファレンス「Macnica Exponential Technology 2021」

…。 本イベントでは、自治体DXを推進するためのエクスポネンシャルテクノロジーを活用した最新事例、組織や社会をリスクから守る次世代サイバーセキュリティを軸に多様なゲストスピーカーとの対談・講演を含む30を超える多彩なセッションを通じてお届けします。 カンファレンス概要 ■イベント名Macnica Exponential Technology 2021(略称:MET2021)■日時2021年11月16日(火)~11月19日(金)■場所オンライン開催■参加費無料(事前登録制)■主催…

【自治体DXの最前線】Office 365をセキュアに使う方法とGIGA端末を快適に使う方法をご紹介

クラウドアクセスプロキシを活用して、快適で安全なネットワーク環境を! LGWAN環境からOffice 365などのクラウドサービスをセキュアに使いたい。GIGA端末配布による教育委員会ネットワークの負荷上昇を解消したい。こうした課題を解決する「A10 Thunder」を、事例を交えてご紹介します。 ■日時2021年11月17日(水) 15:00~16:00■会場オンライン(全国どこでも参加可能)■配信環境Zoom■参加費無料(事前申込制)■締め切り日2021年11月16日(火…

【地方自治体の設計】#1 市民目線って何だろう

…して使われています。自治体DX全体手順書にも「利用者目線」「利用者中心」という言葉は繰り返し使われていて、みなさん何となく受け入れているのが現状ではないでしょうか? でも、ちょっと待ってください。 市民目線、利用者目線って人間が自然に身につけているものでしたっけ? そうでないとしたら、学校や職場でやり方を教えてもらいましたっけ? 私は「相手の立場に立って考えましょう」と言われたことはありますが、どうやったら相手の立場でものごとを考えることができるのか教えてもらった記憶はありま…

ずるいよ、スマートシティ浜松!イケてないときのこと教えて!

…ナー「座組」 主宰「自治体DX 友だちの輪」コミュニティ 主宰 宇野 浩二うの・こうじ ▼座談会 お題目:お題1.瀧本さんにお聞きします!浜松市の「デジタル・スマートシティ構想」とは?お題2.瀧本さんにお聞きします!デジタル化をどのように進めたの?? お題3.沢渡さんにお聞きします!官民連携・エコシステムの始め方とは?■日時11月9日(火)14:00〜15:00 ■場所オンライン開催(Microsoft Teams)■料金無料■定員事前登録制■主催株式会社猿人 詳細はコミュニ…

【DX策定支援コンサルティングサービス】 栃木県真岡市:豊富な知見とノウハウで自治体DX推進を支援

…2月に国が公表した「自治体DX推進計画」に基づき、行政サービスの向上や職員の働き方改革などを目指すDX推進プロジェクトを発足しました。外部の知見とノウハウをプロジェクトに生かすため、大塚商会のコンサルティングサービスを利用し、現在DX推進のための戦略作りを進めています。 国が公表した計画に沿ってDX推進プロジェクトを始動 トップダウン方式による推進体制を確立 AIチャットボットや電子承認システム等でDXを目指す 国が公表した計画に沿ってDX推進プロジェクトを始動 真岡市は、総…

総務省自治体DX対応! いまさら聞けないRPA講座【好評につき再配信決定!】

…配信します。総務省の自治体DX推進計画に向けた実践的なRPA・AI OCR活用事例をご紹介すると共に、業務自動化の効果が体験できる具体的なステップをご案内します。 ■日時2021年10月18日(月)~25日(月)■会場オンライン(全国どこでも参加可能)■配信環境オンデマンド配信(Smart360)■参加費無料(事前申込制)■最終締め切り日2021年10月22日(金) 12:00まで ※視聴したい日が決まっている場合は、ご希望日の1営業日前 12:00までにお申し込みください。…

ついに「三重県 デジタルの日」が開幕!~“企画をつくる”ということの厳しさと喜びを学んだ日々

…フレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けします。 今回お伝えする内容 「デジタルの日」って? 三重県の「デジタルの日」 「デジタル花咲かプロジェクト」の内容 参加方法・期間など 正直な話… 皆さまと一緒に リレーコラム~局のメンバーによる「あったかいDX」とは③ 今回お伝えする内容 全国の自治体の皆さま、こんにちは。三重県デジタル社会推進局デジタル戦略企画課の中濵です。 だんだんと涼しくなってきましたね。季節の変わり目なので体調を崩さないよう皆さまもお気をつけください…

《自治体レポート特集》時代を先取りする5つの自治体の取り組み

…携 コロナ注意喚起 自治体DX シティプロモーション カーボンニュートラル 自治体通信Online レポートより、前例にとらわれない挑戦で時代を先取りしている取り組みを紹介。今回は広域連携(西会津町)、コロナ注意喚起(静岡)、自治体DX(三重県)、シティプロモーション(笠岡市)、脱炭素(ヘルシンキ)の5本。来年度に取り組みたい新しい事業のヒントがあります。 【福島県 耶麻郡 西会津町】自治体DX等で大きな成果めざす~“小さな町”が進める官民共創とオープンな広域連携戦略 【静岡…

公務員による公務員のための公務員の本『自著書評』集~2021上期

…いよいよ待ったなしの自治体DX。でも「そのために本当に必要なモノや“使える”サービスとシステムをつくるための準備ってなんだっけ?」。こうした自治体現場の疑問にわかりやすく答える“虎の巻”を、現役の自治体職員等が立ち上げたNPO法人 デジタルガバメントラボが出版しました。5名の自治体情シス部門職員と2名のベンダー担当者が行政のデジタル化やシステム導入について対談形式で徹底議論した『自治体×ベンダー 自治体システム導入の「そういうことだったのか」会議』がそれです。 同書のポイント…

自治体向けウェビナー潜入レポート「先進自治体に聞く!自治体DXと公共施設運用ICT化のポイント」 構造計画研究所、茨城県小美玉市

…な状況を打開すべく、自治体DXに焦点をあてたウェブセミナー「先進自治体に聞く!自治体DXと公共施設運用ICT化のポイント」が2021年9月9日に開催された。このセミナーで構造計画研究所および茨城県小美玉市 職員が語った、公共施設運用のICT化で抑えたいポイント、およびDX化のポイントと効果を紹介する。 ■現状バイアスに負けないDX推進、3つのフェーズ循環で成功体験を 第一部では、構造計画研究所 すまいIoT部 自治体マーケティング担当の岡田佳也氏よりこれまでの経験を元に、IC…

【福島県 耶麻郡 西会津町】自治体DX等で大きな成果めざす~“小さな町”が進める官民共創とオープンな広域連携戦略

…・西会津町(福島)が自治体DXの有力プレーヤー等を次々と巻き込み、“まちの未来”を力強く切り拓こうとしています。なぜ同町には“外部の知恵者たち”が集結するのか? 西会津町が挑戦する変革をレポートします。 民間企業等と矢継ぎ早に連携 従来とは異なるスタンスで取り組むワケ 県が広域連携基盤を整備 “キーマン”を直撃 民間企業等と矢継ぎ早に連携 西会津町では令和3(2021)年3月に策定した「西会津町デジタル戦略」に基づいて、自治体DXにかかわる民間企業等との連携を積極的に推進して…

DX~トランスフォーメーションの本質とは?

…line 寄稿記事】自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿 #2(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹・箕浦 龍一) 自治体DXこそ自治体職員がもっとも本領を発揮できる分野である―。そのワケとは? 公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹(一般財団法人 行政管理研究センター)を務める箕浦 龍一さん(元総務省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官)が自治体DXを進めるうえで最も重要な本質をあぶり出します。 DXとは「デジタル技術の活用」ではない!? 求められ…

「書かせない、待たせない」窓口が、自治体DXを強力に推進する

…待たせない」窓口が、自治体DXを強力に推進する 宮若市総務課 情報政策担当課長 吉田 哲也 [提供] 株式会社電通国際情報サービス ※下記は自治体通信 Vol.33(2021年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。 行政におけるDX推進の機運が高まりを見せるなか、住民窓口サービスのデジタル化に目を向ける自治体は多い。宮若市(福岡県)もそうした自治体のひとつで、新たなシステムを構築し、住民に書かせず、住民を待たせない窓口を実現。さらにそのシステムは、職員の業務効率も高め…

自治体DXの先にある公務部門ワークスタイルの姿~連載バックナンバー

…ーションの本質とは?自治体DXこそ自治体職員が本領を発揮できる分野―。そのワケとは?https://www.jt-tsushin.jp/article/minoura-workdesign_02 #3:DXへのあるべきアプローチとは?《前編》「DX導入で業務効率が向上」―。しかし、そのDX、本当に合っていますか?https://www.jt-tsushin.jp/article/minoura-workdesign_03 #4:DXへのあるべきアプローチとは?《後編》DXは省…

第三回 オンライン寺子屋「地方移住のためのコミュニティづくりと広報戦略」のまとめ!

…(株式会社猿人代表 自治体DX友だちの輪コミュニティ主宰) リモート市役所では、どんなことができるのでしょう? ‐垣波さんリモート市役所でできることが三つあります。一つ目は、移住に関することで、佐久市の移住に限らず、一般的な移住のお悩みなどを相談できます。移住経験者が多く参加していますので、リアルな回答を得られます。二つ目が佐久市に関することです。ポジティブなところだけでなくて、ネガティブなところも含めて知っておきたいリアルな情報のやりとりがなされています。三つ目が、移住や佐…

こんな事業・取り組みをやっています!《2つの新型コロナ対応編》

…フレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けします。今回と次回は三重県流「あったかいDX」ではどんな事業・取り組みを実際行っているのかについてです。 今回ご紹介する内容 「あったかいDX」第1弾~AI音声技術を活用した新型コロナウイルスワクチン接種ホットライン夜間コールセンター 「あったかいDX」第2弾~モバイルオーダーシステムの導入促進 今回ご紹介する内容 全国の自治体のみなさん、こんにちは。三重県デジタル社会推進局デジタル戦略企画課の中濵です。 あっという間に9月です…

仮想化技術のデファクトと連携し、最先端の情報インフラを構築へ

…社会戦略局を新設し「自治体DX」の取り組みを進めており、全庁的なテレワーク環境の導入も含め、三層の情報セキュリティ対策を「β′モデル」に移行させることを決めています。同社からは、この動きに合わせた支援を受けています。 ―現在の情報インフラの整備状況はいかがですか。 ヴイエムウェアとの連携に先立ち、道ではβ′モデルへの移行に必須となるUEM*1、EDR*2やSD-WAN*3といったツールの評価を進めていました。今春、この整備に係る入札を総合評価方式で実施し、UEMは『Works…

三重県流「あったかいDX」の全記録~新卒入庁職員の成長ストーリー~連載バックナンバー

…ル社会推進局を中心に自治体DXについてさまざまな「自治体初」の取り組みに挑戦しているのが三重県。どのような想いでDXを通じた新しい地域づくりに奮闘しているのか、同局の新卒入庁職員が“内情”を連載。新卒入庁職員らしい住民目線に近いフレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けします。 #1:「難しくて冷たい」を変えていく!自治体DXについて、さまざまな「自治体初」の取り組みに挑戦している三重県。同県における“自治体DXの最前線”をDX施策を担当することになった新卒入庁職員が県…

引越しに伴う住民手続きの混雑を「住民目線」のDXで解消させる

…月に総務省が示した「自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)推進計画」を追い風に、全国の自治体において業務をデジタル化する動きが活発化している。そうしたなか、横須賀市(神奈川県)では、住民サービス窓口で抱えていた課題を解消しようと、今年3月、窓口のデジタル化に踏み切った。同市の担当者2人に、詳細を聞いた。 [横須賀市] ■人口:38万5,892人(令和3年8月1日現在) ■世帯数:16万5,375世帯(令和3年8月1日現在) ■予算規模:3,137億8,800万円(令和…

Code for Japanってどんな団体なの?

…ベントレポート「地方自治体DX実践者の集い」) www.jt-tsushin.jp 仕切り直しということで、まずはじめに私たちがどんな団体なのかを説明させていただこうと思います。 Code for Japanがやっていること 災害時に活躍するシビックテックの事例 行政向けのアクティブラーニング研修 ~結び~感想・質問をお寄せください! Code for Japanがやっていること 私たちCode for Japanは、行政機関などに対して研修やセミナーを行ったり、公共向けの自…

要介護認定のアナログ&複雑業務フロー問題に「一手」!

…クプレイス事業本部 自治体DX推進部 部長 別府 幹雄べっぷ・みきお 2013年コニカミノルタビジネスソリューションに入社。2014年から2016年まで直販責任者として執行役員を務める。2017年コニカミノルタ株式会社One KM推進室長を兼務し、2018年より製造業の品質ノウハウ・非財務価値を活用したEBPM(Evidence Based Policy Making:エビデンスに基づく政策立案)を基に、50以上の自治体の基礎データを蓄積、自治体DXソリューションに繋げている…

DXで変える・変わる 自治体の「新しい仕事の仕方」

…ル庁が発足するなど、自治体DXの具体的な取り組みは、いよいよ“待ったなし”です。そうしたなか、豊島区(東京)元職員で、多くの自治体からロールモデルと評価される“豊島区DX”を主導した髙橋 邦夫さんが自治体のDX推進による業務改善の考え方や効果を解説した『DXで変える・変わる 自治体の「新しい仕事の仕方」』(第一法規)を出版しました。よくある失敗例をもとに成功のコツを示した同書のポイント、活用方法等について、著者の髙橋さんが解説します。 自治体DXは情シス部門だけが当事者ではな…

【岡山県笠岡市】自治体初の「VR交流イベント」を実施へ

…提供。LODGEでは自治体DXの推進やデータやテクノロジーを活用したオープンイノベーションを行っている。コロナ禍における地域課題の解決を目指し、今回の取組を実施した 新しいシティプロモーション手法 コロナ禍で観光客も観光消費も減少の一方で、ふるさと納税への関心は上昇傾向にあることから笠岡市定住促進センターとふるさと寄附課が連携し、岡山の果物の代表で笠岡市のふるさと納税品であるシャインマスカットを通して笠岡市をもっと知ってもらうため今回のイベントが企画されました。 一般向けイベ…

実証実験で検証された、公会計時のクラウドサービス利用効果

…しょうか。 ―今後、自治体DXをどのように後押ししていきますか。 LGWAN-ASPが提供するサービスの導入は、DX推進のほか、BPRの促進というメリットも期待できます。導入費用を抑えるため、LGWAN-ASP上のサービスは各自治体固有の業務プロセスを包含できるよう標準化が進んでいます。そのため、導入時にはシステムに適合させるよう一定の業務の見直しも必要になり、それが業務改善につながることも期待できます。その意味では、住民の利便性向上のみならず、自治体職員の業務改善という視点…

ISID、「スマートソサエティセンター」を新設

スマートシティや自治体DX、脱炭素化などの社会課題対応型ビジネスを推進 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)は、スマートシティや自治体DX、脱炭素化などの社会課題対応型ビジネスの推進を目的として、2021年8月1日付で、全社横断部門であるX Innovation(クロスイノベーション)本部内に「スマートソサエティセンター」を新設します。少子高齢化・人口減少が進行する中、持続可能かつ豊かで活力あるまちづくりは自治体にとって大…

ご好評につき再配信!【石狩市様・神戸市様登壇】自治体DX推進のためのシンポジウム 8/30~9/8

自治体DXの最先端! 現場の課題をどのように理解し、解決していくか 本セミナーでは、ツールのご紹介だけでなく、どのようにして職員や住民の課題を解決するシステムを構築していけばいいのか、先進的な自治体様の体験談を交え、ディスカッション形式でお届けします。 ■日時2021年8月30日(月)~9月8日(水) ■場所オンライン(全国どこでも参加可能) ■配信環境オンデマンド配信(Smart360) ■参加費無料(事前申込制) ■締め切り日2021年9月8日(水) 9:00まで ■主催…

三重県版「デジタル庁」ってこんなところ!《広報チーム編》

…フレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けする本連載。第3回は中濵さんが担当している同局広報チームの仕事内容のほか、三重県が掲げる「あったかいDX」について他の同局メンバーの想いをお届けします。 “外向け”&“内向け”の2大活動 ~お願い~「あったかいDX」第3弾「みえDXアイデアボックス」へのご意見の募集 「NAKAHAMA-TIMES」「締め会」 リレーコラム~局のメンバーによる「あったかいDX」とは① “外向け”&“内向け”の2大活動 中濵の仕事は、事務分掌上では…

三重県版「デジタル庁」ってこんなところ!《バリュー&独自性編》

…フレッシュな感性で“自治体DXの最前線”をお届けする本連載の第2回は、50名の職員で構成される同局チームメンバーたちのイノベーションに対する姿勢や具体的な仕事ぶりについて。大きな変革を遂げるため、日常を打破するさまざまな挑戦に取り組んでいます。 デジ局のバリュー ~お願い~「あったかいDX」第3弾「みえDXアイデアボックス」へのご意見の募集 デジ局の“独自性” 小さな改革アクション デジ局のバリュー 全国の自治体のみなさん、こんにちは。三重県デジタル社会推進局デジタル戦略企画…

第二回 オンライン寺子屋「国が目指す行政DXってなんですか?」のまとめ!

「自治体DX 友だちの輪」が開催するオンライン寺子屋シリーズ7月のテーマは、総務省が実施している「地域情報化アドバイザー派遣制度」についてです! 総務省から本事業を企画・実施化を担当された富永 真之介さん(総務省 自治財政局 公営企業課準公営企業室(前アドバイザー制度担当))、実際に「地域情報化アドバイザー」としてご活躍されている村上 文洋さん(総務省 地域情報化アドバイザー/内閣官房 オープンデータ伝道師/株式会社三菱総合研究所 主席研究員)と下山 紗代子さん(内閣官房 I…

【見逃し配信/オンデマンド動画】Summer'21 ガバメント・デジタルトランスフォーメーションセミナー

…ンデマンド動画一覧 自治体DXを強力に支援するSalesforceの特長 Salesforceが公共分野におけるデジタルトランスフォーメーションをどのように加速させることができるか、採用にあたって評価されるポイントや特長を国内外の事例、デモも交えてお話しいたします。 株式会社セールスフォース・ドットコム金融&地域DX本部第4営業部長 水野 佳世子 氏 事例講演:保健所業務におけるSalesforce活⽤ 新型コロナウイルス感染拡大の影響で急激に増加した保健所業務において、Sa…

【鹿児島県薩摩川内市が登壇!】クラウド活用を見据えたNutanix(HCI)の採用〜全庁システム仮想化への取り組み、開かれた仮想化の扉〜

…シリーズの第3弾は、自治体DXを市長自ら推奨している鹿児島県薩摩川内市様にご登壇頂きます。薩摩川内市様は平成22年からいち早く仮想環境を導入し、働き方改革やDXを通じて組織風土の変革や社員の意識改革にも積極的に取り組まれています。 このウェビナーでは、仮想基盤の導入背景から現在のシステム概要や運用、さらには将来のクラウド利用を見据えた今後の展望について、また今年は九州地方で大雨などの災害が多く発生しましたが、薩摩川内市様が実施されているDR対策についても詳しくお話いただきます…