全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

【子育て支援担当課】学童保育に特化した管理システムで施設の業務効率化

募集要項

・主な募集は「子ども家庭部」「子育て支援課」など放課後事業を担う担当課
・アナログによる管理業務に課題を感じ、ICT化を検討している
・保護者用アプリサービスによる利用予約・登録に興味・関心がある
・保護者と学童保育との円滑なコミュニケーションツールを検討している
 例)連絡帳の代替、一斉連絡、アンケート連絡・集計
・子どもの入退室管理や保護者への通知サービスの導入を検討している
・子どもの利用実績の自動集計を検討している

実現できること

学童保育などの放課後事業の支援員と保護者の連携は連絡帳や電話が主な手段です。

学童保育の利用者が増加していくなか、連絡帳や電話のみで保護者からの情報の集約は時間がかかり、抜け漏れが生じやすいのが現状。子どもの入室後の電話対応等は子どもを見守る目が行き届かなくなる要因でもあります。またお知らせを紙で配布をしても、保護者がすぐ見るとは限らず、見たかどうかもわからず、情報の行き違いで子どもの安全に支障をきたす可能性も出てきます。

「Smile-3」は、そのような事態を防ぐために保護者は専用アプリから「出欠連絡」を学童保育に連絡をいれることが可能です。また学童保育からは全保護者や指定した宛先への一斉連絡、かつ既読を確認することができ、タイムリーな支援員と保護者の連携を実現させます。

加えて、入退室管理は「ICカード」「二次元バーコード」で登録することができます。「二次元バーコード」は読み取り専用アプリでスマートフォンからの登録が可能であり場所を選びません。昨今増えてきた空き教室をフレキシブルに使用するケースでは、「二次元バーコード」での登録がスマートです。

具体的ケースの記事

このソリューションの資料をダウンロードする

ウィライツとは

「学童保育のコンシェルジュ」
学童保育のあらゆる課題に耳を傾け、解決する、学童保育専門に事業を展開しています。

2015年から「おやつの配送」をスタート。300種類以上のお菓子の中から予算におさまるよう自社の「おやつプランナー」が献立を作成、定期配送するサービスです。

2019年には学童保育向け管理システム「Smile-3」のベータ版をスタート。従来の電話や連絡帳、印刷物の配布といったアナログな方法でのコミュニケーションをシステムの活用により支援員と保護者の負担を軽減するサービスです。

そのほかでは、コロナ禍の影響で衛生環境の整備に関するご相談を多数いただき、消毒液等の販売もスタートしました。

多くの自治体とコミュニケーションを重ね、知見を蓄えています。

<会社概要>
会社名:株式会社ウィライツ
設立:2015年7月7日
代表者:村上竜一
所在地:東京都港区東麻布一丁目7番3号 第二渡邊ビル5階