全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

【高齢者・福祉関連課向け】AIを活用した高齢者の見守りソリューション

募集要項

「LASHIC(ラシク)」を活用し、AIで地域の高齢者の生活を見守ります!!
地域包括ケアシステムを具現化!withコロナ・afterコロナに対応!

介護のプロが開発!!まずはお気軽にご相談ください。

こんなお悩みございませんか?
・地域の高齢者に安全な暮らしを提供したい
・孤独死の予防・早期発見できる仕組みを検討したい
・withコロナ・afterコロナを見据えた遠隔での見守りシステムを整備したい
・カメラを使わないプライバシーに配慮した見守りを実現したい
・遠方にいるご家族にも親の安全をお知らせしたい
・地域包括ケアシステムをより一層機能させたい
・地域の商店やサービス事業者と連携した高齢者支援を実現したい など

実現できること

高齢者生活支援システム「LASHIC」は、3種類のデバイス(室内センサー、睡眠センサー、コールシステム)を活用し、収集したデータをAIで分析することで、高齢者の生活状況や健康状態を把握することができるシステムです。

【室内センサー:LASHIC room 】温度・湿度・照度・運動量を測定
【睡眠センサー:LASHIC sleep】心拍・体動・寝返りを測定
【ナースコール:LASHIC call 】双方向通話・ナースコールで意思疎通

超高齢化社会の進展に伴い、独居高齢者の孤独死や安否確認の困難さ等、高齢者を取り巻く地域課題は多岐に渡ります。

LASHICは、高齢者の状態や居室内の環境をカメラを使用せずプライバシーに配慮しながらモニタリングすることが可能です。

【LASHIC活用例】
・運動量・心拍から高齢者の生存を確認
・温度・湿度による熱中症・感染症リスクの把握
・運動量・照度による昼夜逆転・長時間徘徊の兆候把握

日常生活の変化から認知症の早期発見も可能です。

ナースコールを利用すれば緊急時の呼び出しや双方向通話が可能であり、高齢者のもしもの時の対応やトラブルの解消にも役立ちます。

LASHICはデバイス利用に留まらず、地域の商店やサービス事業者を巻き込んだプラットフォームを構築します。
地域の高齢者の安全な暮らしを地域のみんなで支え合う、そんな社会を実現します。

モデルケース(長野県大鹿村)

AI・ICT を活用した高齢者見守りの実現に向けた実証実験

大鹿村は高齢化率が 49.0%と長野県で 4番目に高く、昨今、高齢者のみの世帯が増加し、見守り等の対応が課題となっています。近年、自然災害や感染症の拡大などの影響を受け、効率的かつ信頼性の高い村民の状況把握の必要性が高まっています。

本実証実験では、LASHICを用いた高齢者の見守りサービスを提供することで、withコロナ・afterコロナ時代のニューノーマルを見据えた「汎用性があり、かつ高齢者の見守りに有効な仕組み」の実現を目指しています。

インフィックグループとは

インフィックグループは、「人と人を笑顔でつなぐ」という企業理念の下、高齢者が安心して暮らしていただける地域社会の実現を目指し介護・人財・IoT&AI・金融・海外からなる介護総合支援事業を展開しています。

介護人材・社会保障費の不足、認知症高齢者・独居老人の増加など、超高齢社会を迎えた我が国の社会課題は待ったなしの状況です。

私たちは、20 年に渡る介護事業者としての知見と最先端のIT技術を駆使してこれらの社会課題の解決に向け全力で精進して参ります。

〜LASHICの特長について〜
・介護のプロが開発し特許取得済、介護に必要な機能のみをシンプルに搭載
・非接触で高齢者の状態を把握、withコロナにも対応
・施設における巡視の削減やケアの効率化により介護人員不足を補うことが可能
・デバイスは業界最安値(1台980円/月〜)を実現

〜LASHICプラットフォーム構想について〜
・LASHICから得られた高齢者の状態をAIで分析し、介護事業者独自の視点で個々人に最適なヘルスケアサービスを提案
・様々なヘルスケアサービス・デバイスと繋がる拡張性に強みあり
・地域のニーズに特化した独自性あるプラットフォームを構築可能

<会社概要>
会社名:インフィック株式会社
設立:2002年12月19日
代表者:増田正寿
所在地:東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7F

よくあるご質問

実証実験はどのくらいの数を想定していますか
ー自治体様の規模により異なりますが、数十名程度から対応させていただきます。

実証実験の参画はどのように決まりますか?
ーまずは、弊社へお問い合わせください。自治体様のニーズを伺ったうえで、最適な実証実験をご提案いたします。

実証実験開始までの具体的な進め方を教えてください
ー自治体様のニーズをお伺いし、具体的な実証プランを検討します。その際、連携する地域の商店やサービス事業者がいる場合は連携プランを作成します。プラン確定後は、実証にご協力いただく高齢者様(およびご家族様)を募集いただき、対象者が確定した状態でデバイス設置・プラットフォーム開発に着手します。

実証実験開始までのスケジュールを教えてください
ー自治体様のニーズをお伺いし、具体的な実証プランを検討します。その際、連携する地域の商店やサービ事業者がいる場合は連携プランを作成します。プラン確定後は、実証にご協力いただく高齢者様(およびご家族様)を募集いただき、対象者が確定した状態でデバイス設置・プラットフォーム開発に着手します。

実証実験の取組ができる自治体規模はどのようなものですか
ー特に制限はございません。高齢者様の地域共生に課題を感じていらっしゃる自治体様は、まずは当社へご相談いただければと思います。

自治体への導入実績一覧(公開可能な実績を記載)

【兵庫県加古川市・福岡県大牟田市】
NTT西日本とLASHICが連携し介護施設及び在宅における“高齢者の居室内での安全・安心な環境の構築”にむけての実証実験が令和元年10月より開始

【静岡県藤枝市】
LPWA活用実証実験事業において、LASHICと介護事業者、高齢者向け配食事業者が連携し、高齢者世帯の在宅生活をサポートする仕組みとして、ユーザーニーズをヒアリングし実証を実施

【長野県大鹿村】
NTT東日本、日本郵便、飯田ケーブルテレビと連携し、大鹿村におけるAI・ICTを活用した高齢者見守りの実現に向けた実証実験

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop