全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

熊本県宇土市 の取り組み

ランニングコストが1/14になる冷暖房設備で、活用される公共施設づくりを支援

株式会社イースタン 代表取締役社長 中桐 則昭 / 支援自治体:熊本県宇土市
[提供] 株式会社イースタン

冷暖房コストが高いため、地域住民の活用度があがらない公共施設が増えている。最近、そのコストを劇的に引き下げる輻射式冷暖房設備「エコウィン」が登場。すでに宇土市が市民体育館に導入し、後に続く自治体が増えている。その販売代理店であるイースタン代表の中桐氏に、製品の特徴や今後の展望などについて聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.1(2014年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

大空間空調のさまざまな課題を解決

―最近、公共施設の冷暖房コストの高さに苦労する自治体が増えているそうですね。

 ええ。たとえば、体育館を利用してもらえないケースがあります。最近は健康増進のためにスポーツをするお年寄りが多い。でも、冷暖房設備のない公共の体育館もある。設備を導入するコストも導入後に使うコストも高いからです。お年寄りは暑い夏、熱中症になれば命にかかわります。だから利用しようとしないんです。
 一方で、冷暖房設備があっても、スイッチを入れないケースもあります。エネルギーコストが高く、行政の負担が大きいからです。暑さ寒さの厳しい地域であるにもかかわらず、生徒たちに冷暖房なしで勉強させている小中学校も現にあるのです。

―どうしたらコストを下げられますか。

 欧州で広く使われている輻射式の冷暖房設備を活用する方法があります。
 通常使われている対流式の設備に比べ、電気料金は数分の1。大型施設、特に大空間で導入例が多い石油を使うタイプの対流式空調設備と比べると14分の1にまで下がります。
 ですから、病院の入院病棟のような冷暖房をつけっぱなしにする必要がある施設では、快適性の向上と、コスト削減効果はさらに大きくなります。室内の空気全体を冷やしたり暖めたりするのが対流式。これに対し、輻射式は壁や床・天井の内部に設置したパイプ内の水を冷却または加熱するだけですむ。
 さらに、対流式は、冷気は建物の下部、暖気は上部にたまってしまう。しかし、輻射式は輻射熱移動の原理を応用しており、ヒトに直接、輻射熱を作用させるため、効率が格段によく、省エネ効果が高いのです。

―「エコウィン」の特長を教えてください。

 結露対策に万全を期したことです。欧州では天井裏にパイプを設置するのが一般的。しかし、湿度の高い日本で同じことをすると冷房時にパイプ表面が結露してしまう。結露対策機能を設ける必要があり、工事費が余計にかかるなどの理由で、なかなか普及しなかった。
 エコウィンの場合は、室内の壁ぎわに立てて設置します。そのため、冷房時の結露で生じた水を排出するのが簡単で、除湿も同時に行えるので衛生的。しかも工事費が安い。
 また、施設を新築する場合、建築全体の工事費が安くなるメリットもあります。現在いちばん普及しているタイプのエアコンは天井裏にダクト用のスペースが必要。これに対し、エコウィンでは不要で、天井裏スペースの高さを50cm前後縮められる。それにより建物の高さを50cm×階数ぶん低くなり、大幅なコスト削減が実現できるのです。
 さらに、従来の輻射式の設備よりも熱効率をアップさせているのも特長です。温冷水の熱エネルギーの70%以上が輻射熱に変換されるとともに、対流式より除湿効果が高い。たとえば、夏場の冷房時であれば、体感温度が2℃程度下がり省エネ効果と快適性が向上します。

まずはショールームで自然な快適さを実感してほしい

―どのような施設で導入されていますか。

 体育館や美術館をはじめとする公共施設で導入事例があります。また、老人ホーム、幼稚園、病院も多いですね。対流式空調による院内感染や、手術室などではわずかな風が患者の命にかかわるからです。
 さらに、最近は一戸建て住宅でも導入するケースが出てきています。一般住宅では工事費負担が大きいのですが、風が起きず、静かであることが評価されているのです。

―今後の展望を聞かせてください。

 公共施設をはじめ、あらゆる建物に普及させていきます。
 今年、長野と東京にショールームを開設しました。できるだけ多くの人に輻射式冷暖房の良さを体感してもらい、夏は昔ながらの蔵のなかにいるような快適さ、冬は足元から日だまりのような暖かさを味わってほしい。エコウィンを普及させることで、人々の健康と、省エネ社会の実現に貢献したいですね。

中桐 則昭(なかぎり のりあき)プロフィール

1957年、広島県生まれ。1982年に京都大学経済学部を卒業。2010年、株式会社イースタン入社。常務取締役を経て、2012年に代表取締役社長に就任。新規事業として、輻射式冷暖房設備の販売をはじめ、省エネルギーや環境負荷の低減に貢献する事業を展開している。

株式会社イースタン

設立 1961年2月
資本金 46億3,600万円
売上高 189億円(2014年3月期)
従業員数 1,294名(2014年3月末現在:連結)
事業内容 半導体パッケージ基板の製造・販売、電源装置などの電子機器の製造・販売、輻射式冷暖房設備の販売
URL http://www.eastern.co.jp/
お問い合わせ電話番号 0266-75-2022(平日9:00~17:00)
お問い合わせメールアドレス info@po.eastern.co.jp
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにもとづき適切に取り扱わせていただきます。
本フォームよりご提供いただいた個人情報は、支援企業にも提供します。
また、自治体通信および支援企業から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
資料一覧ページ
コンシェルジュ
pagetop