全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

兵庫県小野市 の取り組み

水害対策の「盲点」中小河川の監視はできていますか

小野市 市民安全部 防災グループ 主査 入江 晋也
[提供] オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

気象庁が定義する、いわゆる「非常に激しい雨(※)」の発生回数が増加傾向にあり、大規模な水害も各地で起きている。こうした状況を受けて、被害の発生または拡大の防止策を強化する自治体が増加している。小野市(兵庫県)では河川の水位観測システムを独自に導入し、対策の強化に乗り出した。システムの導入が市の災害対応にどのような効果をもたらすのか、担当者に聞いた。

※非常に激しい雨:気象庁が定めた雨の強さにかんする用語。1時間の降水量が50mm以上80mm未満の雨をさし、「滝のように降る雨」とされる

※下記は自治体通信 テクノロジー特別号(2019年2月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

兵庫県小野市データ

人口: 4万8,759人(平成30年11月末現在) 世帯数: 1万9,892世帯(平成30年11月末現在) 予算規模: 368億4,000万円(平成30年度当初) 面積: 92.94km² 概要: 東播磨地域のほぼ中央に位置し、神戸から電車で約1時間の場所。鎌倉時代のはじめ、重源上人が建立した「浄土寺」は、堂内の阿弥陀三尊立像とともに国宝に指定されている。また、日本一の生産量を誇るそろばんの産地で、昭和51年に国から伝統的工芸品に指定された『播州そろばん』は、約400年の歴史がある。

―水害防止の取り組み状況を聞かせてください。

 当市では、河川の水位上昇や降雨量をもとにした、避難情報の発令体制を整えてきました。市内には一級河川の加古川が流れ、国が設けた7ヵ所の水位観測所で水位を監視しています。被害の発生や拡大を防ぐには、避難情報を的確かつ迅速に発令できるよう、気象情報のタイムリーな収集が重要。そういった点では、加古川の水位観測所から情報は収集できています。

 しかし、それだけでは十分ではないことを思い知らされました。平成16年に台風が連続で上陸した際、避難情報発令前に加古川の支流の粟生(あお)川で、過去に例をみない速度で浸水被害が発生したのです。

―それはどうしてですか。

 粟生川の水位上昇が予想以上に急激だったからです。加古川などの大規模河川には、国が予算をかけて水位観測所を設けていますが、小規模河川の粟生川にはそれがありません。そのため、長時間の大雨の場合、市の職員が現地で水位を目視確認していました。しかし、当時は連続で上陸した台風の影響で、川幅が狭い粟生川の水位はみるみるうちに上昇したのです。

 被災後、粟生川には国が樋ひ門もんを設置し、当市は地元住民とともに巡視体制を強化。しかし、近年の気候変動で雨の降り方が激しくなり、気象状況の変化に対応する新たな対策の必要性を感じました。

―新たな対策とはどのようなものでしょう。

 いままで手つかずだった中小河川も、センサ機器などの監視対象にくわえることです。具体的には、粟生川に水位計測システムを導入し、水位をリアルタイムに把握するようにしました。水位計測システムは、国の水位観測所のように大規模な設備ではなく、水位を正確に観測できる必要最低限の設備を検討しました。なぜなら、1ヵ所にコストをかけるのではなく、市内の小規模河川の水位を網羅的に把握することが、水害を効果的に防ぐうえで肝要だからです。

 水位計測システムには、オムロン ソーシアルソリューションズの製品を選びました。市内に網羅的に設置できる安価なシステム設計にくわえ、同社は長年、エネルギーインフラなどの計測データを管理している実績があり、安定運用が期待できると評価したからです。

機動的な対応で災害発生リスクに先手を打つ

―システムの導入で災害対策はどのように変わりましたか。

 臨機応変な災害対策ができています。先日も、庁舎付近が強い雨に見舞われ、粟生川の氾濫が懸念されましたが、水位計測システムでいち早く「安全水位」と確認できました。そのおかげで、災害対策本部にいながら粟生川の水位と水位変動を把握でき、先を見越した災害対応・職員配置が行えました。この水位情報は、周辺住民にも直接確認できるよう登録してもらい、「自助」「共助」による地域防災の充実も期待しています。

―今後の水害対策に向けた方針を聞かせてください。

 約半年の運用でシステムの有用性を確認できたので、ほかに2ヵ所の河川にも追加導入する予定です。当市の行政方針のひとつに「先手管理」があります。今後も先手を打った水害対策で、安全安心なまちづくりに努めます。

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにもとづき適切に取り扱わせていただきます。
本フォームよりご提供いただいた個人情報は、支援企業にも提供します。
また、自治体通信および支援企業から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

資料一覧ページ
コンシェルジュ
調達インフォ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
資料一覧ページ
コンシェルジュ
調達インフォ
[PR]
pagetop