全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

ICTを活用した水害対策①

自宅からでも監視できる、ため池の水位監視システムを構築

砺波市 総務課 情報政策班 副班長 雄川 孝治
となみ衛星通信テレビ株式会社 業務部 部長兼インターネットメディア事業推進 室長 浅谷 一寛
[提供] マクセル株式会社

※下記は自治体通信 自治体DX特別号(2021年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


近年、ひんぱんに発生するゲリラ豪雨や台風から住民を守るため、多くの自治体が水害対策に取り組んでいる。そうしたなか、砺波市(富山県)では、市内にあるため池の水位監視システムの刷新を行った。取り組みの詳細を、同市の雄川氏と新システム導入を支援したとなみ衛星通信テレビの浅谷氏に聞いた。

砺波市データ
人口:4万8,088人(令和2年12月末現在) 世帯数:1万7,301世帯(令和2年12月末現在) 予算規模:458億6,350万円(令和2年度当初) 面積:127.03km² 概要:富山県西部に位置している。市域を縦貫する一級河川庄川によって形成された砺波平野には、屋敷林に囲まれた家々が点在する散居村が広がっており、その景観は日本の農村の原風景とも言われ、全国的に知られている。また、多種多様な商業施設が揃い、医療や子育て環境・高齢者福祉なども充実。民間調査会社が発表する住みよさランキングにおいて、つねに上位にランクインする日本有数の「住みよさ」を誇っている。
砺波市
総務課 情報政策班 副班長
雄川 孝治おがわ こうじ
となみ衛星通信テレビ株式会社
業務部 部長兼インターネットメディア事業推進 室長
浅谷 一寛あさたに かずひろ

OSサポート終了にともない、システムの見直しが必要に

―水位監視システムを刷新した背景を教えてください。

雄川 以前のシステムでサーバの役割を果たしていたパソコンのOSサポートが終了することになったため、システムの見直しが必要となったのです。機器およびOSをそのまま更新すると多額の費用が発生することもあり、新しいシステムを模索していました。

―新システムにおいて費用以外で重視したポイントはありますか。

雄川 庁内にいなくても、監視ができる点ですね。以前は庁内のイントラネットを使っていたため、庁内でしか使えなかったのです。しかし、ゲリラ豪雨や台風は当然のことながら、勤務時間内に起こるとは限りません。そのため、たとえば自宅にいてもため池の水位が確認できるようなシステムにしたいという要望は、現場の声として上がっていました。

浅谷 そこで当社は、砺波市の条件を満たすNECネッツエスアイの『Symphonictプラットフォーム』を活用した水位監視システムを提案いたしました。こちらは、水位情報をクラウド上で管理でき、担当者が庁内にいなくてもスマートフォンやタブレット端末などで確認することが可能です。また、長期間もつ電池電源システムが機内に内蔵されており、現地に新しくケーブルを敷設して電源を引くといったような工事を必要としません。さらに、長距離のデータ通信や低消費電力などの特徴をもつLPWA(※)という無線方式を採用しているため、コストダウンが図れるのです。

※LPWA:Low Power Wide Areaの略で、低消費電力で長距離伝送を可能とする無線方式のひとつ


水害対策以外にも、活用の場を広げたい

―実際に新システムを導入していかがでしょう。

雄川 令和2年の3月から稼働していますが、端末さえあればどこでも情報を得ることができますので、期待通りの働きをしてくれています。コスト面からみても、OSを更新する場合とくらべて約半分程度ですんでいると思います。

―新システムに関する今後の活用方針を教えてください。

浅谷 『Symphonictプラットフォーム』を活用して、さまざまな提案をしていきたいですね。これまでの自治体は、水位なら水位、降雪量なら降雪量といったように、「ひとつのセンサーにはこのシステム」と、バラバラに導入していたと思います。『Symphonictプラットフォーム』があれば、自治体のあらゆる情報が集まるプラットフォームにすることが可能。用途によって、センサーや通信もフレキシブルに変更できるのもポイントです。

雄川 砺波市には春に「となみチューリップフェア」というイベントがあり、例年多くの観光客が訪れます。そこで人の動線を調べ、観光施策に活かすようなことも可能と考えています。ゆくゆくは、そうしたことにも取り組みたいですね。

となみ衛星通信テレビ株式会社
設立平成元年1月
資本金4億9,860万円
従業員数42人
事業内容有線テレビジョン放送による有線テレビジョン放送事業、有線放送を利用した電気通信事業法による電気通信事業、前記に付帯するいっさいの業務
URLhttps://www.tst.ne.jp/
本記事で紹介しているサービス概要資料はこちら
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop