全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

民間企業の取り組み

手書き文字のデジタル化

AI-OCRで実現する業務効率化、要諦は「システム連携」

アライズイノベーション株式会社
代表取締役社長 CEO 清水 真
営業部 シニアマネージャー 齋藤 貴司
[提供] アライズイノベーション株式会社

※下記は自治体通信 自治体DX特別号(2021年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


紙の書類を多く扱う自治体業務において、手書き文字をデジタル化するAI-OCRは、業務効率化に資する技術として注目を集めている。これに対し、各種ICTソリューションの開発を手がけるアライズイノベーション代表の清水氏は、「導入のポイントは、業務効率化の効果をいかに最大化させるかだ」と指摘する。その理由や方法について、清水氏と同社の齋藤氏に聞いた。

アライズイノベーション株式会社
代表取締役社長 CEO
清水 真しみず まこと
アライズイノベーション株式会社
営業部 シニアマネージャー
齋藤 貴司さいとう たかし

紙ベースの申請手続きは、今後もニーズが継続

―AI-OCRに対する自治体の関心が高まっている背景について聞かせてください。

清水 コロナ禍に見舞われた昨年は、多くの自治体が給付金申請の関連業務に追われました。その際に、手書きの文字を目視で読み取ってシステムに打ち直す作業の煩雑さがあらためて顕在化し、AI-OCRの導入を検討する自治体が増えました。申請自体をデジタル化する試みも一部には見られますが、ICTに不慣れな住民は多く、紙ベースによる申請のニーズは今後も当面続くでしょう。技術の発達により、読み取り精度が向上したことも、AI-OCRが注目されている要因です。ただし、数あるAI-OCRのなかで、どのようなツールを選ぶかが重要となります。

―選定のポイントはなんですか。

清水 多くの業務で住民に関する機密情報を扱うため、LGWANに対応したツールであることが大前提となります。そのうえで、「別のシステムといかに簡単に連携できるか」も大切です。どんなに高い精度で文字をデジタル化できても、業務全体の効率化につながるとは限りません。たとえば、「デジタル化した文字をExcelに流し込み、そこから手作業で別のシステムに転記する」という運用方法もありますが、これでは職員が転記する手間と時間がなくならず、人的ミスが起こるリスクも残ります。

 そこで当社では、LGWAN対応のAI-OCR『AIRead』を提供し、文字のデジタル化からシステム連携までを一貫で支援しています。


RPAとの組み合わせで、作業時間79%以上の削減も

―サービスの特徴について教えてください。

齋藤 独自の機能として、文字の座標が定まっていない「非定型」の帳票からデータを抽出する機能や、書類の文字すべてを抽出する「全文OCR」機能を備えています。これらにより、文書のデジタル化に関する幅広いニーズに応えられます。また、職員自らがAIを学習させ、読み取り精度を向上させることができるのも特徴です。

 さらに、データの加工やシステムへの入力によって業務全体を効率化できるよう、ETL(※)やRPAの拡張機能も提供できます。

※ETL : Extract/Transform/Loadの略。抽出したデータを変換・加工したうえでデータウェアハウスに格納する処理のこと。または、それを支援するソフトウェア

―具体的にどのような効果が期待できますか。

齋藤 北海道の3自治体が「ふるさと納税ワンストップ特例申請書の回送支援業務」を対象に『AIRead』とRPAを使って行った実証実験では、いずれも職員の作業時間に79%以上の削減効果が確認されました。自治体ごとに異なる帳票の様式や取扱件数にかかわらず、一定の業務効率化の効果を見込めることが証明されたのです。

―自治体に対する今後の支援方針を聞かせてください。

清水 紙を扱う業務の自動化は、作業時間の削減にくわえ、人的ミスの防止や職員の精神的負担の軽減にも寄与します。こうした、職員の働き方改革を支援するツールとしてAI-OCRを提案していきます。『AIRead』は従量課金を極力なくすといった、導入しやすい料金体系も特徴です。実証実験も受けつけていますので、関心のある自治体の方はご連絡ください。

清水 真 (しみず まこと) プロフィール
昭和49年、福島県生まれ。平成9年に千葉工業大学を卒業後、独立系IT企業に入社。平成28年、アライズイノベーション株式会社を設立し、COOに就任。令和元年より現職。
齋藤 貴司 (さいとう たかし) プロフィール
昭和49年、福岡県生まれ。平成9年に立教大学を卒業後、卸売商社に入社。独立系IT企業を経て平成30年、アライズイノベーション株式会社に入社。同年より現職。おもに『AIRead』の営業を担当。
アライズイノベーション株式会社
設立平成28年6月
資本金8,000万円
事業内容AI-OCR『AIRead』、ローコード開発ツール『Wagby』などITソリューションの提供
URLhttps://www.ariseinnovation.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-5534-9967 (平日 9:00〜17:00)
お問い合わせメールアドレスsales@ariseinnovation.co.jp
トライアルの申し込み https://airead.ai/
この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop